釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!
  • 青森マダイ今季も期待!TAIMETALジギングで良型キャッチ

    丹野 正文 2021年5月5日 更新

    青森・竜飛沖のマダイが本格シーズンイン!TOP Range丹野代表はメタルジグ「TAIMETAL」のみを使用したTAIMETALゲームで春マダイを狙った。
    [2021年4月実釣、5月4日掲載]

    真鯛用万能メタルジグTAIMETALゲーム

    鯛を釣ることに特化して開発された、トップレンジのメタルジグ「TAIMETAL」。TAIMETALを使ったジギングを丹野さん達はTAIMETALゲームと呼んでいて、状況に合わせてウエイト、カラーを調整しながらTAIMETALのみでマダイゲームを成立させている。

    TAIMETALゲームの基本はデッドスローのタダ巻き。ベイトの種類などもあまり関係なく、引いてくるだけでとにかくマダイがよく釣れる。レンジ、潮速や魚の動きに合わせるため、17gから170gまで小刻みにラインナップが揃い、湾内の超シャローから深場までをTAIMETALゲームで対応することができる。

    また、カラーラインナップについては全国各地でのテストと経験をもとに実績カラーが揃う。その時々の状況に合わせ、ちょうどよい角度でレンジを通せる重さを選んだら、コンディションや反応をみながらカラーをアジャストさせていくという釣り方が基本になる。

    TAIMETAL(タイメタル)
    定番シリーズの20~90g(10g刻み)に加え、スーパーライトジギングシリーズ17g、22g、27gが2020年に新追加。ディープゾーン用の120g、150g、170gともあわせて豊富なラインナップでより細やかなウエイトチェンジが可能になり、様々な釣り場、状況に対応できるようになった

    竜飛沖マダイはノッコミシーズンに入りさらに期待は高まる

    今季の青森マダイは小泊沖の深場では3月頃から釣れ始めていたが、実釣した4月半ば頃はまだまだシーズンのハシリ。竜飛沖の水深60~70mエリアでの釣りとなった。シーズンのハシリでマダイも沈み傾向のため、TAIMETALも70g、80g、90gを使用。

    この時はボトムから15mくらいのレンジにイワシの反応があり、イワシについているマダイを狙い釣果を上げた。

    レンジスティックTAIMETALシリーズ
    丹野さんの使用するロッドはTOP RANGEオリジナルブランド「レンジスティック」シリーズのTAIMETAL用ロッド。最新の極細PEの釣りに対応しつつ、TAIMETALをリトリーブする際の操作性や、マダイをしっかり掛けて獲るための性能を備える
    同行したこちらのアングラーもレンジスティック使用
    お二人のタックルに合わせたハンドルは、LIVRE×フィッシュアローのコラボによるカスタムハンドル「ファイヤーオーロラ65」。見た目の美しさに加えてフィーリングが素晴らしく、長いストロークによりリーリングが安定し、リーリング中にハンドルで当たりを感知して、巻きアワセを助けてくれるなどメリット多数

    これからのっこみシーズンが進むと、マダイが中層に浮き気味になり、浅いレンジで高活性な魚を狙う釣りが楽しめる。中層の釣りでもTAIMETALを潮に乗せるようにしながらゆっくり巻いてくるのは一緒。

    ハイシーズンの水深40~60mではTAIMETALでも主力といえる50g、60gが活躍。さらに陸奥湾内など浅場でも17g、20g、22gと小刻みなサイズ設定もあり、サイズラインナップを駆使してシーズン通して使用できる。

    日を改めてまたまた良型マダイをキャッチ!5月以降もしばらくは青森通いが続く

    万能TAIMETALゲームはゲストも豊富

    タイに特化して開発されたTAIMETALだが、実は万能でショア、オフショアの色々なターゲットを狙うことができる。竜飛沖ではマダイの他にホッケやマゾイ、クロソイ、オキメバル、シーバス、水草カレイ(ムシガレイ)、アイナメ、ワラサなどなど実績多数。

    おみやげにうれしい良型のホッケ。一時期数が少なくなっていたホッケだが、最近また魚影が戻ってきているそうだ
    ソイやメバルに70~80cmの良型シーバスがヒットすることも

    TAIMETALは全国各地の釣り場でテストを行っていて、もちろんまだ使ったことのない海域もあるが、ほぼどこでも万能に釣れる実釣力を発揮している。今季の丹野さんは5月、6月も青森に通い、6月半ば頃からは地元仙台湾のマダイも狙う予定とのこと。仙台湾のマダイもすっかり定着、日本海、陸奥湾、太平洋の色々な釣り場でマダイを狙えるようになって、東北マダイゲームはまだまだ発展をみせてくれそうだ。


    TOPRANGEオリジナルフック「東北マダイ」マダイ専用アシストフック
    貫通力に優れ、マダイの口の硬い部分にもしっかり刺さるオリジナルフック「東北マダイ」を使用したマダイ専用アシストフック。フロント用(F)とリア用(R)があり、TAIMETALと合わせて丹野さんオススメのベストセッティングを組むことができる

    トップレンジ」(仙台市若林区)
    東北のオフショアシーンの先頭を走ってきた丹野さんのお店。トップレンジ商品をはじめとしたオフショア用品から船カレイ、ヒラメなど東北の釣りを網羅。丹野さんの貴重なお話を聞けることも!
    ■TEL:022-353-5501
    ■所在地:宮城県仙台市若林区なないろの里2丁目26-10

    ◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

    ※取材、解説/丹野正文(トップレンジ)

    関連カテゴリ

    関連記事

    相馬沖タイメタルで五目釣りを満喫!

    YouTubeチャンネル登録もお願いします! ? 9月1日、トップレンジの相馬沖釣行会を取材してきた。相馬沖はマダイやヒラメ、カレイなど豊富な魚種と抜群の魚影が魅力。トップレンジ丹...

    松島湾内ファミリー釣り教室でイシモチ、ハゼなど好釣!

    2020年8月30日(日)、仙台市のTOP RANGE(丹野正文代表)によるファミリー釣り教室が松島湾内で開催された。総勢40名が4艘の船に分かれ、イシモチを中心にハゼやアナゴなど...

    秋の仙台湾オフショア祭り!

    2014年10月5日(日)、TOP RANGE(丹野正文代表)主催による「仙台湾ソルトアングラーミーティングVOL.5」が開催された。3.11震災後、2011年6月から出船を再開し...

    TOP RANGE OPEN!

      2015年9月19日(土)TOP RANGEがグランドオープンした。 場所は仙台市若林区荒井地区。オープンに伴い、19日~23日までオープン記念セールが実施され多くの...

    仙台湾ソルトアングラーミーティングVol.14

      2019年10月20日(日)、トップレンジ主催による標記のジギング大会が開催された。東北のゲームフィッシングの復興、発展を願うアングラーが集結し仙台湾のワラサを狙った。 今回で...

    こちらの記事もおすすめ

  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー