HOWTO

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!
  • 背びれだけじゃなかった!オニカサゴの毒棘除去のコツ

    2016年4月27日配信 【HOWTO】 【編集部】

    みるからに危なそうで誰も好んで触ろうとはしないが、誤って刺されてしまうと激痛とともに病院送りになることもある鬼カサゴの毒トゲ。危険な棘の箇所と処理方法についてオニカサゴ釣りを得意とする田村努さんに教えてもらった。

    一般に毒があるとされる背ビレの長い棘は当然だが、その他の小トゲにも注意が必要!
     
    [PR]
     

    おいしいものにはトゲがある?

    オニカサゴを調理する際、一般に注意すべきとされるのは毒があることが知られている背ビレの棘とエラ蓋の棘、臀鰭の棘。これら以外の鰭にも隠れた小さい棘があり、小棘はそのままにしていることも多いのだが、「毒棘を取ったつもりで安心していたら怪我をしてしまった」という事例が実際に起きている。小棘にも毒があるかどうかは不明だが、隠れた小棘も念のために取り除くのが安心だ。

    棘を落とす際は丈夫な万能ハサミ(料理バサミ)やニッパーなどを使い、切り取った棘にも毒は残っているので、そこらへんに飛び散らないよう気を付けて作業しよう。

    ↑オニカサゴの棘
    ↓棘を切るとこうなる
    [各ヒレの棘]
    ■背鰭のトゲ:最も大きい棘で見るからに危険なので、真っ先に切り取られる。
    ■背鰭のトゲ2:これは背鰭軟条と呼ばれる軟らかい鰭の部分にある隠し棘。背鰭の大棘に目が行って忘れがちだが、鰭の軟らかい部分に1本隠れた棘がある。
    ■しり鰭:毒棘があることが知られるしり鰭。しり鰭には大きい1棘、2棘のほかに、隠れた3棘目がひそんでいるのでこれも忘れず切り落としておく。
    ■腹鰭:腹鰭にも小さい棘が1本隠れている。左右にある腹鰭の両方に付いている


    ハピソン
    釣り場で魚の活締めから解体まで何でもできるマルチな魚ハサミ!

    背鰭の隠し棘を除去する

    背ビレの軟条の1本目が隠れた棘になっているので、ニッパーやハサミで棘を出して真ん中から切り取っておこう

    しり鰭の隠し棘を取り除く

    しりビレの1本目の棘を落とす。この1本目と2本目の棘は外から見えやすいのが写真でも分かる
    しりビレの3本目の棘は軟条と一緒に隠れているので見逃しがち。ニッパー等で棘を出してしっかり折っておく


    ささめ針
    釣魚の現場処理に適したマルチハサミ!

    腹鰭には左右両鰭に一対の棘があるので注意

    腹ビレも一番前は棘条になっているので注意が必要。他と同様にハリをむき出しにして折ってしまおう
    腹ビレは左右1対のヒレがあるので、両方の棘を取るのをお忘れなく


    がまかつ
    ギザギザ刃のセレーション加工。硬いトゲやPEもカットできる!

    船上で棘を落とさないよう注意!

    オニカサゴの棘は切り取った後も毒が残るので、取った後の処理にも注意が必要だ。切った棘が飛び散ったりしないようにまとめて処分しよう。

    船上で棘を切ってしまう人も多いと思うが、揺れる船上では手元が狂って誤って棘に刺さるおそれがあるし、また、不意に飛び散った棘が船上で行方不明になってしまうこともある。実際に「誰かが落とした棘に刺さって怪我をした」という事例も発生しているそうだ。

    これだけの作業だと時間もかかるので、船上での作業が貴重な実釣時間を無駄にすることになる。船上では棘に刺さらないよう丁寧にクーラーに入れて、陸に上がってから、あるいは家に帰ってから落ち着いて棘の処理をするのも一つの手だ。

    切り取った棘は飛び散らないようにまとめておく
    ゴミとして捨てる際も誰かが棘に刺さらないよう、新聞紙にくるむなどして配慮したい

    ※解説/田村 努

    関連記事

    [連載]常笑upcoming fishing!☆第14回 中深場の横綱オニカサゴ

    連載:針生秀一さん 第14回 中深場の横綱オニカサゴ ※この記事は2014年6月にプレミアムメルマガで配信したものです。 近年、オニカサゴ、アカムツ、アラなどの中深場の根魚釣りが、...

    男鹿沖ジギング 新型ジグで真鯛、青物、オニカサゴ、‥五目獲り!

    東北各地で青物が肥え始め、いよいよ秋のジギングシーズン到来。台風などの影響で釣りをできない日もありますが、上州屋新盛岡店の大坂章さんはKOMOジグの薦田さんと秋田男鹿沖に釣行。マダ...

    秋田沖で楽しい赤オニ退治![オニカサゴ&沖メバル釣り]

    非常においしい高級魚として知られるオニカサゴ。限られた場所でしか釣ることのできない貴重なターゲットだが、数年前から秋田沖の深場でも狙えるようになっている。数の揃うオキメバルとセット...

    [連載]常笑upcoming fishing!☆第15回 あこがれの高級魚アカムツ(ノドグロ)

    連載:針生秀一さん 第15回 あこがれの高級魚アカムツ(ノドグロ) ※この記事は2014年6月にプレミアムメルマガで配信したものです。 [adinserter name="2020...

    テクニカルなゲーム性にはまる男鹿沖の鬼カサゴ

    針生秀一さんの釣行記にたびたび登場していた田村さんからの初リポート!秋田・男鹿半島沖で人気上昇中の高級魚オニカサゴを狙いました。 沖釣りの先輩である浅野さんより着信あり! 「タムち...

    秋田能代沖の高級魚リレー![のどぐろと鬼カサゴ]

    ともに高級魚として有名なアカムツ(ノドグロ)とオニカサゴ。能代沖の中深場ではこの2種をリレーで狙うことができる。アカムツは釣果に若干ムラがあるが、オニカサゴは比較的安定しており、仙...

    こちらの記事もおすすめ

    • howto-image

      カレイ/投

      【東北の魚種別攻略】 カレイ(投) カレイ カレイの投げ釣りは福島から青森にかけての太平洋側で人気の高い釣種。イシガレイやマコガレイ(クロガシラガレイ)、ナメタガレイが主なターゲッ...
    • howto-image

      寒ブリのあら炊き(鰤のかぶと煮)

      完成図 頭や中骨はアラ炊きで頂く。じっくり煮込んだブリ大根もいいものだが、新鮮なブリなら、濃いめのタレでさっと煮れば、短い調理時間で十分おいしくいただける。ブリから濃厚なダシが出る...
    • howto-image

      追波川サクラマス メジャーポイント6選

      東北の巨匠こと村岡博之さんが月1回のペースで東北、石巻周辺のルアーフィッシングを中心にいろいろな話題を取り上げていきます。今回は追波川(北上川)のサクラマスポイントをご紹介! ※こ...
    • howto-image

      クリガニ

      【東北の魚種別攻略】 クリガニ(栗蟹) クリガニ 栗毛ガニ、スクモガニなどとも呼ばれるクリガニ(標準和名トゲクリガニ)は冬から春にかけて接岸し、東北各地で投げ釣りなどの外道に釣れて...
    • howto-image

      タラジギング

      【東北の魚種別攻略】 マダラ(タラジギング) マダラ これまで深場のマダラ釣りというと道具も高価なためなかなか手を出せない釣り物だったが、タラジギングが広まったことにより東北の冬場...
    • howto-image

      岩手の陸っぱり釣りガイド!港湾・漁港釣り場&釣行記まとめ

      ここでは岩手県の防波堤、磯釣り場の記事をまとめてご紹介します!岩手県周辺の陸っぱりの釣りはアイナメ、ソイ、メバルなど根魚やカレイ類が人気。スルメイカ、ヤリイカなどイカ釣りも盛んです...
    • howto-image

      宮城の防波堤・堤防釣り場まとめ【港湾岸壁・漁港・オカッパリ】

      ここでは宮城県の防波堤釣り場の記事をまとめてご紹介します!宮城県周辺の陸っぱりの釣りはゴールデンウィーク頃から投げ釣り、サビキ釣りともに盛期になります。 ※2018年掲載、2022...
    • howto-image

      釣り人が守りたい8つの基本マナー・釣り場のルール

      初心者~上級者、老若男女、どんな釣り人も守るべきマナーがあります。立入禁止や釣り禁止、釣り人駐車禁止といった制限のかかる釣り場が増える中、釣り人の良心が問われるケースが目立つように...
  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー