釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!
  • 2023年宮城サーフ フラットフィッシュ亘理大会をレポート!

    編集部 2023年8月14日 更新

    ヒラメ、マゴチを対象としたサーフフィッシングのイベント「釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会」を2023年7月2日(日)に開催しました。募集期間中、メインエリアの宮城県南サーフの釣況がやや不安定との前情報はあったものの、定員200名をオーバーするエントリーがあり、当日193名の参加者で45cm以上のマゴチ、ヒラメ2尾の長寸を競いました。

    [関連記事]釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会リザルト
    [関連記事]instagram投稿まとめ


    [動画前編]ゲスト実釣


    [動画後編]表彰式とインタビュー


    [PR]

    亘理・鳥の海中心地、鳥の海温泉前でイベントを開催

    毎年の恒例行事となりつつあるこの大会、亘理町のご協力をいただき、鳥の海温泉前の一帯を駐車場、本部会場として利用させていただいた。

    今回、鳥の海内や阿武隈川河口周辺はエリア外だが、釣り桟橋や公園、トイレが整備され、鳥の海ふれあい市場や荒浜にぎわい回廊商店街、多数のお食事スポットなどで観光も楽しめるエリアだ。

    まだ暗いうちから会場のお集まりいただき、4時前より受け付けを開始した
    駐車場係と受付係、多くの方のご協力により成り立っています
    ベイトブレス社より、ロック、フラットなど万能に使えるソフトルアーの「BUGSY(バグジー)」 1パックが全員にプレゼントされた

    フィッシュアロー社からは、アルミ内蔵フラッシングアピールでおなじみ「フラッシュJシャッド4″ PLUS SW」アソートパックにステッカーをセットにしてプレゼント

    釣りTiki東北イメージキャラクターの千葉めぐみさんのMCで開会式を行った
    ルール説明。エリアは宮城県内のサーフのみ(河口堤防禁止)。45cm以上のヒラメ、マゴチ2匹分の全長を写真で判定した

    鳥の海温泉の見える大畑浜北部でゲスト実釣

    MC千葉めぐみさん、ハピソンガールみなせちわさんのゲスト2名に、サポートアングラーの鈴木貴博さん(タカさん)、尾形慶紀さん(おがP)、浅野泰幸さん、相澤純さん、くみちゃん。さらにタカさんの所属チーム釣無魚(ぼうず)、浅野さんの繋釣会(けいちょうかい)の皆さんらと一緒に実釣を行った。

    場所は本部から鳥の海を挟んで対岸側にあたる「大畑浜」。鳥の海河口右岸側に広がる砂浜だ。早朝から混雑する人気エリアだが、今回はタカさんのチーム釣無魚の皆さんが先に釣り場に入っており、その間にめぐみさんとちわちゃんの2人が加わる形で釣りを行った。

    到着した時点で、大会参加者以外の方も含め、多くのアングラーの姿がみられた
    めぐみさんが先にサーフインし、ちわちゃんとおがPはちょっと遅れて到着
    ちわちゃんはフィールドスタッフを務めるBlueBlueのルアーを使用

    めぐみさんはタカさんのガイドにより、今年発売されたばかりのオーシャンルーラーの新商品「ガンガンサーフ ヒラペンRX 75S」を使用。これまでの95Sよりダウンサイズして釣りやすく、ボトムから中層までリーリングスピードを変えながら巻くだけでも十分に釣れるという、使いやすいシンキングペンシル
    アタリのあった周辺に集まりキャストする釣無魚メンバー
    ちわちゃんはおがPのハピソンチーム

    相澤さんに釣れたのは子持ちの大型ガザミ(ワタリガニ)

    尾形さんは「インターシンカー」のヘビキャロで狙う。活性が低い時はワームの方が効果的なことも

    ちわちゃん超小型シタビラメとメゴチをキャッチ(?)
    タカさんも同じやつ・・
    そんな中、めぐみさんにそれらしい引きの魚がヒット!上がってきたのはアカエイ
    まだ小さい方だが、しっかり毒バリはあるので取り扱い注意
    実績エリアながらこの日は魚の反応が薄く、一人また一人と人数が減っていった

    実釣メンバーの周りで本命のマゴチを釣り上げたのは・・くみちゃんと一緒に釣っていた息子の勘九郎くん!規定サイズの45cmもクリアし、ジュニア賞も期待された

    実釣隊はここらでタイムアップ。勘九郎くんの1本でオデコを回避できてよかった

    今回、亘理町のご協力によりゴミ収集を行い、各自釣り場のクリーンナップ活動にもご協力いただいた
    規定をクリアする釣果のあった人は写真判定。釣果の無かった人も検量カードを提出していただき、これを抽選券として表彰式の後半に抽選会を実施した

    集計を待つ間のお楽しみ!今回は8ブースが出展!!

    帰着時間までにブース出展の準備を行い、集計している時間にブース、イベントをお楽しみいただいた。各ブースの出展内容は以下の通り。


    ブース紹介:バレーヒル

    バレーヒルブースでは今回優勝賞品もご提供いただいている、「NEWサイファリスト・フラットセイバー」3モデルを展示。バス用ながらロックやフラットにも使える「エビシャッド」やオフショアの「ブルービーク」も展示、解説した。

    NEW CYPHLIST FLATSABER
    サーフでの遠投も可能なスタンダードモデルの「106M」、サーフから河川内にかけて、ワームでの繊細な釣りなどにも適した「99MM」。そして、99MMのブランクスをベースとしてベイトリールでの遠投を楽しめるよう開発した「99MM(ベイトモデル)」の3本をラインナップ
    EBI SHAD 5’(エビシャッド 5インチ)
    低活性時の食わせ性にも優れた「エビシャッド」。従来の3インチ、4インチに加えて2023年は5インチサイズが登場!大型ボディに合わせたチューニングを施し、バス以外にフラットフィッシュやロックフィッシュゲームにも十分戦力になるスイミングシャッドテールワーム

    ブース紹介:ベイトブレス

    参加賞に「バグジー」を提供していただいたベイトブレスブース。通常、店舗などでは見ることのできないオンラインショップ限定カラーや、宮城でも盛期に入ったタチウオテンヤ用TTシャッドなども展示。

    ベイトブレスオンラインショップ
    オンラインショップ限定カラーがあるので、要チェック!時に写真の「キャリコカラー」は先日のボート取材でも抜群の実釣力を発揮しており、ぜひ使用していただきたいアイテム
    【関連記事】牡鹿半島 田代・網地島周辺のロック、フラット、バチコン3種リレー
    E.T.SHAD
    4.3インチにフラットフィッシュ用のツートーンカラーをラインナップ!ピーチシャッド、ブラッドシャッド、ライムシャッド、ナスバイオレットシャッドで、遠投にも対応
    T.T.SHAD
    太刀魚テンヤのワーム釣法にもTTシャッド。餌に比べて持ちがよく、歯の鋭いタチウオも手返しよく狙うことができる

    ブース紹介:オーシャンルーラー

    実釣でも使用した、「ヒラペン」の新サイズ75Sが目玉商品。また、抽選会にも提供された「ガンガンサーフ・フラッター」も高い実釣力があり、フラットフィッシュアングラーは持っておきたいアイテム。

    ガンガンサーフ ヒラペンRX
    サーフで十分な飛距離、巻くだけでも釣れ、巻くスピードを変えることで幅広いレンジを変えられる使いやすさを備えたシンキングペンシル。これまでの95Sに、2cm小さい食わせサイズの75Sが新登場。さらに今秋にはビッグサイズ125Sも追加予定

    ガンガンサーフ フラッター
    過去の取材などでもたびたび紹介している、サーフ専用メタルジグ。ぶっ飛び形状に、流れに合わせ自然に対応する使いやすさも抜群

    ブース紹介:ハピソン

    ちわちゃんとおがPがブースに立って質問に対応。春発売以来大好評の「アニサキスライト」や充電式になった投光型集魚灯の「充電式アジングライト」、「計測マルチプライヤー」が今季新商品。

    充電式高輝度LED投光型集魚灯
    これまで電池式が人気だったアジングライトに、待望の充電式が登場!安全性と耐久性にこだわった信頼性の高いバッテリー採用。アジング、メバリングやタチウオ、イカなど夜のライトが有効な釣り全般におすすめ
    計測マルチプライヤー
    スプリットリングオープナーやPEラインカッターにフックシャープナーなど、7つの機能を詰め込んだ1つでマルチツールになるプライヤー。
    津本式アニサキスライト
    通常のブラックライトとは全然違う、アニサキスを見付けやすい波長、光量の光を追求したアニサキス専用ライト。通常の室内光下でもハッキリ見える性能があるので、魚を捌いている途中や刺身にする前のチェックなどに大活躍

    ブース紹介:メガネハウスおくやま

    岩手県花巻市のメガネのおくやまより奥山剛さんがブース出展。偏光グラス各種を展示しつつ、釣具屋さんなどで購入して使用中の偏光グラスのレンズ交換などの相談会を実施。また、現在眼鏡使用中の方におすすめのフリップアップサングラスも紹介した。

    フリップアップサングラスは現在使用中の眼鏡の形に合わせて加工し、スタイリッシュに使用可能。レンズカラーも全11色と豊富なので、複数作って使い分けも可能
    【関連】オーダーメイドor自作もできるクリップオン偏光グラス「シーザーフリップⅡ」を紹介

    ブース紹介:グリッチオイル、ボナンザ

    グリッチオイルでは各オイルの展示、解説とともにリールの無料メンテナンス体験を実施。高性能オイルの効果を体感して感動の声が上がっていた。併設したボナンザブースではロッドのコーティング体験を実施!

    用途によって使い分けられる粘度タイプの異なるオイルに、2023年は数年の開発を要したグリスも登場!
    ボナンザブースも併設

    ボナンザワンタッチ50g
    乳液タイプ。ロッドやリールなどあらゆる釣具を特殊フッ素樹脂でコーティングし、傷や汚れを防ぐことができる

    ブース紹介:オクマフィッシングジャパン

    台湾発のリールメーカーで、高いコストパフォーマンスと確かな性能を武器に2、3年前より日本市場に本格参入。標準でカーボンハンドルを搭載したり、替えスプールが付属するなどお得感が抜群で実釣実績も十分な注目のブランドだ。

    ブース紹介:ゴメクサス

    ハンドル、ハンドルノブなど中心に、スタイリッシュなパーツをお手頃価格で提供中。東北では取り扱い中の店舗が少ないことから、この機会に実物の質感をチェックして、実際に買って使ってみてくださいとのこと。

    上位は僅差の勝負に!表彰式の模様

    表彰式に合わせてJCG(海上保安庁)宮城海上保安部の方が来場し、海の事故0キャンペーンの啓発を行った。海のもしもは118番
    [ウォーターセーフティガイド]
    外道賞:菅野雅人さん(アナゴ)。副賞新色ドカット
    インスタ賞:いずみ(@esankoba)さん
    副賞としてボナンザスプレー3点セット。
    ボナンザスプレー3本セット
    PE、フロロ、ナイロンラインの表面をフッ素樹脂でコーティング「ラインメンテZ50」
    カラ拭きするだけコーティングスプレー「ボナンザスプレー 50ml」
    ナイロン、フロロの結び目強化に「ノットガードV」
    [BONANZA]

    instagram投稿より
    シニア賞:大橋伸人さん(マゴチ60cm)
    今回は女性参加者も多数エントリーしていただいたが、対象サイズの持ち込みがなかったためジャンケンで勝った松本さんが賞品GET
    ジュニア賞:小林蒼生くん(2本で97ポイント獲得)
    instagram投稿より
    ジュニアエントリーのみなさんにはくみちゃんから花火セットをプレゼント

    2位は同ポイントで大浦さん、熊谷さんが並ぶ

    今大会はヒラメ、マゴチ2本の長寸合計を競う形式で実施したが、60cm前後のマゴチを揃えて来る方が多く、7位までは1~2ポイント差の僅差に連なった。

    そのような状況下、2位の大浦哲也さんと熊谷翔太さんが118ポイントで並ぶ結果。同率の場合の競技規定に従い、ジャンケンで勝った大浦さんが2位、熊谷さんが3位に決定した。

    熊谷翔太さん。3位の副賞はハピソンの「計測マルチハサミ」にグリッチオイル、亘理町特産海苔詰め合わせの3点

    熊谷さんにはインスタ投稿もご協力いただいた

    インタビュー談話「場所は仙南サーフ。バディーワークスのオフベイトで釣りました。時間は朝6時半から8時過ぎ、プラのときは渋かったのですが、今日はまとまって釣れてくれました」

    計測マルチハサミ
    釣果の脳締め、腹を開いたり、ウロコを取るなどの捌き全般、硬いトゲやPEラインなどもスパっと切ることができる万能釣り用ハサミ。ちわちゃんが2本もっているうちのもう1本は、ラストのジャンケン大会に提供!
    2位:大浦哲也さん。副賞はレインズ「reinsバッカンミドル(オレンジ)」にグリッチオイル、亘理町特産海苔詰め合わせの3点

    インタビュー談話「場所は仙南サーフ。ルアーはバディーワークス。8時半くらいまでアタリがなくて、8時半過ぎから釣れ出しました。周りは釣れている気配はあまりなかったのですが3匹釣れました」

    reinsバッカンミドル(オレンジ)
    4個のロッドホルダーを備え、タックルの運搬やreinsフィッシュグリップSPなどの収納に便利・前部にプライヤーホルダー。フタはハードタイプで開閉が簡単なワンタッチバックルを採用

    2位と1ポイント差で遠藤圭介さん優勝

    優勝者インタビュー談話「練習した時は仙南サーフにちょっと良い所があったのですが、人が多くてその場所に入れなかったので、急遽、県北サーフに行くプランに変えました。そこに魚がたまっている場所があって、最初に55cmが釣れたんですけど、そのあと釣っても釣ってもそれ以上のサイズが出なくて、最後の最後に64cmが出てこのような結果になりました」

    遠藤さんはインスタでも魅力的な写真を多数アップしている

    NEWサイファリスト・フラットセイバーCFSC-99MM/FLAT
    オールラウンドモデルのスピニング99MMをベースに開発したベイトモデル。元々バランスの良いブランクスを活かしながらベイトリール使用時にロングキャスト性能を引き出せるように調整!近年進化を遂げたベイトリールの回転性能にマッチする絶妙なバランスに仕上がっています
    【上位入賞者】
    1位:遠藤圭介さん119ポイント
    2位:大浦哲也さん118ポイント( ジャンケン勝ち)
    2位;熊谷翔太さん118ポイント
    4位:武田泰幸さん116ポイント
    5位:かず屋さん114ポイント

    4位、5位副賞:ボナンザ「ラインメンテZ50
    極上のラインコーティングで性能アップ!摩擦抵抗が激減して、劣化も防ぐ。PE、フロロ、ナイロンあらゆるラインに対応可能

    1~3位副賞:「グリッチオイル
    良質なオイルを厳選した高性能オイル、ブースでのメンテ体験会でも違いに驚く声が多数

    ラストは恒例の抽選会とジャンケン大会

    帰着時に提出していただいた検量カードで、全員配布の抽選会を行った。

    reinsロックバイブヘッド30g
    様々なターゲットに有効なオールマイティージグヘッド。ロングシャンクでワームをしっかりキープ、低重心&フラットな面を持つヘッド形状により安定したアクション性能を備える

    VARIVAS「ストレッチフィットグローブMサイズ」
    人間工学の見地から開発されたエルゴグリップ立体裁断により、優れた使用感を実現。ストレッチ素材との組み合わせにより、一段上のフィット感を提供

    VARIVAS「糸くずワインダー・ライトブルー」(非売品)
    回転シャッターとワインダーで切端から糸くずまでスッキリ回収。細かい糸くずも残さず釣り場をキレイに!

    VARIVAS「オリジナルキャップ」
    バリバスロゴの入ったキャップをプレゼント。ネイビーカラーのメッシュキャップとVAC-59ドライメッシュキャップのブラックの2種をご提供いただいた

    VARIVAS「ロゴ入りくつ下」(非売品)
    非売品のバリバスグッズ、釣行にも適した丈夫な靴下。ブラックとグレーそれぞれ10名ずつ

    オーシャンルーラー「ガンガンサーフフラッター 30g、35g、40g
    飛ぶ、泳ぐ、釣れる! 流れの変化がわかるサーフ専用ジグ。肉薄ボディ&後方重心による抜群の飛距離、後方重心が生むバックスライドで、糸絡みを抑制、急深サーフも難なく攻略。流れの強弱に自動的に適応するウォブンロールアクションが特長

    クレイジグ波動DEEP 15g#1/0
    まるで生き物の如く、ライブリーな動きを実現。根掛かりを防ぎやすい姿勢を維持しながら、ボトム近くに潜むターゲットに強烈アピール、ワームの取付方や種類を変えることで、泳ぎの調整も可能

    フィッシュアロー「フラッシュバイブヘッド21g
    フラッシングでアピールできるフラッシュJとトサカヘッドのセット!サーフでも使いやすい21g
    フラッシュJグラブSW
    フラッシュJのフラッシングの集魚力+肉厚の強波動テール。リフト&フォールからのスイミングなど、強波動アピールで釣果に期待できるスペシャルなフラッシュJグラブが登場!

    エクリプス「カタナギ4インチ・レッドゴールド
    様々なベイトフィッシュが存在するなかでも絶対的存在の一つの「ギンポ」をイメージ。カタナギが釣果を生み出す喰わせのギミック。喰わせのダート幅を持たせたボディと強すぎない微波動を生み出す異形フィッシュテールがスレた魚へナチュラルアピール
    ラグゼ「ストラップ」&がまかつオリジナルタオルセット
    ラグゼのロゴが入ったオリジナルストラップ。サイズ計量メジャーもプリントされているのが便利

    マルカノー釣具店提供!オーシャンルーラー「ガンガンジグⅡ」、「ガンガンジグSJ」。南三陸中心に多店舗を展開するマルカノー釣具店グループから、堤防、サーフで万能に使えるガンガンジグシリーズのメタルジグを多数提供いただいた。こちらは提供者ご希望により、ジュニア、レディースの皆さんに優先的に選んでいただいたあと、一般のみなさんにもプレゼント

    じゃんけんが強すぎると言われることも多い、千葉めぐみさんと参加者のみなさんでジャンケン対決
    奥山さんより、眼鏡屋さん限定のタレックス偏光グラス2個と、フリップアップサングラス無料券、メガネストラップやくもり止めをジャンケン大会に提供いただいた
    オクマフィッシングジャパン「ITX CB PLUS
    2023年新製品リールを提供!
    オクマフィッシングジャパン「Ceymar CB
    こちらも2023年新製品。フラットフィッシュやロック、シーバスなどに適したモデル
    上位入賞者に提供したのと同じグリッチオイルを獲得

    VARIVAS「フィッシングパンツVASS-05チャコールグレー
    ストレッチ性に優れ、着心地が快適な東レ「プライムフレックス」ファブリックを採用。軽くて動きやすいので、移動やアクションが多めの釣行ぴったり

    ゴメクサス
    2017年設立以来、リールハンドルやハンドルノブ、リールスタンド、スタードラグなど高品質なカスタムパーツを続々とリリース!ハンドル・ノブセット2種、38mmノブ2種を提供

    ちわちゃんが登場!ハピソンの津本式シリーズ「計測マルチハサミ」釣り場や台所で活躍すること間違いなしだ
    最後まで残っていただいた皆様と記念撮影

    好天に恵まれ、日中暑い中にもかかわらず長時間ご参加、ご協力いただいた全ての皆様、ありがとうございました。おかげさまで事故なども無く、盛況のうちに開催することができました。次回もお待ちしております!!

    ◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!



    YouTubeチャンネル登録もお願いします!

    ?



    [PR]
    Amazon堤防Amazon堤防釣り初心者

    関連カテゴリ

    関連記事

    7/21開催「2019釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会」リザルト更新

      2019年7月21日(日)、仙台~宮城県南エリアでフラットフィッシュ(ヒラメ、マゴチ)を対象としたイベントを開催しました。   当日は130名が参加。朝から雨混じりで...

    2021釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会[結果掲載]

    [8/6更新:釣行記にレポートをアップしました!] 2021年7月22日(木)の海の日に、宮城県南・亘理町を本部会場としてフラットフィッシュ(ヒラメ、マゴチ)を対象としたイベントを...

    2022釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会[リザルト更新]

    2022年7月3日(日)、宮城県南・亘理町を本部会場としてフラットフィッシュ(ヒラメ、マゴチ)を対象としたイベントを開催します。今大会は全長45cm以上のヒラメ、マゴチ2匹分の合計...

    2023釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会【リザルト】

    2023年7月2日(日)、宮城県南・亘理町を本部会場としてフラットフィッシュ(ヒラメ、マゴチ)を対象としたイベントを開催しました。 [関連記事]詳しいレポートはこちらの釣行記で 最...

    2021年7月22日「釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会」開催報告!

    盛況のうちに幕を閉じた「2021釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会」。鳥の海荒浜地区で行った開会式、表彰式の模様や、千葉めぐみさん、みくみくさんらの実釣風景をお届けします!...

    2022釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会Instagram投稿

    2022年7月3日(日)に開催された「2022釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会」 今大会はInstagramアカウントをお持ちの方々に #釣りtiki東北 のタグを付けて...

    こちらの記事もおすすめ

  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー