釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

大型クロソイ高実績!宮古港周辺のナイトボートロック

佐々木 健太郎 2022年11月23日 更新

岩手県宮古市のピュア・フィッシング・ジャパンフィールドスタッフ佐々木健太郎さんより、ナイトボートロックの釣行レポートが届きました!秋のロックフィッシュ好季、最近絶好調という良型のクロソイが連発!!
(2022年10月掲載)



最近好調の大型クロソイ狙いで岩手県宮古港から出船!

宮古市で遊漁船を始めたこうしん丸さんにお邪魔してきました。
ここ数日大型クロソイの実績があるとのことで、クロソイが大好きな私は早速予約。

当日は凪もよくお目当てのポイントまで行けるとのこと。
“釣りは準備が8割”という諺があるように(あったっけ?)ラインも新品に巻き替え挑みました。

到着したのは宮古湾内の消波ブロック帯に岩礁が絡むエリア。
当日は右舷側が消波ブロック、左舷側が根周り。といった流し方です。
まずは根周りにあるブレイクラインであろうスポットへ「パワーウィグラー4inch」「スイベルシンカー5g」フリーリグをキャスト。

水深は10m程で、地形を把握しながら探っているとカーブフォール中に「カンっ!」とバイト!

「まだ一投目ですけどー!?」と思いながらフッキングをすると重々しいファイト!
いきなり出ました!46cmの良型クロソイ!

一投で満足。すでに賢者モードです笑

一投目で釣れたクロソイ

1投で良型キャッチ!その後もナイスなクロソイが続いた

そのすぐ後にヒットさせたのはメバル名人のイッセイくん。

「ガルプ!ソルトウォーター クラビー2inch」のフリーリグで良型メバル!
彼は高校三年生ながらなかなかの釣りバカ笑
将来が楽しみな有望株です。

宮古湾のメバルはアベレージサイズが大きく、尺越えもよくヒットするそうです。

さらにスピニングタックルにジグヘッド主体で消波ブロック帯を探っていたリョウくんにヒット。
ドラグを鳴らしながら上がってきたのはジャスト50cmのクロソイ!
ボトム周辺をふわふわ漂わせるようなイメージで食わせたとのこと。
お見事でした!

こうしん丸さんではこれで3釣行連続50アップとのこと。

イッセイくんの26cmメバル

リョウくんの50cmクロソイ

クロソイに有効なアクションは?

クロソイはフォールバイトが多いのが特徴で基本的にはストラクチャーにサスペンドしており、ゆっくり落ちてくるものに対して好反応を示します。
また、イワシのようなベイトフィッシュに付いて、上を意識している場合はスイミングやルアーが浮上するアクションでも追いかけて食います。

どのくらいのスピードまで反応するかを見極め、シンカーウェイトやルアーをアジャストしていくといいでしょう。

消波ブロック帯を探るときに気を付けるのは根掛かり。
根掛かりが頻発すると場を荒らしてしまいますし、なにより自分のリズムが崩れてしまいます。
適正なタックルとリグを使用することで根掛かりを減らすことができます。

船内は照明もあるので安全に釣りができます

今回使用したタックル紹介

■ロッド
「エラディケーター ロックスイーパー71EXH DOUBLE SWORD」(アブ・ガルシア)

TAF製法100%カーボンの超高感度ロッド。強さと繊細さを兼ね備えたボートロックに特化したモデルです。
今回のような軽めのリグでも曲げて飛ばせますし、フロロカーボンを使用しても地形把握ができるほどの感度、大型のクロソイをしっかり浮かせるロッドパワー。
ボートロックをするには欠かせないロッドです。

■リール
「ZENON」(アブ・ガルシア)

アブガルシアのハイエンド機種。
スプールの回転性能もさることながら、ロングノーズ化してラインの放出角度がより直線に近くなっているので飛距離を稼げる機構になっています。
超高強度のブラスギアとピニオンサポート構造でかっちりした巻き感とタフさを兼ね備えた、ロックフィッシングに必要な飛距離・感度・剛性感どれをとっても納得のハイエンドモデルです。
大型のロックフィッシュにはビースト9がおすすめです。


アブ・ガルシア
ERSC-71EXHはボートから取り回しの良いレングス、操作性を追求!

