釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

2021ロックフィッシュバトル雄勝波板レポート後編[表彰式/ブース紹介]

編集部 2021年12月25日 更新

2021年11月28日(日)開催「2021ロックフィッシュバトル雄勝波板」レポートの後編は出展ブースや表彰会場の様子から、表彰式のインタビュー、じゃんけん大会までまとめて紹介します。

[前編]実釣&検量まではコチラ


バレーヒル、ベイトブレス、ハピソン3社がブース出展!

今回は急な開催にもかかわらず、バレーヒル、ベイトブレス、ハピソンの3ブースご出展いただきました。各ブースの様子をお届けします。

バレーヒル:「NEWサイファリストHRX」ロングモデル本邦初公開!

すでに発売中の5機種に加え、2022年3月にはロングロッドのCPRC-88HH、CPRC-98MMH、CPRS-85MH3機種がシリーズに追加される。出来上がったばかりのニューロッドを今大会にて本邦初公開!詳細なスペックはバレーヒル公式ホームページで確認できる。
サイファリストHRXプロスペック ハードロックフィッシュエディション」(バレーヒル公式)

ブースではこのロッドを実際に触ったり、試投も可能なほか、トートバッグやステッカー配布も大好評だった。

バレーヒルのロッド開発担当の藤井さん。
藤井さんの解説動画はコチラ↓


新シリーズのコンフォータブルバランサーシステム。バランサーを10g単位で調整することができる。ロングロッドは10~40gまで調整可能

さらに軽量化された新ブランクスになってリニューアル

ロングロッドシリーズは2022年3月発売予定

ベイトブレス:ジャンケン販売とワームすくい盛況!新型ワーム大放出

ベイトブレスブースはジャンケンに勝てばもう1枚もらえるお得なジャンケン販売が大盛況。選べるラインナップにはニューアイテムも多数含まれていた。また、1回100円の金魚すくいならぬワームすくいも実施。

ジャンケン販売は勝てばもう1枚
定番だけでなく新作も揃っていて大好評だった
キンギョすくい感覚のワームすくい

注目の新商品はYouTuberキスケチャンネルコラボSLリミックス限定カラー。東北フィールドスタッフ実績カラー6色をラインナップしている。

今野智之さんらキスケチャンネルメンバーが開発

ハピソン:スタッフおがPの津本式コラボシリーズ実演が盛況

ハピソンガールみなせちわちゃんとハピソンプロスタッフおがPのハピソンブースは、ハピソン×津本式コラボアイテムを展示するだけでなく、おがPによる津本式究極の血抜きから密封パックで熟成魚を作るまでの過程を実演!
「津本式シリーズ」

ブースにはみなせちわちゃんの姿も
スタッフおがPが脳締め、血抜き、密封パックを実演!
神経抜きが成功して歓声が上がった

ハピソンスタッフおがPには後日取材でこの実演と同じ脳締め~血抜き~密封パックまでを動画で撮影させていただきました。こちらの動画、編集記事もぜひぜひご覧ください!
[関連釣行記]Hapyson密封パック器で釣果をおいしく保存!熟成魚食べくらべ釣行

宮城海上保安部より海の事故を防ぐためのプチ講習も行われた。防波堤の釣りでも救命胴衣を着用、複数人での行動、スマホ防水ケースなどで連絡手段の確保、そして海のもしもは118番!
本部会場となった雄勝波板地区の青木さん、今大会でも全面的にご協力いただいた
キッズ賞は芳賀柊羽弥くん990ポイント獲得
レディース賞小林真緒さん760ポイント
ハヤブサよりオリジナルケース付き「ロングノーズプライヤー」と「スケスケ水汲みバケツ」。大人気の中身が良く見える水汲みバケツは釣った魚が見やすくファミリーフィッシングにもおすすめ!
ヒラメを釣り上げた高橋元さんには雄勝産ホタテを贈呈

表彰式&入賞者インタビュー

大会開催時、石巻周辺の根魚がやや不調ということで、プラクティスをもとにした場所選定も重要となった。県をまたいで岩手の釜石や大船渡方面まで足を延ばす作戦を取るアングラーも多くみられた(帰着までに戻って来れればどこまで行ってもOK)

5位の武山潤さん1480ポイント獲得
4位の佐々木俊さん1730ポイント獲得

3位熊谷さん 岩手大船渡湾直行!狙いが的中

3位熊谷捷紀さん1740ポイント獲得

「朝イチに大船渡までいきまして、湾奥の2か所で釣りをしました。1か所目でいいのが掛かったのですが、2回ばらして、1尾目が釣れたのは10gのビフテキにパドチューのリグで、リフトアンドフォールとズル引きでした。2か所目では最近で一番かというバイトをバラして、そのあと40アップくらいのを追加しました。以上です」

3位の副賞はバレーヒルより「タモシャフト400 HRXエディション」をご提供いただいた
東北の磯や防波堤にマッチした玉ノ柄。グリップ部は収縮チューブ仕様で濡れた時でも滑りにくい!

2位大場さん 石巻渡波で太陽が出たタイミングにヒット!

2位大場裕之さん1930ポイント獲得

「朝、渡波の方に行ったのですが、アタリはありませんでした。陽が昇った頃にアタリが出まして、流れに乗せるようにドリフトで釣りました。14gのビフテキリグです。もう1尾も同じような釣り方で、ワームはパルスワームとリングマックスで釣りました」

2位の副賞はバレーヒルの「ロックフィッシュライブウェル
エアポンプを2個搭載できるハードバッカン。ロッドホルダー搭載、投入口から魚を出し入れしやすく、水を捨てる時に魚が逃げ出さないようにするネットを装備するなど機能性抜群!

黄色いオスアイナメを2尾揃えた金森さんが優勝

優勝 金森淳さん2285ポイント獲得

「長面浦に朝入って、2投でクロソイリミットメイク。寝ようかと思ったら、漁師さんがいたので『アイナメ釣れますか』ときいたら『がんばれば釣れるよ』と返ってきたので、がんばったら釣れました。リグはシンカー5gのリングマックス、スイミングで。次はシンカー21gのリングマックス、遠投してスイミングでした」
―オスのアイナメでしたね?
「オスしかこないですおれ、メス寄ってこない。魚も人も(笑)」
―21gでキャストしたのは(遠くのポイントに)なにかあったから?
「なにもないです。漁師さんの言葉を信じてがんばった。それがイチバンです」

2尾合計2kgオーバーはただ一人
こちらの副賞もまたまたバレーヒルより「サイファリストHRXプロスペックCPRC-72LS/RFF
可変バランサーを搭載するなど新しくなったNEWサイファリストHRXプロスペックのフィネス対応ベイトモデル。漁港のクロソイゲームなども快適に楽しめる1本だ

※上位3名の方には後日、お名前を刻印したクリスタルトロフィーを贈らせていただきます!

協賛賞品をズラリご紹介!

ここからは協賛メーカー各社からご提供いただいた賞品を紹介します(帰着時の検量カードを抽選券として全員にランダム配布しました)。配布時の記念写真も一緒に掲載します。
※順不同

レイン「REINSポーチS
中身の見やすい表裏クリアー素材で散らばりがちな小物やワーム収納に便利な小型ポーチ。底部には水抜き用の穴も装備している

ピュア・フィッシング・ジャパン「バークレイPowerBaitマックスセント クリッターホッグ 4インチ
パワーベイトとガルプ!のいいとこ取り!でおなじみ、動きとニオイで誘うマックスセントシリーズ。パーツの細かい動きで生命感あふれる微波動を作れるホッグ系ワーム

オーシャンルーラー「ガンガンジグバレット」30g、40g、60g
シリーズナンバーワンの驚異の飛距離で遠くのナブラを直撃!潮切れの良いボディ形状でSLJにも使用可能。60gまでラインナップし、ショア&オフショアともこなす汎用性の高さも特長

ティクトからはシンカー、フックとワームをセットにして皆さんにお配りした。
シンカーはハンター塩津氏監修でおなじみ、パイプ入りでラインを傷めにくいテキサスシンカーの「ボトムコップ
フックはワームのホールド力、フッキングしやすさ、刺さりを考えたオリジナル形状で、ワームがズレにくい「HOOK G2
そしてフラッシングがアピール絶大なスイミングジグヘッドの「フラッシュヘッド パパラッチ」
ワームは大型のカーリーアームがパタパタとアピール「GGクロー」と
パドル部分をカットすることでクロー系に変身する「パドルオアクロー

パズデザイン「コンプレッションレッグカバー トレンカ/レギンス」ブラック
高次元ストレッチ素材へのコンプレッションプリント加工で適度な着圧が疲労を軽減!ふくらはぎの形状に合わせた立体設計で肌当たりが良いのも特長

リトルプレゼンツ「LITTLE OCEAN ロゴ入りキャップ」ブラック
PUコーティングのしなやかな防水生地のキャップ!

リトルプレゼンツ「ビッグフィットウエストバッグ」ブラック×ブルー、ブラック×レッド
光沢あるターポリン製で汚れの手入れがしやすい巨大なウエストバッグ。オカッパリゲームでルアーや餌木を沢山収納できる

リトルプレゼンツ「ターポリン防水バックパック」ブラック
ターポリン生地のシンプルでタフな完全防水バックパック。濡らしたくないもの、あるいは濡れたものの収納に

リトルプレゼンツ「LOポーチ」ブラック
メッシュポケットとキーホルダー内蔵。面ファスナーと上部のカラビナによりショルダーベルトにしっかりと装着できる小型ポーチ。正面のD環にフックをかけてルアーの「ちょい置き場」としても活用できる

リトルプレゼンツ「PEパワーコートスプレー
PEラインの表面をシリコーンとフッ素でコーティング。ルアーの飛距離アップ、糸鳴り軽減など効果あり!

当編集部からはお菓子やカップラーメン、お酒などご用意させていただきました

最後はいつものジャンケン大会

MC千葉めぐみさんとジャンケン大会で賞品争奪戦!

DRESSミリタリーメッセンジャーバッグ」ブラック
耐久性抜群、大容量のメッセンジャーバッグ。ラン&ガンゲームや普段使いにも最高

フラッシュユニオン「アバカスシャッド 3.3インチ
深めのリブが泡をまとい、バブルと波動で強アピール。独自のテール形状で低速でも素早く水をつかみ、ハイレスポンスかつハイピッチな動きで誘う

千葉正博さんからサポートメーカー「グリッチオイル」のリール用オイルをジャンケン大会にご提供!「浸透力」「持続性」「耐久性」を兼ね備えた高級オイルで、粘度などタイプの異なるオイルから好みに合ったものを選択できる

千葉正博さんよりサポートメーカーのヴァンフック、ヤマトヨテグスの商品のアソートをジャンケン大会に提供いただいた。真円性に優れる8ブレイドのアオリイカエギング専用PE「アオリイカカラーズ8」と「PEジギング8
ジャンケン大会にみなせちわちゃん登場。実演でも活躍したハピソン×津本式人気商品「計測マルチハサミ」2個をご提供
ちわちゃんは「負けている人にあげたい」とのことで、逆ルールで最後まで負け続けた人の手に

ご協力、ご協賛いただいたメーカー、スタッフの皆様、そしてご参加いただいたロックフィッシュファンの皆様、ありがとうございました!!



YouTubeチャンネル登録もお願いします!

?

◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!



関連記事

2021ロックフィッシュバトル雄勝波板[リザルト更新]

2021年11月28日(日)、宮城県石巻市雄勝地区・波板海水浴場駐車場を本部会場としてロックフィッシュ(アイナメ、ソイ対象)のイベントを開催しました。 今回は防波堤、岸壁のみ。アイ...

2019初夏のロックフィッシュチームバトル雄勝波板

 2019年5月19日(日)、石巻市雄勝町の波板地区を本部会場にオカッパリロックフィッシュ(根魚ルアー)の大会を行いました。2~3名のチーム戦と個人戦を同時開催。  1、2週間前か...

第4回 ロックフェスティバルin雄勝波板[リザルト更新]

2018年11月18日(日)、バレーヒル社、ベイトブレス社の主催(波板ラボ、釣りTiki東北協力)により、標記のロックフィッシュ大会が開催された。 今大会は護岸、防波堤に限定して開...

第5回 ロックフェスティバルin雄勝波板[リザルト更新]

2019年11月17日(日)、バレーヒル社、ベイトブレス社の主催(波板ラボ、釣りTiki東北協力)により大会が開催されました。強風のコンディションでしたが、検量には2kg超の大型ベ...

第1回 ロックフェスティバルin雄勝波板[主催:バレーヒル・ベイトブレス]

  2015年12月6日(日)、宮城県雄勝町周辺地域を舞台に、バレーヒル・ベイトブレス主催、サンライン、オーシャンルーラー、フィッシング海王、波板ラボ、当メディア協力により、標記の...

第3回ロックフェスティバルin雄勝波板[結果更新]

  2017年12月3日(日)、バレーヒル社、ベイトブレス社の主催(波板ラボ、釣り河北協力)により、標記のロックフィッシュ大会が開催された。 当日は穏やかな晴天に恵まれたものの、ス...