釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!
  • 追波湾タチウオジギング&テンヤ開幕宣言!

    編集部 2024年4月28日 更新

    宮城県追波湾のタチウオ釣りが昨年までより3か月ほども早く開幕!さっそく、ジギング&太刀魚テンヤの模様を取材してきました!
    ※2024年4月取材、掲載記事です。

    [PR]

    今季の高水温の影響?4月に太刀魚が釣れ始めた!

    例年、7月初旬頃からタチウオの釣果が聞こえてくる宮城県追波湾のタチウオ。昨年はそれより少し遅れた8月のお盆過ぎから開幕となっていた。そんな中、今季は4月よりタチウオの釣果が聞こえ始めた。調査による釣果ではあったが、日ムラはあるも数が釣れる日もあるらしい。暖冬の影響なのか、はたまた海流の影響なのか。今季は4月から開幕か⁉

    その様な状況下、名振漁港から出船する名勝丸の山根船長より「ここ連日、タチウオ調査しているんですが釣れていますね。多い人で10本以上は釣れています。そこにサゴシが多数混じっていて楽しいですよ」
    「数日前は協力船で船中20本以上は上がったみたいですし、その翌日は1人あたり12~13本ずつ釣れたようです。いよいよタチウオが開幕ですかね」とテンションの上がる連絡。

    そんな朗報をもらった数日後の4月中旬、フィッシュアロー、ケイドリームのフィールドスタッフくみちゃんが、今季初出船となる名勝丸のタチウオ乗合で実釣した。

    5時30分に名振漁港を出船。ポイント到着までタックルの準備
    湾口を出ると小八景島、八景島、モモドリ大島、ハテ島と連なる島々が見えてくる。日の出のタイミングにあたれば、その島々の隙間から顔を出す朝日が見られ、それはもう絶景

    名振漁港を出てすぐポイントの追波湾

    今回お世話になったのは宮城県雄勝町名振漁港の名勝丸。雄勝地区でも追波湾側の名振はポイントが目と鼻の先に位置しており10数分で湾口50mラインまで到着。魚探でベイトの反応を探しながらスタートフィッシングとなった。

    当日は河川からの濁りが入り水色は薄濁り、水温14.5℃。先日の前線通過の影響で今までまとまっていた大きな群れのベイトは散り気味、小さな群れがポツポツと点在する状況だった。

    開始から30分を経過したところでまだノーフィッシュ。コンディション的なことなのか、それともタチウオの活性が低いのか我慢の釣りが展開される。その間、何回か鋭い歯でリーダーやPEラインが切られる本命らしきアタリがあったことから、後はタイミング次第。期待に胸が膨らむ。

    名振漁港を出船し漁場まで10数分。この近さがとても魅力。ベイトの反応を見ながらポイント選定し50mラインでのスタートフィッシング
    ポイント移動を重ね大きなベイトの群れを発見。山根船長指示のタナに投入するとトモの常連さんに初ヒット。ボトムから5mあたりのレンジでガツンと渾身のアタリがあった。ファーストヒットはタチウオなのか熱い視線が注がれる
    上がってくるにつれ魚影が見えてきた。銀ピカで長~い魚影はタチウオだ。一同歓喜
    隣の常連さんにもヒット。フォールからのボトム付近のアクションが的中
    連続してのヒットに船上は大盛り上がり。ちなみにお二人ともパープル系のジグをセレクトしていた

    釣れ出せば連続ヒット!船中27本の好釣果

    魚探を見ながらポイントを移動しタチウオの反応を探る山根船長。やや大き目なベイトの群れに当たり、いざジグを投入。船長の指示はボトム付近。するとトモに居た常連さんがファーストヒット。タナはボトムから5mほどだった。徐々に上がってくると銀色に輝く長いシルエットが見えて、念願の本命をキャッチした。その後もヒットが続き船上は竿曲がりシーンの連続となりプチフィーバーへと突入した。

    当初は心配されていた釣果も蓋を開けてみればタチウオが船中27匹の釣果、その他サゴシ、サバ多数。前半戦にヒットが集中し後半はポツポツといった状況の中、多い人で10匹とタフ気味なコンディション下ながら、開幕を思わせる好釣果となった。


    くみちゃんにもアタリはあったものの、タチウオなのかサゴシなのか鋭い歯でリーダーやPEラインを切られ本命はオアズケ。ヒットレンジはボトム付近なのは分かっているものの、上層のサバの猛攻に苦戦中で思わず苦笑い
    「UROCOコラボ ブレードジグCOROJIG BLADE」(Fish Arrow)
    コンパクトで浮き上がりにくい形状のシルエットによりよく飛び、速巻きでも安定するブレードジグ。春のサワラ、サゴシ狙いにもぴったり

    フィッシュアロー
    青物、真鯛など様々なターゲットに効くブレードジグ!
     


    サバの猛攻を回避すべくルアーチェンジ。フィッシュアロー「フラッシュJスプリット5″」のワームテンヤ仕様で挑戦。昨年、自己新記録となる130cmを釣り上げただけに期待は大きい。ワームテンヤは生餌の使用に抵抗があるアングラーに人気がある他、冷凍イワシに比べてエサ保ちが良いのがメリット

    フィッシュアロー
    内蔵アルミホイルのフラッシングでアピール!タチウオ用も考慮して開発されたサイズ。
     


    ヒットレンジはボトム付近が熱かったものの、時間とともに少しバラツキが見られるようになった。ベイトの反応をみている船長から指示されたレンジまでフォール。すると、またしてもパタパタと連続のヒット。今度はサゴシとタチウオが姿を見せた

    タチウオの活性は好調をキープ。船上ではタチウオが乱舞するシーンが多く見られた

    名勝丸では常備されている各ロッドホルダーにジグホルダーが付いておりとても便利。タチウオジギングのジグにはフロント、アシストフックとフル装備のため安全にホールドしておくことが出来る
    中盤には一時的な降雨となり状況の変化からかタチウオのコンディションも停滞気味。ポイント移動を重ねて探り釣る

    雨雲が通過し青空が見え始めてきたタイミングでガツンと大きなアタリがあった。「これはサバじゃないよ絶対」とくみちゃんのテンションUP。時折、食い上げてくるのでバラしたのかもと不安をかかえながらも巻き上げると。くみちゃんにとって今季初釣果となる本命のタチウオが姿を現した。念願のタチウオに笑みがこぼれる



    タチウオのスイッチが入ったのかコンディション上々。船上では竿曲がりシーンの連続。イワシを餌にしたテンヤも好釣

    好機を逃さずくみちゃんもヒットに導く。ロッドが絞り込むように引き込まれ、先ほどより良型かとの期待が膨らむ。タチウオの食い上げに思わず「ほんとバレないで~」とくみちゃん。無事キャッチし満面の笑み

    宮城の太刀魚がいよいよ本格シーズンイン!

    タチウオジギング&テンヤは基本的に青物を狙うような激しいシャクリやアクションは不要のため、女性や初心者、ジュニアからシニアの方に至るまでチャレンジできる比較的敷居の低い釣法。もちろん上級者ともなればテクニックを駆使した合わせ技など高度な技術も必要となるが、まずはスローなワンピッチジャークやリフト&フォールが基本となり誰でも釣りが楽しめるのが魅力の一つだ。

    開幕とも言える追波湾のタチウオ。当日はF3~F4と控えめなサイズがアベレージとなったが、指6本、7本といったドラゴン級の実績ある当地だけに今後の展開が大いに期待できる。追波湾タチウオはまだ開幕したばかり。今季はどんなドラマが待っているのか今後の動向から目が離せない。

    後半は気温も上昇し、上着がいらないほどの陽気となった。前半とくらべると後半はポツポツ釣果ではあったものの、今季の追波湾タチウオを存分に満喫出来た釣行となった
    今回お世話になった名勝丸の山根船長。一見強面ではあるが実はとっても温厚で面倒見の良い名船頭。分からないことや困ったことがあれば親切丁寧に対応してくれる。情報戦ともいえる追波湾のタチウオ釣りでは、多数の協力船と連携し好ポイントにいち早く移動し好釣果を導き出してくれる

    遊漁船 名勝丸

    平日は、4名から出船。4名の場合はお一人様10,000円、5名からお一人様9,000円。チャーターは8名まで72,000円(以降1人につき9,000円)初心者の方も安心で、船にはトイレも完備しているので女性やお子様、ご家族連れでも快適な釣りが楽しめる。現在はタチウオ船で好評出船中の他、ロックフィッシュや青物も狙う。「ご要望に歩み寄ることも出来ますので、まずは気軽にお問い合わせください」と山根船長。なお、乗船されたお客様には、当日に限り「道の駅 硯上の里おがつ」の飲食店を利用する際、船長から教えてもらった合言葉を店員に言えば通常盛りが無料で大盛に変更してもらえる特典もある
    乗船場所まで車で入ることができ、荷物の出し入れが可能


    YouTubeチャンネル登録もお願いします!

    ?

    ◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!



    [PR]
    Amazon堤防Amazon堤防釣り初心者

    関連カテゴリ

    関連記事

    AbuGarciaの太刀魚テンヤ「タチテン船」で追波湾の良型タチウオ連発

    アブガルシアよりこの秋に発売されたばかりの「タチテン船」を持って、ピュアフィッシングフィールドスタッフの佐々木健太郎さんが宮城追波湾のタチウオテンヤに挑戦!「初心者でも竿頭になれる...

    ウロコジグ「タチコロカラー」で好調の宮城タチウオを攻略!

    ジギング&テンヤで絶好調の追波湾周辺タチウオゲーム。関西で人気のウロコジグ「タチコロカラー」を持ち込み、関西のエキスパさん達が宮城のタチウオジギングに初挑戦!太刀魚釣りの本場、関西...

    フィッシュアロー×UROCO「ブレードジグ」2023年夏発売!

    フィッシングショー大阪2023 FishArrowブースより、フィッシュアロー松本猛司代表にフィッシュアロー×UROCOコラボアイテムの「ブレードジグ」を動画で紹介していただきまし...

    宮城の太刀魚テンヤ&フラッシュJで大型タチウオキャッチ!

    フィッシュアローフィールドスタッフ 遠藤久美子さんが宮城県追波湾で全長約130cmの大型タチウオを釣り上げた。フラッシングワームのFLASH-J(フラッシュJ)シリーズを使った、タ...

    刺さりの良いフッ素コート「瞬貫船太刀魚テンヤ誘い速掛」ハヤブサ

    「sw415 瞬貫船太刀魚テンヤ誘い速掛 フッ素コーティングフック」(ハヤブサ) 誘いやすさと掛かりの良さを両立! 太刀魚船釣り(テンヤ釣法)でしっかりとタチウオを誘い、逃さず掛け...

    こちらの記事もおすすめ

  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー