釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

山形・庄内沖 夏の夜にディープなバチコン

冨樫修 2022年8月26日 更新

山形の冨樫修さんより夜のバチコンアジング(バーチカルコンタクト)の釣行レポートが届きました!
※2022年8月掲載。

こんにちは!山形県在住の冨樫修です。

2022年8月上旬。日中の最高気温が35℃に迫る猛烈な暑さが続く中、日が暮れてからの涼を求めて、山形県鶴岡市・鼠ヶ関港の丸石丸さんにお世話になり、友人3名とのバチコンアジングの様子をリポートします。

18:30に出船

ポイントは、港からほど近い水深50m前後の砂地エリア。
シーアンカーを下し、じっくりと狙うスタイル。

狙いはボトム付近を回遊する30cmを超える大型アジですが、表層から中層に陣取る40cm級の大サバをいかに回避できるか、が今回のキーポイントでした。

鶴岡沖バチコンのタックルを紹介

今回はバーチカルコンタクト(通称バチコン)と呼ばれる、比較的深場にいるアジを狙うスタイルです。
東京湾などでは水深20〜40m前後がメインとなるライトなバチコンが一般的ですが、庄内沖では水深50〜100mにも及ぶこともあり、やや強めのタックルセッティングが必要です。

リールは水深がわかるデジタルカウンター付きがオススメです。
ラインはPEの0.6号もしくは0.8号。
リーダーはフロロカーボンの3号が標準ですが、大サバが回遊している時は4号があると安心です。

2段仕掛けにした0.3gのジグヘッドに2〜3インチほどのワームをセット。
ジグヘッドは特大アジにも耐えうる太軸タイプがマストとなります。

船長のアドバイスによるとワームがずれにくいように、ジグヘッドとワームのヘッド部分を瞬間接着剤で固定すると◎。ボトム付近でミスバイトがあった際に、ワームがずれないことで次のバイトを逃しません。



アブ・ガルシア
アブガルシア初のデジタルカウンター搭載リール。

陽が落ちて集魚灯を点けると色々な魚が集まり始めた

日暮れ直後から魚探に反応があり、同船者が幸先よく良型のアジをGET!

周囲が暗闇に包まれてからは、丸石丸自慢の集魚灯が点灯!
さまざまな小魚が光に誘われて集まり始め、次第にそれらを狙うサバ・シイラも姿を見せ始める幻想的かつ活気あふれる状況に…。

今回のメインターゲットであるアジを狙うには、こうしたサバ・シイラの包囲網をすり抜け、アジがいる底層に到達して誘うことが非常に重要です。

そのポイントは大きく2つあります。

①仕掛けはできるだけ静かに投入し、音や泡を立てないようにすること。
②着底後にワームを動かして誘う際も、大きく動かし過ぎないこと。

上記2点に共通することは、好奇心旺盛で異変を察知する能力に優れた大型のサバに気づかれないように意識するということです。

ボトム付近のアジは、意外にもゆっくりと漂うようなアクションでもしっかりと口を使ってくれるため、ややアピールが足りないかな?というくらいに弱々しくロッドを上げ下げして誘うアクションを意識しました。

この夏の時期に庄内沖に回ってくるアジは産卵期ということもあり、バイトはやや小さめ。
30cmを超える大型の割には、ひったくるようなアタリはほとんどなく、まるで漁港で豆アジが食ったような「コッ」という繊細なアタリをフッキングしていくのがこの釣りの醍醐味の一つです。

他魚をかわしながら本命のアジに良型のマダイもヒット!

水深50m付近を丹念に探り1匹目のアジがHIT!(筆者)

ジグヘッドを2段になるようにセットしているため、上下でワームの長さやシルエット・カラー・蓄光や匂いの有無などを変えて、その日その時間に最適な組み合わせを探し出していくのが面白さの一つです。同船者がいると、お互いに情報交換ができて良いですね!

同行の友人に、なんと良型マダイがHIT!
まさかの大物登場に船中大盛り上がりでしたw

時間の経過とともにアジの群れ(タナ)が変化するのも、ナイトアジングの特徴です。
この1匹はボトムから10mほどゆっくり誘い上げながら釣れた37cmの良型(筆者)

その後も30センチ越えの良型アジが釣れ続け、実釣4時間ほどで大型クーラーが満タンの釣果

これから秋にかけて水温が低下すると、さらに活性の高いアジを狙えるチャンスがやってきます。40cmオーバーのギガアジも夢ではない、ディープな山形のアジングにぜひトライしてみてくださいね!

私のYouTube&Instagramにも釣果を更新していきますので、ぜひいいね!やフォロー・チャンネル登録をお願いします!

庄内の海の恵みをおいしく頂く

アジのお刺身
アジフライ
サバの味噌煮
サバカレー

この時期のアジ・サバは脂は乗っていないものの、筋肉質でしっかりとした身肉で個人的には大好きなんです!
アジなら刺身はもちろん、アジフライにするとふわっとした絶品!
サバは塩焼きや味噌煮・焼いた身をスパイスカレーに入れるサバカレーもオススメです。

[遊漁船紹介]鼠ヶ関港:丸石丸(佐々木学船長)

◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

PROFILE:冨樫 修

1985年生まれ。山形県鶴岡市出身/在住。大学卒業後に大手アウトドアショップWILD-1で店舗運営を経験後、現在は鶴岡市のベンチャー企業に勤務しながら、庄内地方の釣りの魅力を発信する「Fishing Samurai」を立ち上げた。
Fishing Samurai – YouTube
冨樫修(@fishingsamurai36)Instagram

 

※取材、テキスト/冨樫修

関連カテゴリ

関連記事

離島は岸壁アジングパラダイス!山形飛島1泊2日釣行

山形県酒田市の離島「飛島」を1泊2日で取材してきた。フェリー発着港の周り一帯アジだらけのアジングパラダイス!狙う人もあまりいないので自由自在にアジングを楽しめる。シーズンによって3...

東北ロックフィッシュ盛期をエンジョイ!PFJ塩釜ボートロック釣行会

ロックフィッシュ盛期の松島湾周辺でボートロック!11月下旬に入り、すでにスポーニング期はアフターに入り始めるタイミングだが、前日まで大荒れで濁りの入る難条件。そんな中、ピュア・フィ...

雄勝湾バチコン ギガアジ&メバル爆釣!バチコンの基本も解説

ベイトブレススタッフによる雄勝湾テスト釣行の後編はバチコンに挑戦!日中バチコンアジング~夕マヅメは同じタックルでメバルなど根魚を狙って釣行した。 [関連釣行記]ベイトブレス雄勝湾テ...

初夏の離島 シーバス&ロック&フラット!ソフトルアー五目

初夏の釣り盛期を迎えている宮城の離島、田代島・網地島エリアを舞台としたボートゲームをレポート!上州屋新石巻店オリジナル限定カラー(レッド/シルバー・マンゴー/レッド)の「ETシャッ...

軽量、高感度 バチコンゲームロッド「ラグゼ VCチューン」

「ラグゼ ブイシーチューン」(がまかつ) トレカ(R)T1100G採用 軽量バランス設計を実現     ブランクス全層に東レの炭素素材トレカ(R)T1100Gを採用したバーチカルコ...

BaitBreathアジ&メバリング用ジグヘッド「パインヘッド」4月発売

「PINE HEAD(パインヘッド)」(ベイトブレス) アジ、メバルなどライトゲーム用タングステン製ジグヘッド 2021年末の雄勝沖バチコン取材時にテストしていたベイトブレスのタン...