HOWTO

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

[シーバス入門ガイド 4]日中やディープ攻略に欠かせない シーバス用バイブレーションプラグを解説

2016年3月3日配信 【HOWTO】 【編集部】

シーバスの初歩を東北の巨匠こと村岡博之さんが解説していくシリーズ。ここでは日中の河口域や水深のある堤防周りなどで有用なバイブレーションプラグについて教えてもらった。

遠投性に優れ、広範囲かつ広いレンジを探るのに向く

自重があり、遠投できるバイブレーションは広範囲を探るのに適し、日中の河川や河口の釣りで威力を発揮する。バイブレーションの名のとおり、タダ巻きで振動して波動でアピール。フルキャストからのリトリーブで十分釣りになるため扱いやすい。価格が比較的リーズナブルなのも人気。

また、重さがあって沈むため、水深のあるポイントでレンジ攻略にも向いている。岸壁、堤防などからでもカウントダウンで広いレンジをサーチ可能。フォールでバイトを誘うことができ、フォールアクションに力を入れたモデルもある。

平均的なバイブレーションのサイズは60㎜、20g前後。ウエイトは14g~28g、シーバスではだいたい1オンスくらいまでが中心。

商品により性質は多様なので、釣り場やシチュエーションに合わせ使い分けがマスト。シルエットの大小はベイトのサイズや魚の活性に合わせて選択。強振動、微振動と呼ばれる波動の大きさや、レンジキープ力などでも状況に対応できる。

上)「キールバイブ75」(エクリプス)キールにより低重心化。スローリトリーブでも強い波動を発してしっかりアクションする。
中)「コウメ60ブースター」(エクリプス×アイマ)スローでしっかりアピールする「imaコウメ60」のウエイトアップバージョン。
下)「鉄PAN Vib TP14」(ジャクソン)小型で遠投性に優れるメタルバイブ(金属製バイブ)

※解説/村岡博之