釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!
  • 光と音で攻略する夜の堤防ライトゲーム

    編集部 2020年11月20日 更新

    宮城県牡鹿半島周辺漁港の夜のライトゲーム釣行記。メタルジグやワームを駆使して、メバル、ソイの根魚やアジ、サバ、イワシなどを狙った。

    ※堤防釣りのルール、マナーにご注意を!

    石巻・牡鹿半島周辺のライトゲームでメバル、ソイなどを狙う

    岸壁、堤防のナイトゲーム。ルミカサポートアングラーの仲村勇人さんがライトタックルを使用し、メバリング、ソイングなどで五目のターゲットを狙った。

    夜のライトゲームはこれから冬場にかけても楽しめる貴重な釣り物。釣行は仕事が終わったあとの夜の時間帯。天気予報とにらめっこして、風の穏やかな11月12日の夜に石巻市、女川町の牡鹿半島周辺漁港へ繰り出した。

    牡鹿半島一帯にはこういった常夜灯のある漁港が多い。灯火のある岸壁は魚の寄りもよく、釣りもしやすい

    ライトゲーム用メタルジグ「メタルジャッカーMicro」

    メインで使用したルアーがライトゲーム用のメタルジグである「メタルジャッカーマイクロ」。5g、7g、10gの3サイズがあり、発光体「ちもとホタル」を脱着できる貫通穴(スリット)を装備するのが特長。スリットにちもとホタルを入れれば発光体の光で集魚でき、ラトルスティックに入れ替えればラトル音でアピールできる。

    スリットに何も装着しないノーマル状態ではスリットの穴が乱水流を生み、波動でアピール可能。昼夜問わず高い実釣力を発揮する。まずはこのノーマル状態からスタート!

    メタルジャッカーマイクロのアクション方法だが、スリットに何も入れない状態のタダ巻きでも貫通穴を通る水流がイレギュラーアクションを生んでアピール。光の境目や岸壁際などを幅広く探る。

    タダ巻きで反応が無い場合、カーブフォールから止めを入れてのヒラ打ちアクションで見せたり、細かいトゥイッチングを入れることでバイトを誘える場合がある。

    「メタルジャッカーMicro」+集魚ライト「ちもとホタル」発光チューン

    続いて、発光体の「ちもとホタル」をメタルジャッカーマイクロにセットするだけの発光チューン。

    「ちもとホタル」をプチっと発光させてスリット部分に装着すると、光の集魚効果でバイトを誘うことができる。

    ちもとホタルチューンは常夜灯のあるポイントでは、遠くの光の境目あたりを狙うと効果的。全く灯りのないポイントで使ってみるのもあり。

    アクションはタダ巻きでもいいし、たまにトゥイッチングを入れて魚を誘ってみるのも◎

    「ちもとホタル」(ルミカショップ)
    世界最小の化学発光体!メタルジャッカーマイクロに装着するほか、ルアーフックなどにも装着してフッキング率を高めることのできるアイテム

     

    ちもとホタルを装着して光らせた状態のメタルジャッカーMicro  

    ちもとホタルチューンで過去にキャッチしたムラソイ  

    こちらも以前にキャッチしたメバル  

    マイクロゲームではイワシが反応してくることも!

    「メタルジャッカーMicro」+「ラトルスティック」ラトルチューン

    続いてはシャラシャラと音で誘うラトルチューン。メタルジャッカーマイクロには専用品は無いものの、「Xtrada ラトルスティック」を簡単に加工して使用することが可能。そのままではスリット部に入らないので、仲村さんはライターで炙るなどして入るようにしている。

    ロッドアクションでシェイクを入れることでシャラシャラと音を立ててアピール可能。常夜灯のある魚が集まっているポイントで狙い、特にベイトがいて食い気の上がっている時などに強い集魚効果を発揮する。

    「Xtrada ラトルスティック」(ルミカショップ)
    ソフトルアーに差し込んだり、ケミホルダーでルアーに装着できるアイテム。メタルジャッカーマイクロには端をカットして装着

    仲村さんがチューンしたラトルスティック。スクリューを少しカットしてスリットの幅に合わせるだけでOK

    ラトルチューンでメバルをキャッチ

    アジやサバなども。魚が居て活性があればラトルチューンは万能性がある

    イカ型ワーム「プニイカ」で渋いメバルをキャッチ

    急な水温低下のためか?激シブな状況。アタリはあっても食いが悪い。ここでメタルジャッカーマイクロのフォローベイトとしてイカ型ワームの「プニイカ」を投入することに。

    52mmのプニイカをキャストすると、小さいアタリがあるが、なかなかフッキングしない。メバルのサイズも小さいようだが、集中的にレンジを狙いタダ巻き中にヒット!

    「プニイカ」(ルミカショップ)
    イカ臭エキスを大量配合した、生エサ感覚ベイト。渋い状況に抜群の効力を発揮!

    反応があるものの、渋い状況。リアルエサ系プニイカを投入したところ数投でキャッチ!

    イカ臭エキスを配合したリアルエサ系のプニイカが実釣力をみせた

    プニイカは比重が軽めなので、フォール中のカウントダウンは長めにすると良い。こちらのプニイカはケミホタル25サイズに対応するので、ケミホタル類やルミコをセットして光るイカにして使用することもできる。  

    「ルアーライト」(ルミカショップ)
    ケミホタル類に比べ発光時間が短いが光が強く、短時間のゲームフィッシングに向く発光体。25サイズ、37サイズがあり

    漁港内の防波堤周りなども探るが、状況がよくないため大きく場所を移動することに

    場所を移動して再びメタルジャッカーMicro投入

    潮止まり付近からスタートし、そろそろ潮も動き始める時間帯。場所を大きく移動して、明るい岸壁に移動。

    こちらも取材前の釣行でメバルの実績があるポイント。再びメタルジャッカーマイクロに戻して狙ってみる。

    メタルジャッカーマイクロ5gのアカキンにきたのはセイゴ(スズキの幼魚)

    カラーをブルピンにチェンジしてみるが、またまたセイゴ

    ソイやマゴチには「メタルジャッカー」や「プニイカX-WING」

    移動したポイントはセイゴが元気すぎてメバルより先に食いついてしまう状況。時間も時間だけに大きく移動はできないので、最後は近場でコチやソイを狙ってみることに。

    タックルをライトなものからフラット用にチェンジ。「プニイカ」シリーズの大サイズ版「プニイカX-WING」のビフテキリグを実績ポイントに投入。マゴチらしい魚をヒットさせたものの、残念ながらバラしてタイムアップになってしまった。

    「プニイカ X-WING」(ルミカショップ)
    激臭イカエキス配合のイカ型ワーム。オフセットフックを使用したテキサスリグやジグヘッドリグでも使用可能

    マゴチらしいバイトを乗せるところまでいったが、残念ながらキャッチならず・・

    今季、メタルジャッカーのブルピンスラッシュでキャッチしたマゴチ

    こちらはメタルジャッカー30gコットンキャンディーにラトルスティックを装着して釣り上げたマゴチ

    「メタルジャッカー」(ルミカショップ)
    ラトルスリットにラトルスティック25やケミホタル25を装着して集魚できる万能なメタルジグ。青物シリーズのほかにタチウオカラーもあり!

    メバル、ソイの根魚やアジ、イワシ、サバ、マゴチなどフラットフィッシュにも有効なメタルジャッカーシリーズとプニイカシリーズ。ケミホタル類、ラトルスティック類とあわせて活用してみていただきたい。

    【使用タックル】
    ・ロッド:7.3フィート、7.8フィート(感度重視のソリッドタイプと不意な大物にもも対応できるチューブラータイプ)
    ・リール:2000番、2500番
    ・メインライン:PE0.3号、0.4号
    ・リーダー:1号、1.5号

    ◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!


    YouTubeチャンネル登録もお願いします!

     

    ルミカ(日本化学発光) A20213 Xtradaラトルスティック ケミチューン
    ルミカ(日本化学発光) A20214 Xtradaラトルスティック ミニ

    ※取材協力/ルミカ
    ※解説/仲村勇人

    関連記事

    ルミカ「メタルジャッカー」2020年全色リニューアル!

      ラトルスティックとケミホタルを装着でき、光と音でアピールできるルミカの「メタルジャッカー」がリニューアル。釣りフェスティバル横浜より、ルミカスタッフの長濱航大さんに紹介してもら...

    タイラバにイカ型ワームが融合した「プニラバ」ルミカ

      鯛ラバにイカ型ワームの「プニイカ」を組み合わせた「プニラバ」が新登場。釣りフェスティバル横浜・ルミカブースより同社スタッフの長濱航大さんに解説していただいた。   [adins...

    ルミカ METAL JACKER ラトルスティック→ケミホタル換装

    [adinserter name="202004WP記事内用"] 「Xtrada METAL JACKER」(ルミカ) ラトルで誘うか、光で誘うか? ボディ中央にケミホタル25がぴ...

    ケミホタルより明るい!ルミカ「ルアーライト」新発売

      「Xtradaルアーライト25/37」(ルミカ) メタルジャッカーに挿入できる高輝度発光体 ルミカXtradaシリーズに高輝度発光体の「ルアーライト」が登場。ルミカ発光体の25...

    ルミカ「神経絞めMEDIUM」中型魚用サイズが登場

    「エア抜き&ワイヤー神経絞めミディアム」(ルミカ) 中型のイナダ、マダイ、スズキなどに。エア抜きも可 長さ600mm、直径1.2mmの形状記憶ステンレスワイヤーを使用した神経絞め具...

    いろいろ狙えるルミカ「メタルジャッカー」活用術

    「2020ルミカ・サポーターアングラー募集キャンペーン」キャンペーン対象アイテム「メタルジャッカーシリーズ」のモニター釣果を紹介します。 「メタルジャッカー」、「メタルジャッカーS...

    こちらの記事もおすすめ

    • howto-image

      ジグで狙う三陸スルメイカ&ヤリイカ

      三陸沖で冬至スルメとヤリイカがベストシーズンを迎えている。岩手県の釜石と宮古の間に位置する大槌沖も例外ではなく、大型のスルメイカとヤリイカを狙うチャンス!「御箱崎釣具店・美嘉丸」で...
    • howto-image

      ヤリイカ/船

      【東北の魚種別攻略】 ヤリイカの船釣り ヤリイカ 秋~春にかけて、冬場がハイシーズンとなる船のヤリイカ釣りをガイド。三陸の夜ヤリイカ(エサ釣り)を中心に、最近人気のヤリイカジギング...
    • howto-image

      ナメタガレイ

      【東北の魚種別攻略】 ナメタガレイ(ババガレイ) ナメタガレイ 東北ではナメタガレイと呼ばれることが多いが、正式な和名はババガレイ。12~2月前後の「子持ち」の時季が最も価値が高く...
    • howto-image

      東北ロック

      【東北の魚種別攻略】 東北ロックフィッシュゲーム(根魚ルアー) ロックフィッシュ(アイナメ、ソイ) アイナメを中心にベッコウゾイ、クロソイ、ムラソイなどもターゲットに含めた東北のロ...
    • howto-image

      防波堤・堤防釣りシーズン!宮城の港湾岸壁・漁港釣り場まとめ

      ここでは宮城県の防波堤釣り場の記事をまとめてご紹介します!宮城県周辺の陸っぱりの釣りはゴールデンウィーク頃から投げ釣り、サビキ釣りともに盛期になります。 ※過去の記事のため取材時と...
    • howto-image

      仙台近郊~仙南 秋のハゼ&サビキ釣り場選(貞山公園、閖上港、鳥の海)

      漁港や防波堤は秋のハゼ釣りやサビキ釣りが楽しい季節。仙南エリアや仙台近郊の漁港や岸壁も復旧工事が進み、ファミリーアングラーや初心者にも安心しておすすめできる釣り場が増えてきました。...
  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー