釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

追波湾タチウオ2022シーズンイン!津本式シリーズでドラゴン熟成

編集部 2022年8月23日 更新

2022年も本格的にシーズンを迎えた追波湾周辺の太刀魚をジギングとテンヤで実釣!釣ったタチウオはHapyson×津本式シリーズで完璧に処理し、密封パック器で熟成するまでの手順も紹介します。
※2022年8月取材記事です。



YouTubeチャンネル登録もお願いします!

?


ハピソンガールみなせちわちゃんとおがPコンビでタチウオ釣行

宮城・追波湾周辺でタチウオが本格的に釣れ始めたタイミングの2022年8月1日、雄勝港Groovyを取材してきた。ハピソンガールのみなせちわさんとハピソンプロスタッフのおがPの二人がジギング&テンヤで狙いました。

取材日は1週間ほど前からタチウオの釣況が安定してきたタイミング。連日出船している歌津・大隆丸の牧野船長から情報収集がてら、すぐ隣で釣らせてもらった。

雄勝港・遊漁船Groovy
タチウオシーズンに入った追波湾へ
ちわちゃん、おがPともにいつもお世話になっている大隆丸(牧野船長)の横で釣らせてもらった
ちわちゃんのジグに最初にヒットしたのは、約45cmのギガアジ!



ハピソン
ハピソン計測シリーズのこちらのグリップと、釣り計測アプリで計測!

ハピソンから光るテンヤ「LEDタチウオテンヤ」が新登場!

ハピソンより2022年9月発売予定なのが、「LEDタチウオテンヤ」。水中に入るとLED発光ユニットが自動的に赤色点滅し、光を好むタチウオにアピールするアイテム。水から上げてしばらくするとライトが消えるため、消し忘れて電池が消耗する心配もない。

「LEDタチウオテンヤ」(ハピソン)
本体カラーはイワシ、フルグロー、ゼブラ、パープルの4色。LEDはテストでタチウオに効果的だった赤色点滅を採用している
タチウオにイワシをかじられたおがP、アタリは多いがアワせられない場面が続いた
「スピードコントロール機能付ラインツイスター」は揺れる船上でもPEとリーダーのラインシステム構築が容易な補助アイテム。「タチウオはリーダーを切られたり、ガジガジに傷んでしまうことが多いのでとっても便利です」とちわちゃん


ハピソン
船に酔いやすいという人も、船上でラインシステムが組みやすくなります!

ちわちゃんがあっさり本命キャッチ

水深30m前後にベイトの反応があり、タチウオらしいアタリもあるのだが、おがP船長のテンヤはエサだけかじられたり、せっかく掛かっても途中で外れてしまったりとバラシが連発。タチウオはいるのだが、かなり食いは渋いようだった。

「おがPがバラすから、わたしがあっさり釣っちゃいます(笑)」と半分冗談で言いながらちわちゃんがテンヤを投入すると・・。

ジグを使っていたちわちゃんが「LEDタチウオテンヤ」にチェンジすると・・



ほどなくしてテンヤで太刀魚キャッチ!しかも指5~6本クラスの好サイズ

エサのイワシは外れてしまったが、グローのLEDタチウオテンヤにヒットしてきた

船上で血抜き、クーラーの氷水で冷やして持ち帰る

今回、釣ったタチウオは津本式シリーズの血抜きポンプで究極の血抜き処理を行い、密封パック器でパックして熟成して食べる予定。船上で究極の血抜きとパックまでは難しいので、マルチハサミで脳締めと血抜きを行い、クーラーで冷やしながら港まで持ち帰った。

タチウオの場合、「計測マルチハサミ」でカンタンに脳締め~血抜きが可能
※詳しい方法は動画で!



Hapyson
魚の脳締めから捌き、内臓処理や料理まで何でもできるマルチハサミ。
大隆丸と情報交換をしながら、潮目の出ている場所などポイントを移動しながら探っていった

ジギング&テンヤ同時進行でタチウオを追加

追波湾のシーズン序盤はタチウオの群れがまだ安定せず釣果にもばらつきがあるものの、釣れれば大型に期待できる。実際、1本目は指5~6本級の良型だった。その後もメタルジグにチェンジしたちわちゃんにタチウオがヒット。テンヤを使うおがPは引き続き苦戦中・・。

ちわちゃんは歴戦を生き残ったエースジグにチェンジ
タチウオより少し上のレンジに濃い反応。「最近ブリ級も回遊している」とのことでレンジを上げてみたものの、釣れてきたのはサバ。秋の青物シーズンも間もなく盛期!

ちわちゃんジグでタチウオ追加

あまりの不調に、「今日はもう船頭に専念します」とまで言いかけたおがP船長だったが、ちわちゃんが好調に連発するのを見て、もう一度LEDタチウオテンヤにチャレンジ!そしてちわちゃんがジグでタチウオを上げた直後、おがPがようやくタチウオを釣り上げダブルヒット!

ちわちゃんより少しサイズは小さいものの、苦労の末に掛けたうれしい1本

タチウオ版:津本式究極の血抜き~密封パック器で熟成するまで

この後の予定もあったため、2人ともタチウオを釣ったところで早めに帰港。ちわちゃんが釣った本日最大のタチウオを津本式の究極の血抜き術に従って処理した。

釣ったタチウオはすでに船上で脳締め、血抜きまでしてあったので、陸に上がってからは「津本式血抜きポンプ」で血抜き処理をするだけ。今回は撮影のために岸壁でやっているが、「立てかけ」の作業もあるので涼しい室内で行うのがベターだ。

タチウオの場合、血抜きポンプで処理するのは腎臓(通称で血合いと呼ばれる)部分。魚体が細長いので、エラブタ付近の中骨から肛門付近までと、肛門の後ろから尾の付け根まで、2段階に分けて血抜きを行うのがポイントだ(詳しくは動画をご覧ください)

血抜きが終わったら、「津本式密封パック器」で熟成の処理。ハピソン純正「密封パック器用・抗菌ロール袋」は指5本クラスのタチウオを半分に切って、2本並べて入れられるサイズ。抗菌仕様なので長時間熟成したり、釣果を配る時も安心だ。熟成は乾燥した冷蔵庫などではなく、クーラーボックスに氷水を入れて寝かせるのが正解。

津本式シリーズでいろいろな釣果を美味しく処理して、あなたのフィッシングライフをさらに充実したものにしていただきたい。

タチウオ密封パック完成。この後、氷水を入れたクーラーボックスにて保管・熟成

ハピソン
噴射に使う水用ボトルはペットボトルを予備として使用可能!

ハピソン
魚体や切り身から、お肉など家庭での使用にも幅広く活躍!


ハピソン
長期の熟成などにも安心して使用できる、抗菌仕様の津本式密封パック器純正ロール袋。

◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材協力/ハピソン


[AmazonでHapysonを検索]

関連カテゴリ

関連記事

電動ジギングで女子もラクラク!歌津沖タチウオ

宮城出身のハピソンガール みなせちわちゃんが昨秋(釣行記)に続き、歌津大隆丸のタチウオジギングに挑戦!今季は2020年9月発売の新製品「電動リール用バッテリーコンパクト(ハピソン)...

Hapyson集魚灯&ライトを駆使して楽しむ!牡鹿半島の堤防夜釣り

ハピソンのアジングライト(投光型集魚灯)を手にハピソンガールのみなせちわさんとハピソンプロスタッフ尾形慶紀さん(以下おがP)が石巻牡鹿半島の某漁港に釣行!集魚灯を使った堤防夜釣りで...

HapysonエアーポンプミクロYH-735Cリミテッドカラー レッド、ブルー、シルバー登場

「HapysonエアーポンプミクロYH-735C リミテッドカラー」(ハピソン) レッド、ブルー、シルバー7月発売限定品! ミクロ泡効果で釣った魚や活きエサの状態を長時間保てるハピ...

Hapyson密封パック器で釣果をおいしく保存!熟成魚食べくらべ釣行

ハピソン×津本式シリーズ第3段として「密封パック器」が2021年12月新たに発売される。血抜き処理した魚を脱気保存でき、最近人気の「熟成魚」にも適したアイテム。今回はハピソンガール...

ハピソンガールのラグビー泳がせ&ジギング五目FISHING

宮城出身のハピソンガール・みなせちわちゃんとその相方、橘明奈ちゃんが石巻市の雄勝湾で泳がせ釣りに挑戦!湾内の岸壁でエサになる小魚を釣り、泳がせ釣りで大型魚を狙ってみました。 You...

ハピソンガールの集魚灯フィッシング!石巻雄勝漁港

ハピソンガールのみなせちわちゃん、橘明奈ちゃんがハピソン新製品「高輝度LED投光型集魚灯」を持って石巻の雄勝漁港へ釣行。夕方から集魚灯を照らしてサビキ釣りやアジング&メバリングを楽...