HOWTO

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

エキスパートが選ぶ東北ロックフィッシュ用ライン

2016年11月21日配信 【HOWTO】 【編集部】

アイナメ、ベッコウゾイ、クロソイ、‥東北各地で人気の大型ロックフィッシュゲーム。ここではエキスパさん達の使用ラインをまとめてみました。盛期のロックフィッシュシーズンの参考に!

塩津紀彦さん(ハンター塩津)
モンスター狙いの20Lbフロロカーボン

塩津さんが磯ロックで使用するのは、自身が開発に携わった「ソルトウォータースペシャルFCロックハンター(サンライン)」の20Lb。20Lbはモンスターを獲るために必要かつ十分な信頼度がある。

「FCロックハンター」は極寒条件にも対応したタフネスフロロ。ボトムの状況をキャッチする低伸度、高感度なハードフロロカーボンライン。磯などストラクチャーでもガンガン攻められる耐摩耗性も特長。根魚にプレッシャーがかかりにくいクリアカラー採用。

[関連]

根魚天国北海道のBIGママ

村岡博之さん
感度重視でPE系のファイヤーラインを使用

村岡さんが使用するのはPE系ラインの「スーパーファイヤーラインクリスタル(バークレイ)」。ベイトタックルなら1.5号に25Lbのフロロリーダー、スピニングタックルなら1号に16Lbフロロリーダーを組んで使用する。

PE系は伸びが無いため感度がよく、水にもよくなじむ。普段、シーバスなどでPE系に慣れている人はフロロだと釣りづらく感じる人が多いようだ。根掛かりの多い磯などでは根掛かりブレイクした時にリーダーを結び直すのが大変だが、1ヒロくらいリーダーを取っておけばロストしてもある程度はカバーできる。

[関連]

フラット狙いでアイナメヒット

千葉正博さん
操作性に優れたPEラインシステムを駆使

千葉さんはスピニング、ベイトともにPEラインをシステムを組んで使用している。PEラインはフロロよりも水切りがよく、操作性を重視しての選択。スピニングは遠投用のタックルを使用し、超遠投時は極限までラインを細くしてアドバンテージを狙う。

[スピニング遠投用]
■メイン:ソルティメイト キャストアウェイPE(サンライン)10Lb
■リーダー:ポケットショックリーダーFC(サンライン)16Lb
[スピニング 超遠投用]
■メイン:ソルティメイト PE EGI ULT HS8(サンライン)0.4号

[ベイト用]
■PE:ソルティメイト キャストアウェイPE(サンライン)16Lb
■フロロ:シューター(サンライン)16Lb

[関連]

磯ロック釣行記

遠藤真樹さん
ボートでは14Lbのフロロカーボンがメイン

18~21gのシンカーを使うボートロックでは14Lbのフロロカーボンラインをメインに、状況により16Lbも併用する。VARIVAS ロックフィッシュ プレミアムは強さと感度を高めたプレミアムロックフィッシュ用ライン。

[関連]

仙台湾ボートロック釣行記

「VARIVAS ロックフィッシュ プレミアム(モーリス)」14Lb
きつい根を攻める必要のある東北のロックフィッシュゲーム用に開発された高強度、高感度プレミアムフロロカーボンライン。表面に撥水フッ素加工を施してあるので、これからの厳冬期も信頼して使用できる。
PEにシュッ!(モーリス)」
ライン表面にフッ素保護膜を形成するPE用ラインスプレー。商品名はPE用となっているが、フロロラインに使ってもラインの滑り、耐摩耗性をUPさせる効果が得られる

[関連]

ラインとシンカーの関係