新製品

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

ゴーセン「ANSWER」ジギング&エギング用PEが2022年4月発売

2022年1月24日配信 【ゴーセン】 【編集部】

ゴーセン(GOSEN)のソルトウォーターゲーム用ラインの新ブランド「ANSWER(アンサー)」第1弾として2022年4月にジギングPEとエギングPEが発売される。

「ANSWER JIGGING PE×8」(ゴーセン)

「アンサージギングPE×8」は大型魚とのやり取りも可能な耐摩耗性、耐衝撃性を備えたジギング専用8ブレイドPEライン。ジギング用はタチウオ、サワラなど歯の鋭い魚種からラインを守るカラーパターンを採用。それでいて視認性の高い配色にこだわっている。

■カラーパターン:
10m毎5色分け(パープル・イエロー・ブルー・オレンジ・グリーン)。10m毎に20cm、5m毎に30cmのマーク入り。マーキングカラーはイエロー(メインがイエローの部分のみグリーン)
■200m巻号数ラインナップ
0.8 (16lb) 7.3kg
1 (20lb) 9.1kg
1.2 (25lb)11.4kg
1.5 (30lb)14.0kg
2 (35lb)15.9kg
2.5 (40lb)18.2kg
3 (45lb)20.4kg
■300m巻号数ラインナップ
0.8 (16lb)7.3kg
1 (20lb)9.1kg
1.2(25lb)11.4kg
1.5(30lb)14.0kg
2(35lb)15.9kg
2.5(40lb)18.2kg
3(45lb)20.4kg
4(55lb)25.0kg
5(65lb)29.5kg
6(75lb)34.0kg
■オープン価格
[メーカー公式]
※2022年4月発売予定

「ANSWER EGING PE×8」(ゴーセン)

エギングに適した張りとコシにこだわったエギング専用8ブレイドPEライン。初期伸度を抑えた高感度設計でアタリを察知。ラインカラーはエギング専用BCM(バイトキャッチマーキングシステム)のホワイトベースカラーで、ラインの動きでも水中の状況を把握しやすい。

■カラーパターン:メインカラーはホワイトで150cm毎にマーク入り。マーキングカラーはイエローとブルー(2色の間にホワイトも入る)
■号数:0.5 (12lb)、0.6 (14lb)、0.8 (16lb)
■150m巻き、200m巻きの2種
■オープン価格
[メーカー公式]
※2022年4月発売予定

「ANSWER EGING PE×4」(ゴーセン)

エギングに必要とされる張りやコシにこだわった、エギング専用4ブレイドPEライン。ラインがさばきやすく扱いやすく、ホワイトベースのエギング専用カラーマーキングもアタリを感知しやすい。

■カラーパターン:メインカラーはホワイトで150cm毎にマーク入り。マーキングカラーはイエローとブルー(2色の間にホワイトも入る)
■号数:0.5 (10lb)、0.6 (12lb)、0.8 (14lb)
■150m巻きのみ
■オープン価格
[メーカー公式]
※2022年4月発売予定

関連記事

釣り糸(フィッシングライン)の種類

古くはテグスや馬の尻尾など自然由来の釣り糸が使われてきたが、現在はナイロンなどの化学繊維の発達により高性能な工業ラインが釣りに用いられるようになった。現在、主に使われているのは道糸...

PEも簡単カット「充電式ヒートカッター」を森田菜月さんが紹介

フィッシングショー大阪2019より、ハピソンガールの森田菜月さんにハピソン×よつあみコラボ新商品「充電式ヒートカッター」を紹介してもらいました!   [adinserter nam...

ハピソン注目新製品「電動ラインワインダー」6月発売

  釣りフェスティバル2020横浜・ハピソンブースで電動ライン巻き取り器として取材した「電動ラインワインダー」が2020年6月いよいよ発売される。 リールとスプールの両方向巻き取り...

電熱線でPEラインも簡単、確実にカットできる「バークレイ ミニホットワイヤーラインカッター」

「Berkley Mini Hot Wire Line Cutter」(バークレイ) PEもしっかり切れて、端止め効果も期待! 電熱線で切断しにくいPEラインを容易にカットでき、ほ...

スピニングリールにPE系ラインを上手に巻く手順[村岡博之さん解説]

スピニングリールにラインを巻く手順を東北の巨匠こと村岡博之さんに教えていただいた。最近はスピニングタックルでもPEラインを使うことが多くなったが、ライントラブルを起こしやすいPE系...

道具なしでできるリーダーの結び方をご紹介・FGノット改[村岡博之さん解説]

ルアーゲームをする上で重要になるのが、PE系ラインとショックリーダーのノット(糸結び)。現在、最もよく使われるのが結び目が小さく、強度にも優れる「FGノット」で、専用のノッター(補...