釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!
  • 春シーズンのカレイ投げ釣り!花見鰈の好季到来

    東海林誠 2021年4月1日 更新

    春は漁港や砂浜から40~50cmの良型カレイを狙えるチャンス!サクラの開花と同時期に釣れることが多いため、「花見がれい」と呼ばれることも。仙台広瀬キャスターズの東海林誠さんに解説してもらいました。
    ※この釣行記は2018年4月に公開しました。

    [関連]

    東海林さんのその他の釣行記

    冬の夜投げシーズンから春の投げカレイシーズンへ

    仙台の桜も満開になり、宮城では、『花見ガレイ』と呼ばれる春シーズンのカレイの投げ釣りが最盛期を迎えています!花粉症を発症している筆者としては、つらい時期でもありますが…(^-^;

    さて、今年もお正月からほぼ毎週末、息子2人を連れて出撃しております!1~2月は尺ハゼ狙いや夜投げアイナメをメインに釣行しましたが、ともに例年より低調でした…。

    特にひどかったのが2月初旬、昨年の同時期にアイナメが爆釣だった漁港の同じポイントに出撃するも、一晩に30cmクラスのアイナメがわずか数匹のみと大惨敗を喫しました…(>_<)
    ※場所によっては、夜に、アイナメよりもカレイが良かった場所もあったようです!

    冬場、深場に落ちる季節にごく限られた場所で釣れる尺ハゼ
     
    冬~春の定番夜投げアイナメ
    [関連]

    極寒の夜にアイナメ爆釣

    1月には、河口のヌマガレイ釣りにも出撃してみました!こちらは相変わらず堅調で、抱卵した28~35cmくらいのサイズが、半日で20枚ほど!
    ※ヌマガレイは独特の臭みがあり、食味もかなり劣るので、あまり喜ばれません。我が家では、ヌマガレイは持ち帰り厳禁なので、写真撮影後、全てリリース!

    大量のヌマガレイはスカリで活かしておき、撮影後リリースした

    2月には産卵後のマコガレイが釣れ始め、まだ身がかなり薄く、アタリや手応えもイマイチでしたが、いよいよ荒食い開始といった感じ!その後、身がかなり厚くなってきており、今後はアタリも楽しめるようになります!

    また、砂地のポイントを攻めた時には、50cmクラスのイシガレイも釣れ、先日は、運良く52cmの肉厚ホシガレイも来ました!この時は、沖向きにもの凄いパワーでグイグイ走るので、イシガレイの60cmクラスか、もしくはエイでも掛かったかと思いました!

    3月に入ると、マコガレイもかなり身が厚くなってきて、派手なアタリ&底を這うような手応えも、かなり楽しめるようになってきました!ただ、例年通り、彼岸の頃からクサフグやヒガンフグなどのエサ盗りの活性も上がってきています…(予備のエサがかなり必要になります)

    春のカレイシーズンに突入
    エサ盗りの猛攻を受けることも多い季節
    52cmのホシガレイ!近年はホシガレイも増えていて、大型に期待できる
     
    50cm級のアイナメも

    震災から7年経っても、まだまだ工事中のポイントも多く、釣り場選びにも苦労しますが、この先、6月頃にかけ、宮城の投げカレイはベストシーズンを迎えますので、皆さんもぜひ投げ釣りに出撃してみて下さい!

    東北太平洋側の釣り場はまだまだ復興工事の最中。状況は日々変化しているので、工事中の場所や立ち入り禁止の場所に近づくことを避け、付近の住人や作業関係者の邪魔にならぬように気を付けて釣りを楽しみたい
    [関連]

    魚種別攻略:投げカレイ

    [関連]

    宮城の堤防釣り場

    今季はタラが釣れません・・

    2月末から計4回、平日の夜に牡鹿~女川にタラ狙いで出撃してきましたが、今年は全然アタリがありません…(>_<)

    例年なら時期的に『投げ真鱈』の最盛期のはずで、行けば複数回アタリがあり高い確率で捕獲できるはずなのですが、クラブのメンバーも苦戦中…。今年は特に接岸している個体数が少ないとの情報もありますが、もう少し通ってみたいと思います!

    [関連]

    三陸投げマダラ釣行記

    スーパーのお買い得品をエサにするのもあり

    大物狙いの投げ釣りにはナイロンラインがおすすめ

    今年から、「アトミックスライダー(爆釣夢追人)」のフィールドテスターとして活動していくことになりました!

    昨年のマダイ釣行記でも紹介しましたが、ナイロンラインのアトミックスライダーはかなり強力で、3号でマダイの1m超えの投げ釣り日本記録更新の実績もあり、全国各地で大物が多数仕留められています!

    筆者も九州でコロダイ76cmを仕留めたとき5号を使いましたが、安心して余裕を持って対応できました!

    これから本格的に投げ釣りを始めたい方、大物を狙っていきたい方には、ぜひお薦め致します!
    ※宮城では、キャスティング石巻店で展示販売しています。

    視認性のいいオレンジカラー
    爆釣夢追人 アトミックスライダー投 投鬼プレミアムバージョン オレンジ 4号 1000m
    爆釣夢追人
    カレイ、根魚、マダイの大物狙いにはトラブルが少ないナイロンが適
    販売価格 ¥2,710
    (2018年4月時点の価格)

    また、投げ釣りに最適なハリ「シーフォースサーフ(まるふじ)」も紹介します!この針、針先がとても鋭く、針の形状により、鯛類は口元(カンヌキ)を貫通!カレイやアイナメも、バラすことがほとんど無くなりました!

    今年、さらに大物狙いの新シリーズ針が発売されますので、ぜひお試しください!

    Marufuji(マルフジ) シーフォースサーフ 15号
    Marufuji(マルフジ)
    投げの大物釣りに適した刺さりがよく抜けにくいフック
    販売価格 ¥280
    (2018年4月時点の価格)

    釣りエサはつりえさ倶楽部マリンで

    エサは仙台新港近くの「つりえさ倶楽部マリン」で購入。活きのいいアオイソメが安くて、まとめ買いがさらにお得!岩ゴカイやユムシ、コガネムシなども常に活きのいいのが入荷。通販もお得!

    ■住所:宮城県仙台市宮城野区蒲生竹ノ内128-16(キリンビール仙台工場向かい)
    ■TEL:022-786-3580
    ■朝4時(土日3時半)の早朝から営業。
    お店に行けない場合も予め自宅にエサを届けておいて釣行することが可能!
    通販ご利用案内

    ◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

    PROFILE:東海林 誠

    家業である米穀店の仕事と育児の合間に、せっせと釣り場に通う、投げ釣りマスター。北は青森から南は愛媛や有明海まで、大物にかける情熱が足を釣り場に向かわせる。仙台広瀬キャスターズ所属

     

    ※取材・テキスト/東海林 誠

    YouTubeチャンネル登録もお願いします!

    ?

    関連記事

    七ヶ浜周辺は花見ガレイの季節[砂浜、漁港のマコガレイ、イシガレイ]

    宮城県の七ヶ浜町周辺で行われた、仙台広瀬キャスターズの例会の模様を、仙台広瀬キャスターズの東海林誠さんがリポート。50cm級のマコガレイ、イシガレイが上がるなど、近場のポイントで意...

    春の投げカレイ50UP獲り![宮城の堤防投げ釣り]

    本格的な春の訪れとともに、数はそれほど多くないが、サーフ、漁港からの投げ釣りで良型のイシガレイやマコガレイが釣れるようになった。これからの水温上昇とともにカレイの食いもよくなり、「...

    春のカレイ投げ釣り基本まとめ[漁港、岸壁の投げ鰈]

    青森から福島、山形まで、東北各地の投げ釣りでカレイが釣れ出した。春先は冬場に産卵したカレイが荒食いを始め、体力回復中の良型を狙える好季。ここでは投げ釣りの基本ガイドや釣行記事をまと...

    春の投げカレイ!花見鰈の季節

    宮城沿岸堤防、サーフからの投げ釣りで良型のカレイを狙える季節に入ってきました。仙台広瀬キャスターズ の東海林誠さんが最新の釣況をレポート! ※2019年3月の釣行記です。 目次 宮...

    投げカレイの秋!石巻周辺の石鰈と真子鰈

    投げカレイの聖地とも言われる宮城県石巻周辺で毎年恒例となっている投げカレイの大会が開催された。今シーズンは沿岸の水温が高めで投げカレイのシーズンも遅れていたが、ここにきて釣況も徐々...

    仙台湾の春マコ&マガレイ絶好調!

    大型魚礁沖のカレイ船がずっと好調を維持している!伊藤育男さんは自身が開発に携わったがまかつのNEWカレイ竿「天鰈幻」と、こちらも新発売のオリジナル仕掛け「育男の仕掛け」(キャスティ...

    こちらの記事もおすすめ

    • howto-image

      サワラ

      【東北の魚種別攻略】 サワラ(鰆) サワラ 元々は暖かい海を好み東北には少なかったが、日本海側から津軽海峡にかけて増え続け、近年は太平洋側でも普通に釣れるようになっている。春の魚と...
    • howto-image

      魚は少し寝かせた方がおいしい?[熟成魚]釣った魚をおいしく食べる

      TVの旅番組などでお刺身を食べてよく聞かれる、「このお魚、コリコリしてとってもおいしいです!」というセリフ。このコリコリとした歯ごたえは魚が新鮮な証拠に他ならない。もちろん活きのい...
    • howto-image

      大潮、小潮(潮周期)と釣りの関係

      潮汐というのは、地球の引力によって引き寄せられていた海面が月の引力や太陽の引力によって引き起こされることによって起こります。潮の動きが大きいと魚のエサになる様々な生物や有機物の流動...
    • howto-image

      岩手の春ロック ~夕マヅメの漁港でアイナメ、ソイ爆釣~

      ※この釣行記は2016年5月に公開しました。 三陸のロックフィッシュが春~初夏のハイシーズンを迎えている。例年、岩手では5~6月から根魚が釣れ出すのが普通だが、今季に限っては早いエ...
    • howto-image

      マスジギング

      【東北の魚種別攻略】 マスジギング(サクラマス) サクラマス 以前から北海道や青森の下北沖で盛んだったマスジギングが、岩手、宮城の三陸沿岸からも狙えるようになってきた。マスの回遊量...
    • howto-image

      防波堤・堤防釣りシーズン!宮城の港湾岸壁・漁港釣り場まとめ

      ここでは宮城県の防波堤釣り場の記事をまとめてご紹介します!宮城県周辺の陸っぱりの釣りはゴールデンウィーク頃から投げ釣り、サビキ釣りともに盛期になります。 ※過去の記事のため取材時と...
    • howto-image

      釣り人が守りたい8つの基本マナー・釣り場のルール

      初心者~上級者、老若男女、どんな釣り人も守るべきマナーがあります。立入禁止や釣り禁止、釣り人駐車禁止といった制限のかかる釣り場が増える中、釣り人の良心が問われるケースが目立つように...
  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー