釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!
  • 上手に締めて美味しくキープ!雄勝沖オフショア五目

    編集部 2021年5月28日 更新

    ジギングなどオフショアの釣りは釣った魚の食も楽しみの一つ。釣った魚を美味しく持ち帰るための「締め具」としての機能を備えた「計測マルチハサミ」(ハピソン)が今夏発売される。今回はこの魚締めハサミの実力を実際に試すべく、宮城雄勝沖にハピソンガールのみなせちわちゃんが釣行しました!

    水深100m前後の五目ジギングからスタート

    お世話になったのはおなじみ雄勝漁港の遊漁船Groovy尾形慶紀船長、以下オガP)。この日の雄勝沖は前日3m以上まで上がったウネリが残り、釣りづらいコンディション。波は徐々におさまる予報なので、沖の様子をみながら水深100m前後の中深場のポイントへ向かった。

    ここでは産卵を終えて荒食い中のマダラをジギングで狙った。たっぷり体力をつけたマダラはそろそろ深場へと落ちるタイミング。大型のマゾイやメバル、アイナメなど根魚類もターゲットだ。ちわちゃんはスピニングリールのジギングタックル、オガPは電動リールを使った電動ジギングを選択。

    ウネリの残る状況
    遊漁船Groovyは雄勝湾から出船し、笠貝島方面へ。途中、潮目の出ているポイントをチェック

    宮城県出身のハピソンガールのみなせちわちゃんが実釣


    序盤から中型マダラが連発!

    ちわちゃんは1投目からまずまずサイズのマダラをキャッチし、その後もポンタラ混じりでタラが連発。この季節のタラはエサを飽食していてよく太り、産卵期前後のタラに比べて遊泳力は数段上。
    「用意する時に電動にするかどうか迷ったんです。やっぱり電動にしておけばよかった・・」

    ちわちゃんは1投目からまずまずサイズのタラを釣り上げた
    ちわちゃんが使っているのはデジタル式はかりを搭載した「計測釣りはかり」。従来品よりバネを強化し、ホールド力をアップしている
    デジタル式はかりで重さを液晶に表示!
    釣り計測アプリを使って全長を計測。デジタルはかりで計測した重量と全長をスマホに同時表示、記録を残すことができる


    ハピソン
    この春発売の新商品!ホールド力アップ!重さをデジタル表示
    Amazon価格8,780円(2021年5月時点)
    ちわちゃん絶好調!タラを連発中

    一方、電動ジギングのオガPは操船しながら余裕でジギング。「電動リール用バッテリーコンパクト」を使っているので、コードが邪魔にならず丸一日でも安心して電動の釣りを楽しめる。

    オガPは電動リールを使用した電動ジギング。水深のあるポイントでもこれならラクラク
    電動リール用バッテリーコンパクト」(ハピソン)
    コンパクトで1日釣りしても疲れにくい腰巻式のバッテリー。容量、パワーともに十分で非常用電源やライトとしても使えるスグレモノ

    ハピソン
    コンパクトで大容量な腰巻式バッテリー!
    Amazon価格27,804円(2021年5月時点)
    ダブルヒット!タラはコンスタントに釣れ続いた

    計測グリップ」(ハピソン)
    オガPが使っている青色の「計測グリップ」。こちらもバネを強化しホールド力アップした新商品。バネ秤で最大18kgまでの重量を計測。釣り計測アプリを使って撮影すれば全長を計測しながら撮影できる

    ハピソン
    従来品よりホールド力を強化!バネ秤で重さを測定できる魚グリップ
    Amazon価格5,330円(2021年5月時点)

    ジグはゼブラカラーの入っているものが安定して釣れていた

    ちわちゃんに良型マダラがヒット

    5本か6本の100m巻き上げワークをこなし、ちわちゃんの腕が限界に近付いた頃、これまでよりさらに引きの強い何者かが掛かった。途中、急に軽くなったり強く引いたりを繰り返しながら浮上してきたのは85cm、6kg超の大型マダラ。

    これまでのタラとは異なる引きに「タラじゃない?」「もしかしてスレ掛かり?」と心配になるほど

    釣れてきたのはお腹パンパンの大型マダラ

    計測アプリで長さを測ると85cm!「計測釣りはかり」を使って撮影してみることに

    85.3cm、6.36kg!このように写真と一緒に釣果記録を残すことができる

    新製品の「計測マルチハサミ」で脳締め&血抜き

    釣り上げたマダラはこの夏発売される津本式×ハピソンコラボ商品「計測マルチハサミYQ-880」で締めてから持ち帰った。

    これは究極の血抜きの津本氏の監修による釣り専用ハサミで、釣果を締めたり、捌くことに特化している。脳締めのためのピックを装備し、鎌状になったハサミで血抜きできる。また、ハサミを簡単にバラせるのも特長で、万能ナイフとして使うことが可能。切れ味抜群のナイフは魚体を捌いたり、ウロコ取りなどができる。切れ味抜群で非常に錆びにくく、バラして洗浄、お手入れも簡単だ。

    計測マルチハサミの使い方を解説
    計測マルチハサミYQ-880
    国内生産で切れ味抜群、さびにくいフッ素加工。計測アプリ対応マーカー付き
    ※7月上旬発売予定
    このように簡単に分解できて、万能ナイフとしても使用できる
    バラした時は間に入っているスプリングを落としてしまわないよう注意
    脳締め。ハサミに収納されているピックを引き出し、目の後ろ辺りの脳に刺すだけ
    血抜き。魚体を曲げるように固定し、ハサミのカマ状の部分をエラブタの上端から入れて、エラの上部をかき切るようにする
    分解してナイフにすれば、ウロコを取ったり、3枚おろしなどもできる
    フッ素加工で錆びにくく、切れ味抜群。ヒレの付け根の硬い部分なども難なく切れるので、大体の魚は捌けてしまうはずだ

    最近人気のバチコンでクロメバル狙い

    水深100mから元気なタラを水揚げしてお疲れのちわちゃんはチョット休憩。ここで尾形さんは最近イチ推しのバチコンでクロメバル狙い。30cm超の尺メバルを狙え、この季節は深場の良型アイナメなども期待できる。

    尾形さんはGroovyオリジナルリグ&ベイトブレスワームを使い良型メバルを連発。ライトリグで楽しむゲーム性と、小気味よい引き味も魅力の釣りだ。

    テンビンを使用したオリジナルリグでメバルを狙うオガP。ゆっくり巻いてくると小気味よいアタリが
    レギュラーサイズのメバル。30cmオーバーも上がっている

    潮の動きをみて最後はカレイ狙いのポイントへ

    ラストはのんびり東北の船カレイ釣り

    潮が動き始めたタイミングで再び移動。先日の釣行で良型カレイが数釣れたポイント。活きエラコを餌にカレイのエサ釣りを楽しんだ。

    殻に入った「活きエラコ」は最近は三陸周辺でも見かけることが少なくなったが、カレイ、アイナメなどの特効エサ。最初に房の付け根の硬い部分に刺してからエサ付けするとエサ保ちがよくなる。

    のんびりコヅいてカレイ狙い
    以前は女川周辺でも普通に売っていたが、最近は見かけることの少なくなった殻付きエラコ
    束の中から1本むしって、こき出すと中に生きたエラコが入っている
    千切れてしまわないよう丁寧に剥けるとこの通り
    イソメ、ゴカイなどと同じ環虫類のエラコ。海中では黒い部分の房を広げている

    ちわちゃん、オガP並んでコヅキ釣り。エラコエキスは集魚効果抜群なので魚がいればすぐに食ってくるはずだが、この日は底荒れか潮の関係か?なかなか食わず。いくつかポイントを移動するうちに釣れてきたのはマガレイ。ちわちゃんのおばあちゃんにお土産にする分を釣り、エサ盗りのサバがうるさくなってきたところで納竿した。

    マコガレイだと思ったら、釣れてきたのはマガレイでした

    旬の魚もキープするからにはできる限り美味しく持ち帰りたい。釣り場である程度まで捌いてしまえば帰宅後がラクだし、釣果を配る時にも捌いてあった方が喜ばれるはずだ。このマルチハサミが1本あれば釣行がより快適で有意義なものになりますよ!

    [遊漁船紹介]フィッシングガイドサービスGroovy
    石巻・雄勝漁港から出船している尾形P船長の遊漁船。ロックフィッシュ、ジギングなどルアーターゲット中心に色々な釣り物に対応。丁寧なガイドは初心者、入門者にもおすすめ!

    ※取材協力/ハピソン、Groovy

    関連記事

    春の歌津沖 電動で楽々メバルサビキ&ジギングリレー

    宮城県出身のハピソンガールみなせちわちゃんが南三陸の歌津沖に釣行。新製品のリチウムイオンバッテリーを使用して、船メバルと電動ジギング(スローピッチ)に挑戦しました! 目次 歌津沖の...

    腰に巻けるバッテリー「リチウムイオンバッテリー7.0」

      「リチウムイオンバッテリー7.0」(ハピソン) 腰に巻けるベルト付きバッテリー 高出力バッテリーにベルト付きで、腰に装着して自由に動くことができるジギング用バッテリー...

    電動ジギングで女子もラクラク!歌津沖タチウオ

    宮城出身のハピソンガール みなせちわちゃんが昨秋(釣行記)に続き、歌津大隆丸のタチウオジギングに挑戦!今季は2020年9月発売の新製品「電動リール用バッテリーコンパクト(ハピソン)...

    ハピソン注目新製品「電動ラインワインダー」6月発売

      釣りフェスティバル2020横浜・ハピソンブースで電動ライン巻き取り器として取材した「電動ラインワインダー」が2020年6月いよいよ発売される。 リールとスプールの両方向巻き取り...

    ハピソンガールの集魚灯フィッシング!石巻雄勝漁港

    ハピソンガールのみなせちわちゃん、橘明奈ちゃんがハピソン新製品「高輝度LED投光型集魚灯」を持って石巻の雄勝漁港へ釣行。夕方から集魚灯を照らしてサビキ釣りやアジング&メバリングを楽...

    堤防上から照らせる!「高輝度LED投光型集魚灯」

    「高輝度LED投光型集魚灯」(ハピソン) 持ち運び簡単で手軽に灯火ポイントを作れる! 夜釣りで常夜灯の無い場所でも灯火ポイントを作れる集魚灯。ハピソンより簡単に持ち運びができ、堤防...

    こちらの記事もおすすめ

  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー