釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

春の庄内鯛ラバ釣行 フラッシング&発光系でローライト攻略

縮 彰 2021年4月14日 更新

山形庄内沖の春マダイが今季も好調だ。春の日本海は時化で出られない日も多くチャンスは限られるが、出船できれば爆釣もある季節。TEAM MARVELの縮彰さんからのレポートです。
※2021年4月の釣行記です。

フラッシングタイラバで春マダイ狙い

今季も3月上旬から山形沖の春マダイが順調にシーズンを迎えている。サンデーアングラーである縮さん達MARVELのメンバーは天候に恵まれず出船中止が続いていたが、3月28日に初釣行。65cmを筆頭に全体25枚と好釣。翌週4月4日も61cmを最大に全体で11枚キャッチし、なんとかシーズンに滑り込むことができた。

フラッシュJを使いタイラバでは初めてのマダイをキャッチ
仲間うちでフラッシング鯛ラバが浸透中

今回のマダイ釣果のほとんどはフラッシュJシリーズ(フィッシュアロー)を使用したフラッシング鯛ラバで釣り上げたもの。

「フラッシング鯛ラバで使うワームは『Flash-J Squid 3.5″SW』が欠かせません。これだけでも釣れるというくらい1年中頼りになるアイテムです。それにプラスする形で状況に合わせて、『Flash-J Curly2″SW』や『リングフラッシャー2″SW』を組み合わせて使っています」と縮さん。

山形の春マダイのメインベイトはアミ類であることが多いが、イカ・タコ系のベイトは年間を通して有効。タイラバ用フックが「フラッシュJスクイッド」の中を通るようにセッティングすると、スクイッド目掛けて食ってくる確率が上がり、フッキング率も向上するのでぜひためしていただきたい。
[関連]フラッシュJスクイッドのセット方法を解説

また、「リングフラッシャー2インチ」はサビキのようなフラッシャーとティンセル素材を組み合わせており、アミ類を食っている時などマイクロベイトパターンに特効性がある。

「フラッシュJカーリー2インチ」は大き目なカーリーテールの波動とボディ部分のフラッシングでアピール効果を上げることができる。

「フラッシュJスクイッド」と「フラッシュJカーリー」の2フックでもいいし、「フラッシュJスクイッド」+「フラッシュJカーリー」+「リングフラッシャー」の3フックセッティングでも釣果を上げている。

「Flash-J Squid3.5″SWクリアドットグロー」+「Flash-J Curly2”SWルミノーバ」+「リングフラッシャー2”SWケイムラクリア」。ローライト時はグロー、ルミノーバ、ケイムラの蓄光・発光系アピールを最大限に活用!
フィッシュアロー
クリアーにグローが入りマヅメや曇天などローライト時に有望。
Amazon価格660円(2021年4月時点)
 
フィッシュアロー
長時間蓄光素材のルミノーバを使用したグローカラー。
Amazon価格742円(2021年4月時点)
 
フィッシュアロー
ケイムラフラッシャーティンセル採用のクリアカラー。
Amazon価格648円(2021年4月時点)
 


「Flash-J Squid3.5″SWソリッドブラック」単体でもこの通り。シルエット系が威力を発揮するときも多い
「Flash-J Squid3.5″SWソリッドブラック」に「Flash-J Curly2″SWカブラグリーン」を追加してキャッチ

フィッシュアロー
シルエットがハッキリと出やすいブラックカラー。
Amazon価格660円(2021年4月時点)
 
フィッシュアロー
定番カラーのグリーンに内蔵アルミのフラッシングでアピール!
Amazon価格636円(2021年4月時点)
 

マダイは潮を釣れ!春は中層のアミ餌パターン

春マダイはアミ類などを食っていることもあり、中層のレンジを探っていかに食わせるかがキモになる。アミ類のベイト反応があったらそのレンジを中心に探り、潮が効いてきて鯛が口を使い始めたタイミングを逃さないことが重要だ。

基本のアクションはスローリトリーブ。ゆっくり巻きでレンジを探る。魚がいるのに食わないようなケースでは速巻きでリアクションバイトを誘ったり、いかに食わせるかが釣果を分けることもある。リールがローギアかハイギアかでも巻きスピードは変わってくるので、周りのリールの動きに合わせるというより、実際のリトリーブスピードを感じることが大切。


LIVRE コラボモデルファイヤーオーロラ110」(フィッシュアロー)
フィッシュアロー×リブレコラボハンドル。庄内沖の春マダイにおいては水深が100mを超えることも多く、巻き感が重くなると集中力にも影響してくる。ロングハンドルはノンストレスで巻きに集中するためのおすすめアイテム。110というサイズは浅場でも違和感なく使えます♪

日本海の天候はこの季節はローライトの条件が多く、今回の2釣行とも曇天のコンディションだった。照度が低いときは一般にケイムラ、ルミノーバなど蓄光系・発光系のカラーが有効なので、忘れず用意しておきたい。

「ただいつもセオリー通りではなくて、今回の釣行でも黒色や赤色のシルエット系ばかりにヒットする時間帯がありました。なので、反応が止まった時などは仲間うちでいろいろなカラー、セッティングを試して、当たりパターンをみつけていくようにしています」

「Flash-J Squid3.5″SWクリアドットグロー」+「Flash-J Curly2”SWルミノーバ」+「リングフラッシャー2”SWケイムラクリア」グロー、ルミノーバ、ケイムラと発光系中心の組み合わせ


「Flash-J Squid3.5″SWレッド」+「Flash-J Curly2”SWブラック/ブルールミノーバ」+「リングフラッシャー2”SWクリアゴールド」

フィッシュアロー
黒と同様シルエット系カラーのレッド。
Amazon価格606円(2021年4月時点)
 
フィッシュアロー
ブラックベースに青のルミノーバ発光で誘うカラー。
Amazon価格742円(2021年4月時点)
 
フィッシュアロー
ゴールドラメ入りカラーにケイムラフラッシャー採用。
Amazon価格636円(2021年4月時点)
 


こちらはナチュラル系のスルメイカカラー!

フィッシュアロー
イカ型ベイトのリアルカラー「スルメイカ」も高実績。
Amazon価格636円(2021年4月時点)
 

春のシーズンは終盤も、フラッシング鯛ラバは年中有効

産卵前のシーズンである春マダイは釣れれば50cm、60cmと型が良いのが魅力。4月下旬になると大型の個体から産卵に向かうため、そろそろ春シーズンは終盤。

産卵後は(庄内沖では)6月末の初夏の頃から再び釣れ始め、夏、秋と鯛ラバでマダイを狙うことができる。鯛ラバ×フラッシュJスクイッド3.5インチSWの組み合わせはほぼ年中有効なので、引き出しの一手として使ってみていただきたい。


キダイ(レンコダイ)、オニカサゴ、アマダイ、アラなどバリエーション豊かなゲストもうれしい

Fish Arrow(フィッシュアロー) ワーム フラッシュJスクイッド 3.5インチ SW #05 ケイムラ.
Fish Arrow(フィッシュアロー)
売り上げランキング: 302,073

◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

PROFILE:縮彰

山形のオフショアチームTEAM MARVELリーダー。現在のように東北にオフショアゲームが広まる以前から、酒田沖や相馬沖をはじめとして、太平洋、日本海(たまに南太平洋)の各地に釣行している。淡水のルアーも大好き

 

※写真・解説/縮 彰(TEAM MARVEL

関連カテゴリ

関連記事

山形沖 春マダイ フラッシング鯛ラバで激シブ条件克服[Flash-J]

山形庄内沖の春マダイはそろそろ終盤戦。春先から釣況が不安定で、なかなか好釣果が続かなかった今年の山形沖だが、縮彰さんは「フラッシング鯛ラバ」の活用でパターンを増やして対応した。 [...

庄内春マダイシーズン直前!鯛ラバ×イカベイトを解説

山形沖は春のルアーマダイシーズン直前。TEAM MARVELの縮彰さんらが昨年から実績を上げているフラッシング鯛ラバ×イカ型ワームパターンを紹介します。ついでに山形春マダイの定番テ...

秋真鯛にフラッシングタイラバという選択

各地で秋マダイが盛り上がりをみせている。タイラバゲームでは自由度の高いカスタマイズも魅力の一つだが、山形県の縮彰さんはこの秋から鯛ラバに「フラッシュJ(フィッシュアロー)」を導入。...

マダイルアーゲームおすすめのタイラバ(鯛ラバ) 9選

  日本各地でのっこみ前の春真鯛が好季。東北も日本海側はジグや鯛カブラで好調にタイが釣れている。こちらでは釣行記で実際に使用されたアイテムを中心に、タイラバ(鯛ラバー)の人気定番商...

例年よりちょっとテクニカルな庄内沖 春マダイゲーム[大瀬沖周辺のタイラバ・タイジギング]

東北各地で例年より早めの春が訪れているが、庄内沖のルアーマダイはいつもの年とちょっと雰囲気が異なっている。例年なら3月頃から盛期に入り、連日爆釣となるはずが、マダイのヒット率がなか...

夏のフラッシング鯛ラバ!ゲスト豊富な夏~秋マダイの釣り方

フラッシュJを使ったフラッシング鯛ラバが夏のルアーマダイで絶大な威力を発揮している。今季はフラッシュJシリーズにグロー系の「ルミノーバ」が続々登場。ピーカン晴れならフラッシュJのフ...