新製品

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!
  • サイファリストHRXシリーズ「HRX START」と「HRX PRO SPEC」が登場

    2019年2月8日配信 【アイナメ】 【編集部】

    ロックフィッシュロッド「サイファリストHRX」にトーナメンターなど上級者向けのロングロッド「サイファリストHRXプロスペック」と、入門者から中上級者まで誰でも手にしやすい「HRXスタート」が新たに登場する。フィッシングショー大阪2019バレーヒルブースより、ロッドプランナーの藤井伸二さんとフィールドスタッフの千葉正博さんにニューロッドを解説してもらった。

     

    Cyphlist HRX Pro Spec
    パワーを保ちつつ軽量化したロングロッド

    カーボンシートをつなぐ樹脂素材を極限まで削ることで、筋肉質でありながら軽く、操作性に優れたブランクス性能を実現。遠投して沖の根から大型根魚を引き出すポテンシャルを備えながら、軽くて扱いやすいロングロッドに仕上げた。

    99MMHはロングロッドの特性を生かした遠投の釣りをしっかりこなしつつ、軽めのリグも対応できるモデル。911Hはヘビーシンカーをしっかり乗せて、誰にでも100m以上のロングキャストが可能にした。どちらも長さの割に軽くて扱いやすく、遠投した先でも優れた感度を発揮する。

     
    現行サイファリストHRXの上位モデル
     
     
     
    ロッドパワーを維持しながら軽量化したブランクス
     
    チタンフレームSiCガイド

    [サイファリストHRXプロスペック]
    ■CPRS-99MMH
    全長:9’9″
    ルアー:7~35g
    ライン:8~16Lb(PE0.6~1.2号)
    パワー:MH
    テーパー:レギュラー
    価格:42,000円
    ■CPRS-911H
    全長:9’11”
    ルアー:10~45g
    ライン:8~20Lb(PE0.8~1.5号)
    パワー:H
    テーパー:レギュラー
    価格:43,000円
    ※2019年4月末~5月発売予定

    HRX START
    防波堤などからのお手軽ロックに最適!

    大型ロックフィッシュに対応できる性能を維持しながら、コストパフォーマンスを高めた根魚ルアーゲームの入門モデル。防波堤などから手軽にロックフィッシュを狙える汎用性に優れた設定。

    扱いやすさを重視した7’6″と8’0″。ベイト1機種、スピニング2機種をラインナップ。ベイトの76MLは堤防で多用される軽量リグの釣りに対応しやすいライトめなベイトロッド。スピニングの76MLはライトリグの操作性を高めたモデルで、港内のクロソイゲームなどに。80Mはオーソドックスなスピニングゲームロッド。小型メタルやエギなども扱うことができる万能性が魅力。

     
     

    [HRXスタート]
    ■CPSC-76ML(ベイト)
    全長:7’6″
    ルアー:5~18g
    ライン:6~14Lb(PE0.4~1.0号)
    パワー:ML
    テーパー:レギュラーファースト
    ■CPSS-76ML(スピニング)
    全長:7’6″
    ルアー:3.5~14g
    ライン:6~12Lb(PE0.3~1.0号)
    パワー:ML
    テーパー:ファースト
    ■CPSS-80M(スピニング)
    全長:8’0″
    ルアー:7~28g
    ライン:8~16Lb(PE0.6~1.2号)
    パワー:M
    テーパー:レギュラーファースト
    ※2019年5月末発売予定

     
     

    こちらの記事もおすすめ

  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー