HOWTO

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!
  • 船釣りの釣り座選びの基本

    2015年4月16日配信 【HOWTO】 【編集部】

    船釣りで乗船する位置のことを「釣り座」といいます。ルアー船などは入れ替わりに先端からキャストしたり、釣り座が流動的なことも多いですが、多くの遊漁船はそれぞれの釣り座を決めて釣りをします。

    釣り座の決め方は、予約時先着順、当日乗船順(受け付け順)、予約時抽選、当日くじ引きなど、船により様々。釣り座を選べる場合、どこに座るか?は1日釣りを楽しめるかどうかにも大きく関連してきます。

    ミヨシ

    舳先、先端、バウ側ともいう。船が前に進んでいるときは最も潮先になり、釣り物によっては圧倒的に好条件になることがある。スペースが広く、オマツリも少ないので、キャスティングをする釣りでは最も自由度が高い。反面、海面から船べりの高さが最も高く、砕け波の影響を受けやすい。揺れが大きいため、船に酔いやすいなどの難点も。

    胴の間

    船室脇の中間部分。船の中で最も揺れが少なく、初心者は胴の間付近を取るのがベター。船長とコンタクトを取りやすく、ポイントに付ける釣り物では魚探に近くポイントから外れにくいなどの理由で中上級者でも胴の間を好む人は多い。しかし、潮上有利の釣り物では後手になることがある。また、ウネリがある時は波を被ったり、左右で日陰になると冬場は、日陰の時間帯はかなり寒いことがある(逆に夏場、日向側が暑いことも。日焼けを避けたい人も注意!)

    トモ

    船尾、スターン側のこと。一番後ろは大トモ。ミヨシと同じく広い方向に投げることができ、オマツリが少ない釣り座。船を風に立てて後ろに下がっていく場合は潮先側になり、前から流す場合は潮後になる。大トモは3方向を自由に使えるが、スクリューの影響を受けやすいので注意。また、排気口の配置によっては排気ガスが当たる場合があるので、排気臭で酔いやすい人は避けた方が良い釣り座。

    関連記事

    [連載]常笑upcoming fishing!☆第10回 船釣りの釣り座と釣り方の関係~前編~

    連載:針生秀一さん 第10回 船釣りの釣り座と釣り方の関係~前編~ ※2015年3月掲載 船釣りで釣り座をどこに取るかは釣りを楽しむうえで大きなところです。乗り合い船なら席取り、仕...

    [連載]常笑upcoming fishing!☆第11回 船釣りの釣り座と釣り方の関係~後編~

    連載:針生秀一さん 第11回 船釣りの釣り座と釣り方の関係~後編~ [前編はこちら] ※この記事は2014年3月にプレミアムメルマガで配信したものです。 ※前回の「立て釣り」に続き...

    船釣りを始めてみよう![船釣り入門ガイド]

    身近な所でできる防波堤釣りや河川の釣りに比べて敷居の高いイメージのある船釣りだが、乗船料を払えば簡単に釣りを楽しめて、魚に出会える確率も高い。むしろ最近はレンタルタックルがあって手...

    宮城の船釣りガイド[南三陸、女川~塩釜沖、松島湾~仙台湾(大型魚礁)~亘理]

    宮城県の船釣りの概要をエリアごとに紹介します! 宮城県内でも全国的にも有名な船釣り基地が塩釜港エリア。塩釜沖のポイントは松島湾や仙台湾、大型魚礁沖、金華山沖、田代・網地島沖などが知...

    カレイ、ヒラメにタラ、イカ、etc・・三陸海岸・岩手の船釣りガイド

    岩手県の船釣りの概要をエリアごとに紹介します! 岩手県の場合、沿岸地域は宮古以北の沿岸北部と釜石、大船渡、陸前高田といった沿岸南部とに分けられるが、釣れる魚の内容には大きな違いがな...

    宮城のカレイ船釣り(船カレイ)の釣行記、料理記事まとめ

    宮城県の船カレイ釣行記をまとめました。厳選料理レシピもズラリ勢ぞろい!   目次 宮城県歌津湾のカレイ釣行 宮城県志津川湾のカレイ、アナゴリレー釣行記 宮城県渡波沖のカレ...

    こちらの記事もおすすめ

  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー