釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!
  • Hapyson集魚灯&ライトを駆使して楽しむ!牡鹿半島の堤防夜釣り

    編集部 2022年7月1日 更新

    ハピソンのアジングライト(投光型集魚灯)を手にハピソンガールのみなせちわさんとハピソンプロスタッフ尾形慶紀さん(以下おがP)が石巻牡鹿半島の某漁港に釣行!集魚灯を使った堤防夜釣りでサビキ釣りやライトゲーム、シャコの探り釣りなどを楽しみました。



    YouTubeチャンネル登録もお願いします!

    ?


    「アジングライト(高輝度LED投光型集魚灯)」を設置し魚を集める

    取材を行ったのは2022年6月下旬。石巻市牡鹿半島の漁港に夕方から入り、暗くなり始めるとともに釣りを開始した。

    ちわちゃん、尾形さんの2人は以前に雄勝漁港の取材でも使ったハピソンの「アジングライト(高輝度LED投光型集魚灯)」を今回も用意。光の集魚効果に期待しつつ、旬のシャコ釣りなど色々な釣りを楽しんでしまおうという計画だ。

    釣り場に着いたらまずはアジングライトでポイント作り!
    投光型集魚灯・アジングライト」(ハピソン)
    防波堤のキワに設置するだけカンタン仕様の集魚ライト。ポイントに合わせ角度調整が可能で、光の無い場所でも明暗の境界が作れてしまう
    魚を寄せる効果が大きいと言われる波長500nmの青緑光。集魚灯としてはこちらのカラーをメインで使うことになる
    LED光源の青緑色と電球色を切り替えでき、通常のライトとして使うときは普通色の方が快適かも
    このように夜釣りなどで普通のライトとしても重宝する

    充電式ランタン」(ハピソン)
    3段階の明るさ切り替え機能が付いた充電式のランタン。USB出力端子があるのでバッテリーとしても◎


    ハピソン
    カンタンに持ち運べて置くだけの置き型集魚ライト!


    ハピソン
    クルマの荷室のライトとしてや、充電バッテリーとしても活躍!

    光にプランクトン等が集まり そこにイワシやアジなどの小魚が寄ってくる

    「アジングライト」の青緑光はアジ、イワシなどの魚類が最もよく反応するといわれる波長500nm前後のカラーで集魚効果が抜群!人の目でははっきり確認できない所まで光は届いていて、光を好むプランクトン類などのエサが多く集まり、そこに小魚が寄ってくる。イワシなどが集まればシーバスや青物、ヒラメなどのフィッシュイーターを狙えるチャンス!

    こちらは別の日に同じ場所でアジングライトを使用した時の画像。イワシの群れが集まり、水面付近のプランクトンを捕食していた


    集魚灯に集まったイワシの様子

    魚が集まるまでの間にシャコの探り釣りを用意

    最初に投光型集魚灯を設置したら、小魚が集まってくるのを待つ間にシャコの探り釣りを準備。胴突きのシャコ釣り仕掛け(市販品)にアオイソメを餌にして、ライトタックルで狙った。

    シャコ狙いは基本的に置き竿の釣り。アタリが出てもすぐにアワせずじっくり待って食い込ませる。前回釣行時はおがPはヒトデやアナゴ、ドンコのみで、ちわちゃんだけにシャコが釣れたそうだ。

    この日はシャコが産卵期に入り渋くなってきたタイミングと重なったのか、かなり苦戦。竿先にぴくぴくとアタリがあっても途中でバラしたり、鉛筆アナゴが多いのか?シャコ釣り仕掛けがぐちゃぐちゃになって上がってくるケースもあった。

    [関連]魚種別攻略法・シャコ釣り

    置き竿にして竿先の反応をチェック!ちわちゃんの場合、アタリがあってからタイマーで5、6分待ってから上げるとキャッチ率が高いそうだ
    ていぼう日誌コラボライフジャケット着用中のおがPに釣れてきたのはドンコ!


    ハピソン
    Groovyでも貸し出し用として使っている、ハピソン×放課後ていぼう日誌コラボ商品のライフジャケット!
    釣れた魚はハピソン×ていぼう日誌コラボクリアバケツと新色エアポンプで活かして観察した(あとでリリース)

    釣った魚やシャコを活かす!Hapysonエアポンプに限定色が登場

    釣った魚はハピソンと放課後ていぼう日誌がコラボしたクリアバケツでしばらく活かしておいた。シャコは自己消化酵素を多く含み、死んでしまうと自身の酵素で身が溶けてしまうため、調理する直前まで活かしておく必要がありバケツとエアポンプの用意は必須!また、このクリアバケツは中がよくみえるので子供たちと釣った魚を観察した後に逃がしたい時にもおすすめだ。



    ハピソン
    魚を観察しやすい透明色の水くみバケツ!

    2022年7月発売の新商品が「乾電池式エアーポンプミクロ METALLIC COLOR」。赤、青、銀の3色の限定カラーで、鮮やかな色合いで目立つこと間違いなし。ミクロの泡を発生するセラミックストーンを標準搭載しており、溶存酸素を良好な状態に保って魚を元気に活かしておくことができる。

    乾電池式エアーポンプミクロ METALLIC COLOR」(ハピソン)
    メタリックブルー、メタリックレッド、メタリックシルバー3色、多孔質セラミックストーン付属


    ハピソン
    メタリックレッド、ブルーとシルバーの3色が登場!

    集魚灯の周りでサビキ仕掛けを落としてみるちわちゃん(コマセは使わず集魚灯だけ)

    この日はイワシが不在・・かわりにサビキで釣れたのはメバル


    サビキ釣りをスタート!

    シャコ狙いの竿を置き竿にして、集魚灯の周りに集まった魚を狙ってみることに。ちわちゃんはサビキ仕掛けを用意。ちょっと前までイワシの群れが入っていたのだが、雨や時化の影響かこの日はイワシの姿は無いようだった。

    イワシの魚影が無いためどうなのか?と思われたが、釣れてきたのはメバル。「光の下に落として、ふわんふわんと誘っていたらきました」

    メバルは底から少し浮いているようで、サビキ仕掛けの上の方のハリに連続して釣れてきた

    おがP自身初のシャコエビGET!

    シャコ釣りの置き竿の方は竿先にアタリらしき反応はあるもののエサを盗られるばかり。諦めかけた頃、「釣れているのか、いないのか?シャコを釣ったことがわからない・・」と言いながら上げてきたおがPの竿にミニマムシャコがヒット!これまでちわちゃんだけに釣られていたので、おがPとしては自身初のシャコ釣果だった。

    「こんなサイズみたことないかも?」というほどの小型サイズですが、シャコはシャコ(小さいので食べずに逃がしてあげました)
    集魚灯の周りでメバルが釣れているので、おがPもメバリングで狙ってみることに

    メバリングは集魚灯の光の明暗部を攻める

    おがPはメバリングでメバルをキャッチ!小型ワームのダウンショットリグをちょっと先にキャストして手前に引いてくると、光の明暗部にさしかかったところで食ってきた。「集魚灯の光は岸壁から斜めに入っているので、この光の明暗のすぐ下を狙うためダウンショットの下を70cmくらい取って狙ってみました」

    尾形さんがワームで釣り上げたメバル
    集魚灯の光のイメージ(ハピソンHPより)
    このように投光型集魚灯の周囲の広い範囲に光の明暗が出来、暗いゾーンから明るいところのエサを捕食している魚を狙った
    ライトゲーム用ラインツイスター」(ハピソン)
    PE.01~0.8号用のラインツイスター。夜釣りの暗い中でラインシステムを組むのは大変!暗い中でも安定したラインシステム構築を可能にする便利アイテム


    ハピソン
    34とのコラボによるライトゲーム専用仕様の自動ライン結び器!

    釣った魚は観察した後 元気な状態で逃がしてあげた

    というわけで、シャコは1尾のみでしたがメバルを釣ったりして夜釣りを楽しみました。釣ったあと活かしておいた魚はエアポンプのおかげで最後まで元気なまま海に返すことができました。

    梅雨も明けてしばらく暑い真夏の季節が続きます。日中は暑い日でも比較的熱中症の心配なく可能な夜釣り。シャコ釣りはそろそろシーズン終わりになりますが、サビキの小魚や夏イカ、太刀魚などなど色々な夜釣りのターゲットを狙って釣行してみてはいかがでしょうか?

    ◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

    ※2022年6月に取材しました。
    ※取材協力/ハピソン



    関連記事

    Hapyson密封パック器で釣果をおいしく保存!熟成魚食べくらべ釣行

    ハピソン×津本式シリーズ第3段として「密封パック器」が2021年12月新たに発売される。血抜き処理した魚を脱気保存でき、最近人気の「熟成魚」にも適したアイテム。今回はハピソンガール...

    ハピソンガールのラグビー泳がせ&ジギング五目FISHING

    宮城出身のハピソンガール・みなせちわちゃんとその相方、橘明奈ちゃんが石巻市の雄勝湾で泳がせ釣りに挑戦!湾内の岸壁でエサになる小魚を釣り、泳がせ釣りで大型魚を狙ってみました。 You...

    ハピソンガールの集魚灯フィッシング!石巻雄勝漁港

    ハピソンガールのみなせちわちゃん、橘明奈ちゃんがハピソン新製品「高輝度LED投光型集魚灯」を持って石巻の雄勝漁港へ釣行。夕方から集魚灯を照らしてサビキ釣りやアジング&メバリングを楽...

    電動ジギングで女子もラクラク!歌津沖タチウオ

    宮城出身のハピソンガール みなせちわちゃんが昨秋(釣行記)に続き、歌津大隆丸のタチウオジギングに挑戦!今季は2020年9月発売の新製品「電動リール用バッテリーコンパクト(ハピソン)...

    腰に巻けるバッテリー「リチウムイオンバッテリー7.0」

      「リチウムイオンバッテリー7.0」(ハピソン) 腰に巻けるベルト付きバッテリー 高出力バッテリーにベルト付きで、腰に装着して自由に動くことができるジギング用バッテリー...

    春の歌津沖 電動で楽々メバルサビキ&ジギングリレー

    宮城県出身のハピソンガールみなせちわちゃんが南三陸の歌津沖に釣行。新製品のリチウムイオンバッテリーを使用して、船メバルと電動ジギング(スローピッチ)に挑戦しました! 目次 歌津沖の...

    こちらの記事もおすすめ

  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー