HOWTO

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

[シーバス入門ガイド番外編]シンキングペンシル使ってますか?

2017年9月12日配信 【HOWTO】 【編集部】

村岡博之さんがシンキングペンシルについて解説。村岡さんのハンドメイドルアー「オライノ」もこのシンペンが主力。特にリバーシーバスのナイトゲームではこれにしか食わないようなことも!

[関連]

リバーシーバス用シンキングペンシル

ブリブリと泳がず、水面下に漂うだけなのがシンペン

近年のシーバスゲームで飛躍的に進化したルアーの中にシンキングペンシル(以下シンペン)があります。普通のミノーやバイブレーションと比べると、アクションが頼りないどころか、ほとんど動かないシンペンもあります。それでも、他のルアーに全く反応しないときでも、シンペンにはシーバスが食い付くことが多いのです。

また、シンペンで釣れるシーバスは大型が多いのも特徴です。もちろん小さなシーバスも釣れますが、ランカーと呼ばれる90cmを超す大型魚はシンペンで釣れることが多くなってきました。

なぜシンペンがそんなに釣れるのでしょう?一昔前は、動かないルアー=釣れないルアーが当たり前でした。しかし良く考えてみると、小魚ってルアーのように泳ぎますか?

ルアーが泳いでいるように見えるのは人の目にだけではないでしょうか?派手に泳ぐルアーにリアクションで食い付くのは解りますが、本当に食性で食いついているのではないようです。

シンキングペンシルが夜のシーバスに効く理由

デイゲーム(日中)では視覚に頼り捕食しているシーバスも、ナイター(夜間)では視覚よりも聴覚が優先するようです。魚の耳は体側にある側線です。体全体で水の振動を感じているのです。

そうなるとルアーのリップから発せられる波動は、小魚のそれとは似ても似つかぬものです。しかし、シンペンから発せられる波動は限りなく違和感の無いもののようです。それで百戦錬磨のランカークラスのシーバスも思わず食い付くのですね。

実は10年以上前にシーバス用のシンペンが市場には無かったころに、某メーカーから「クーバ」なるシンペンをプロデュースしてリリースしました。良いルアーだったのですが、いかんせん時代が早かったようです。ショップから姿を消してかなりになります。

最近ではシンペンを使うアングラーがかなり多くなってきました。当工房のオライノからも「紫電」と言うシンペンがリリースされています。昨年(2009年)はこの「紫電」でかなり良い思いをした人も多いと思います。追波川だけでも3尾の90cmアップが「紫電」で釣られています。80cmクラスなら数えきれないほどです。最近では茨城県の涸沼でも「紫電」がブレイクしているようです。

これから秋にかけ、東北ではシンペンのシチュエーションが多くなります。食わず嫌いでシンペンを嫌うアングラーは多いようですが、使いこなすことが出来れば、これほど頼りになるルアーはありませんよ!
(初出2010年7月、加筆修正2017年9月)

 
[関連]

村岡博之さんのシーバス入門ガイド

※画像・テキスト/村岡博之

YouTubeチャンネル登録もお願いします!

?

関連記事

シーバスゲームとPEラインの話 [東北の巨匠・村岡博之のオライノLure論]

こちらの連載では東北の巨匠こと村岡博之さんが月1回のペースで東北、石巻周辺のルアーフィッシングを中心にいろいろな話題を取り上げていきます。 今回はシーバスゲームとラインの話。以前は...

旧北上川・追波川 真夏のリバーシーバス ~リベンジ編~

前回取材時は厳しいコンディションにオデコとなっていた千葉正博さん。その後も一人密かに釣行を重ね、バレーヒルの河野優さんとともにリベンジを敢行した。※2016年8月掲載の記事です。 ...

東北各地シーバス盛期!DAY&NIGHTで楽しめる秋田運河の鱸釣り

宮城・北上川水系や山形・最上川水系、新潟の阿武隈川、信濃川、秋田の米代川、雄物川、子吉川など各河川でシーバスの釣果が聞かれるようになり、河川・河口域のシーバスが好シーズンを迎えてい...