アブ・ガルシア
ZENONギア比9.5:1のビースト9のL(レフトハンドル)

■ライン
「バニッシュレボリューション18Lb」(バークレイ)

最近はベイトリールにもPEで。という方が多かと思いますが、特にボートからのベイトタックルの推奨はフロロカーボンラインです。
理由は
1.近距離戦なので感度がそこまで落ちないこと。
2.リーダーを結ぶ時間が勿体ないこと。
3.フロロカーボンラインの比重が生きること

長くなるので要点だけ解説します。
1.太いフロロカーボンになればなるほど同じ力で引っ張った場合、太いフロロカーボンの方が伸びる比率は低い。よって16Lb以上のフロロカーボンでは感度はそこまで落ちない。
2.ストラクチャーにコンタクトさせる釣りなので、リーダーがどんどん短くなっていき交換が必要になってくる。
リーダーを結んでいるうちに時合いが過ぎるかもしれない。
3.潮馴染みがいいフロロカーボンはフリーリグとの相性がよく、10mラインの横の釣りを演出しやすい。
クロソイはフォールで反応すると書きましたが、垂直的なフォールではなくメインアクションはテンションをかけながらのカーブフォールであり、横の釣りの要素も必要である。

以上、ベイトタックルで【フロロカーボン】と【PEライン】を比較した場合、総合的にフロロカーボンの方にメリットが多いので私はフロロカーボンを使用しています。



バークレイ
高感度、低伸度、高耐久性を誇るフロロカーボンライン。

■シンカー
「スイベルシンカー」(バークレイ)

ストラクチャーのすり抜けが抜群で、小さい隙間へ入り込んでもスルッと抜けてくるストレスフリーなシンカーです。
一度使うと他のシンカーを使えなくなるほど快適なアイテム。今釣行も根掛かりロストゼロでした。

■ルアー
「パワーウィグラー4インチ」(バークレイ)

もともとはバス用のルアーですが、東北のロックフィッシュでも実績多数のスイムベイト。
大きめなテールから出る柔らかな波動は大型根魚に効きます。
大型を狙う時はルアーのボリュームが大切で、スローな釣りの際、太いラインの存在感を薄めるという役目もあります。



バークレイ
すり抜け性能に優れた細身のシンカー。今回のリグでは5gを使用!


バークレイ
クロソイにも高実績な4インチのシャッドテール!

後半もいい型のクロソイを追加し充実の釣果!

脱線しましたが、釣行記に戻ります。

その後はポツポツとマゾイやムラソイが上がっていましたが、またも大きそうなドラグ音が。先程ゴーマルクロソイをキャッチしたリョウくんがまたもやヒット。

ネットに収まったのは46cmのこれまた良型のクロソイ!
同じ釣り方、スポットでバイトしてきたとのこと。

リョウくんの46cm

何度か流し直し、潮止まり1時間前。
消波ブロック帯の根本にパワーウィグラー4inchを打ち込みます。

ボトムを取って2、3度目のカーブフォール中にスポッと口に入ったような当たり。ロッドで聞くと生命感があったのでフルフッキング。
ヒットと同時にクロソイと分かる地を這うファイト!一気に浮かせてキャッチ。
カッコいい47cmのクロソイ。

47cm
絶対にバレない掛かり方

そして潮止まりの時間となり終了となりました。

イメージ通りの釣り方でフックの掛かるポイントも理想的。まさにタックルのセッティングとこのエリアの釣り方がドンピシャにハマった日となりました。

こうしん丸さんではナイトボートロックは平日でも3人以上から出船してくれるようです。今回は6人チャーターでみんなで気を使い合いながらトモ〜ミヨシまで入れ替わりで釣りをしましたが、ストレスなく広く使えましたよ(トイレも完備)

クロソイは自然保護の為にオールリリースが出船条件だそうです。宮古湾は1月初旬までは安定してクロソイを狙えますので、是非50cmオーバーのクロソイを狙いに来てみてはいかがでしょうか。

こうしん丸ではナイトボートロックだけでなく日中のボートロックやジギング、カレイ釣り、ハモ釣り、その他なんでもリクエストに応じてくれます。出船時間の融通も効くので問い合わせみてくださいね。

今回乗船した遊漁船 宮古・こうしん丸のご案内

[こうしん丸料金プラン]
■ジギング、ロック、カレイ
定員6人6時間6000円(3人以上で出船)

■イカ釣り、夕マズメ〜ナイト磯ロック(デカクロ含む)
定員6人5時間6000円(3人以上で出船)

■平日ショート湾内ナイトロック、穴子
定員6人3時間3000円(3人以上で出船)

■平日ショートイカ釣り、磯ナイトロック(デカクロ含む)定員6人3時間4000円(3人以上で出船)

土日祝のショート便は午後便の予約が入った時、満船またはチャーター時のみ対応いたしまします。
2名でも出ますが、ショート1人6000円ショート以外は5時間1人8000円。
1人は対応してませんが、ご相談下さい!
時間は移動込みです!
午前5時〜12時の間
午後12時〜17時の間
夕マズメ〜ナイト16時〜22時の間
(季節により変動)

予約状況により釣行時間が重なりそうな場合は先に予約された方優先の調整が入る場合があります。

延長は昼1時間1000円、ナイト1500円

チャーター便 定員6人
昼6時間35,000円
夜5時間35,000円

湾内ショート17,000円
イカショート、ナイト磯ロックショート23,000円

7人以上は要相談。
※表記してある釣行時間は目安です。状況により早上がりとなる場合があります。

【ホームページはこちら】

第二こうしん丸
こうしん丸


こうしん丸出船場所

これまでの釣果
こうしん丸はトイレもあるので安心!
夜の船内の雰囲気はこんな感じ

◆記事に書けない裏話や質問への回答はweb版 無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材・テキスト/佐々木 健太郎
※取材協力/ピュア・フィッシング・ジャパン、こうしん丸(宮古)

関連カテゴリ

関連記事

三陸→青森平舘沖 マダイプチ遠征をレポート!

陸奥湾周辺のマダイが今季も好調だ。すでに産卵後のシーズンに入っているが、連日安定して釣れ続いている。盛岡や仙台、関東からも多くのアングラーが集まるマダイ天国の青森。三陸宮古の佐々木...

アブ・ガルシアのソルトロッド「Salty Stage Prototype」フルリニューアル!

AbuGarciaのソルトロッドシリーズ「ソルティーステージ」が10年ぶりに完全リニューアル!2021年秋よりジギング、ショアジギング、ライトショアジギング、マイクロショアジギング...

ハンター塩津×佐々木健太郎プロ 田代島磯ロック釣行

秋冬のロックフィッシュがハイシーズン!ハンター塩津こと塩津紀彦さんと佐々木健太郎さんが田代島に釣行。田代島といえば、猫とベッコウゾイ(タケノコメバル)。今年6月の取材では塩津さんが...

大型クロソイ狙い撃ち!根魚シューティングゲーム

宮古の佐々木健太郎さんがロックフィッシュのシューティングゲームを紹介します。今春は三陸沿岸にベイトのイワシが多く、ベイトを追って浮き気味になったクロソイをボートロックで狙い撃ち。2...

三陸ロックフィッシュ 初夏の磯&浜&漁港をランガン攻略

岩手沿岸のロックフィッシュゲームが初夏の適水温期を迎えている。今年の三陸沿岸はホンダワラ類などの藻の生長が順調でコンディションは良好。宮古市在住のピュアフィッシングジャパンフィール...

盛期の三陸ロックフィッシュ 今季の状況と攻略法

三陸ロックフィシュはスポーニング盛期からアフターのシーズンへ。宮古の佐々木健太郎さんに今季の釣れっぷりをレポートしていただきました。ちょっと難しさはあるものの、50UPも複数キャッ...