HOWTO

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

[シーバス入門ガイド 5] 港湾で使えるシーバス用ミノー選び

2016年3月4日配信 【HOWTO】 【編集部】

シーバスの初歩を東北の巨匠こと村岡博之さんが解説していくシリーズ。今回は港湾や河口、汽水などで使えるミノー編です。

アクション性に優れた10cm前後のシンキングミノーを使用

サーフなどに比べ比較的静かな内湾、港湾部では音の出るルアーは著しく釣果が落ちるケースがある。重心移動システムのウエイトの音なども良くないため、固定重心のシンキングミノーを中心に使用している。

サイズはベイトの大きさにもよるが、大体10cm前後。低速でもしっかり泳ぐ、アクション性に優れたものが向く。干満による流れの強い港湾や、河口から河川内では流れの中でもしっかり泳ぐタイプが活躍する。

上)「アスリート9S」(ジャクソン)基本性能に優れた9cmシンキングミノー。
中)「アストレイヤ99F-SR」(エクリプス)シャローより一枚下を攻められるセミシャローランナー。空力を考慮した独特なボディデザインも定評あり。
下)「月虫66(沈)」(ハルシオンシステム)66mmの小型ボディとウォブリングでタフな状況にも強い。流れにも強くリバーシーバスにも向いている

※解説/村岡博之

エクリプス(ECLIPSE)
サーチとフォローを両立するセミシャローランナー。
ハルシオンシステム
タフボディとブリブリアクションを継承。

関連記事

シーバスゲームとPEラインの話 [東北の巨匠・村岡博之のオライノLure論]

こちらの連載では東北の巨匠こと村岡博之さんが月1回のペースで東北、石巻周辺のルアーフィッシングを中心にいろいろな話題を取り上げていきます。 ※2016年7月掲載 今回はシーバスゲー...

旧北上川・追波川 真夏のリバーシーバス ~リベンジ編~

前回取材時は厳しいコンディションにオデコとなっていた千葉正博さん。その後も一人密かに釣行を重ね、バレーヒルの河野優さんとともにリベンジを敢行した。※2016年8月掲載の記事です。 ...

東北各地シーバス盛期!DAY&NIGHTで楽しめる秋田運河の鱸釣り

宮城・北上川水系や山形・最上川水系、新潟の阿武隈川、信濃川、秋田の米代川、雄物川、子吉川など各河川でシーバスの釣果が聞かれるようになり、河川・河口域のシーバスが好シーズンを迎えてい...