新製品

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!
  • イカ型タイラバ「プニラバ」UVギャラクシーなど3色追加

    2021年3月26日配信 【マダイ】 【編集部】

    「Xtradaプニラバ」(ルミカ)
    変わり種のリアル系カラー3色を新追加!

    ルミカのイカ型タイラバ「プニラバ」に「ホタルイカ」、「アオリイカ」、「UV-ギャラクシー」のリアル系カラー3色が登場する。

    イカ型のリアルなシルエットとソフトなマテリアル、さらに本物そっくりなリアルカラーが加わりリアリティアップ。マダイだけでなくロックフィッシュや青物系などいろいろなターゲットに釣力を発揮しそうだ。

    ■カラー:ホタルイカ、アオリイカ、UV-ギャラクシー
    ■サイズ、価格(ホタルイカ、アオリイカ)
    40g1,320円
    60g1,408円
    80g1,485円
    100g1,595円
    120g1,650円
    150g1,705円
    ■サイズ、価格(UVギャラクシー)
    40g1,210円
    60g1,298円
    80g1,375円
    100g1,485円
    120g1,540円
    150g1,595円
    [メーカー公式ページ]
    ※2021年4月発売予定

    関連記事

    ルミカのイカ型タイラバ「プニラバ」タングステンモデル登場

    「XtradaプニラバTG(タングステン)」 イカ型ソフトマテリアルを用いたタイラバ「プニラバ」シリーズに高比重タングステンウエイトモデルが新たに登場する。超弾性スーツが生む波動の...

    ルミカ「メタルジャッカー」2020年全色リニューアル!

      ラトルスティックとケミホタルを装着でき、光と音でアピールできるルミカの「メタルジャッカー」がリニューアル。釣りフェスティバル横浜より、ルミカスタッフの長濱航大さんに紹介してもら...

    タイラバにイカ型ワームが融合した「プニラバ」ルミカ

      鯛ラバにイカ型ワームの「プニイカ」を組み合わせた「プニラバ」が新登場。釣りフェスティバル横浜・ルミカブースより同社スタッフの長濱航大さんに解説していただいた。   [adins...

    ルミカ「プニラバ」専用「イカスーツ」新発売

      「Xtrada イカスーツ」(ルミカ) イカ型タイラバ「プニラバ」着せ替えパーツ ソフトタイプのイカ型タイラバ「プニラバ」に摩耗時やカラーローテーション用の交換用パーツ「イカス...

    ケミホタルより明るい!ルミカ「ルアーライト」新発売

      「Xtradaルアーライト25/37」(ルミカ) メタルジャッカーに挿入できる高輝度発光体 ルミカXtradaシリーズに高輝度発光体の「ルアーライト」が登場。ルミカ発光体の25...

    ルミカ「神経絞めMEDIUM」中型魚用サイズが登場

    「エア抜き&ワイヤー神経絞めミディアム」(ルミカ) 中型のイナダ、マダイ、スズキなどに。エア抜きも可 長さ600mm、直径1.2mmの形状記憶ステンレスワイヤーを使用した神経絞め具...

    こちらの記事もおすすめ

    • howto-image

      サワラ

      【東北の魚種別攻略】 サワラ(鰆) サワラ 元々は暖かい海を好み東北には少なかったが、日本海側から津軽海峡にかけて増え続け、近年は太平洋側でも普通に釣れるようになっている。春の魚と...
    • howto-image

      魚は少し寝かせた方がおいしい?[熟成魚]釣った魚をおいしく食べる

      TVの旅番組などでお刺身を食べてよく聞かれる、「このお魚、コリコリしてとってもおいしいです!」というセリフ。このコリコリとした歯ごたえは魚が新鮮な証拠に他ならない。もちろん活きのい...
    • howto-image

      大潮、小潮(潮周期)と釣りの関係

      潮汐というのは、地球の引力によって引き寄せられていた海面が月の引力や太陽の引力によって引き起こされることによって起こります。潮の動きが大きいと魚のエサになる様々な生物や有機物の流動...
    • howto-image

      岩手の春ロック ~夕マヅメの漁港でアイナメ、ソイ爆釣~

      ※この釣行記は2016年5月に公開しました。 三陸のロックフィッシュが春~初夏のハイシーズンを迎えている。例年、岩手では5~6月から根魚が釣れ出すのが普通だが、今季に限っては早いエ...
    • howto-image

      マスジギング

      【東北の魚種別攻略】 マスジギング(サクラマス) サクラマス 以前から北海道や青森の下北沖で盛んだったマスジギングが、岩手、宮城の三陸沿岸からも狙えるようになってきた。マスの回遊量...
    • howto-image

      防波堤・堤防釣りシーズン!宮城の港湾岸壁・漁港釣り場まとめ

      ここでは宮城県の防波堤釣り場の記事をまとめてご紹介します!宮城県周辺の陸っぱりの釣りはゴールデンウィーク頃から投げ釣り、サビキ釣りともに盛期になります。 ※過去の記事のため取材時と...
    • howto-image

      釣り人が守りたい8つの基本マナー・釣り場のルール

      初心者~上級者、老若男女、どんな釣り人も守るべきマナーがあります。立入禁止や釣り禁止、釣り人駐車禁止といった制限のかかる釣り場が増える中、釣り人の良心が問われるケースが目立つように...
  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー