釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

カブラで好釣!庄内マダイ[山形のルアー真鯛]

縮 彰 2021年4月8日 更新

今季も好調に釣れた庄内大瀬周辺のルアーマダイもそろそろシーズン終盤戦。昨季まではメタルジグ、特にグリーンゴールドに実績が偏る傾向があったが、今季は鯛カブラにヒットするケースが多くみられた。今季の庄内マダイの模様を振り返りながらお届け!

米沢市「TEAM MARVEL」リーダーの縮彰さん

庄内(大瀬周辺)のマダイシーズンは例年2月中旬から5月中旬頃まで。春シーズンを通してみると、序盤はボトム付近に着くため比較的釣りやすく、ツ抜けの可能性が高い。数釣りしながら大型狙いも楽しめるチャンスなのだ。

ただ、3月頃までの序盤は低気圧の影響で出船できる確率が低いのが難点。低水温で活性が上がらないケースも多いが、今シーズンは釣行機会に恵まれた。今季初戦となった3月15日は52~67cmを4人で28枚の好釣果。続く3月18日も一人で13枚を釣り上げ、好調にシーズンに入った。

3月15日の釣果。4人で28枚を釣り上げた
この日、縮さんは64cm、3kgの良型をキャッチ!
3月18日はチームメンバー山口孝一さん一人でこの釣果!

大瀬周辺では水深100m付近を探るため、ルアーはタイラバ、メタルジグ共に80~120gが基本。ただし、マダイの泳層によりフワフワと中層を探りたい場合など、60g、45gとジグのウエイトを落とすと有効な場合がある。

アクションは垂直巻き上げやキャストからの斜め引きが中心で、タイのいる泳層を手返しよく探っていく。シーズン初期は底から20mくらいのレンジにかたまっているのだが、シーズン中盤から後半にかけてはタイが浮きはじめ、底付近から表層20m付近までレンジがバラけるようになる。

魚が中層に浮いている状況では、軽めのルアーで広範囲を探る方が分があり、潮流、水深の状況を考慮しつつ45gからの軽いウエイトが効果を発揮するようになる。魚が浮いている時はフォールのアタリにも注意が必要。

中層ではフォールも有効なのだが、どういうわけか今季はタイラバ、メタルジグ共にフォールでのバイトは皆無で、リーリング中のバイトがほとんどだった
 

今季は鯛カブラのビンビン玉スライドが大ヒット!

大瀬周辺沖のマダイといえば圧倒的なのがダイワ「TGベイト」。MARVELのメンバーも去年までは「TGベイト」のワンマンショー状態だったが、3月15日はTGベイトで釣ったのは28枚中2枚のみ。今シーズンは約9:1の割合でタイラバ、中でもジャッカルの「ビンビン玉スライド」が優勢だった。

「ビンビン玉スライド」は可能な限り軽いものを選択。状況により60gまで使用した。オーソドックスな巻き上げで誘い、タイがバイトしたらティップの曲がりを使ってスイープにフッキングさせ、そのまま重みを乗せてランディングまで持ち込む。あわてて「ガツン!」とアワせるのはバラシの原因にもなるので注意。

「ビンビン玉スライド」はスライド機構の効果かバイト&フックアップの性能が素晴らしく、フッキングさせた後のバラシ率はほぼ0%だった。

フックは刺さり重視で、細軸のがまかつ「一刀チヌ」が最初から採用されている。細軸のため、マダイの丈夫な歯や口の硬い部位へのフッキングによるダメージのチェックはマスト。マメな点検と交換で、釣果のロストを最低限に抑えられる。

「ビンビン玉スライド(ジャッカル)」
引き抵抗が少なく、感度の高いタングステン製ヘッドを使用した遊動式鯛カブラ。遊動式なので、フックに負担をかけずしっかりフッキング!フッキング後のバラシを大幅に軽減できる

「ビンビン玉スライド(ジャッカル)」紹介動画
「TGベイト(ダイワ)」の場合はグリーンゴールドが圧倒的人気を誇るが、「ビンビン玉スライド」のラバー、ヘッドカラーは日によって当たりが異なった。縮さんはオレンジ系とグリーン系を状況を見ながら使い分け。また、3月に山口さんが13枚釣った時はゴールド系ばかりで、オレンジが強いカラーにはほとんど釣れてこなかった

今季の大瀬周辺は初期から好調に釣れたぶんシーズンの進みが早く、マダイフィーバーからはそろそろ落ち着いてきた雰囲気。これからは青物も増えてきて、より浅場で50~60mの良型を狙える季節に入る。産卵後の5月、6月は水深40mくらいのポイントで釣れるようになり、砂地で根掛かりの少ないポイントも多く楽しめるはずだ。

4月12日に釣り上げられた良型58cm
4月12日、山口孝一さんはこちらの62cmのほか、タイトル下画像の56cmもキャッチ!
「ビンビンスティックBSC-610L-VCM(ジャッカル)」
巻いているだけで自動的にフッキング~ランディングまでをこなす「超ノセ調子」を特長としたタイラバ専用ロッド。巻きの釣りが主体となる春マダイにぴったり!
「専用設計だけあってソフトなティップの効果でラバーを離しにくく、バットは60クラスのマダイ~ワラサとも安心してファイトできました」とは使用した山口孝一さんの談
ラインは状況に合わせて、軽いカブラ、ジグを使うならPE0.6~0.8号。ワラサなど大型青物が釣れる場合などはPE1.2~1.5号にして、2つのタックルを使い分けるのがベター
こちらは4月19日のワラサ。マダイは終盤の雰囲気になってきた

◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

PROFILE:縮彰

山形のオフショアチームTEAM MARVELリーダー。酒田沖や相馬沖をはじめとして、太平洋、日本海(たまに南太平洋)の各地に釣行している。淡水のルアーも大好き

 

※取材・解説/縮 彰(TEAM MARVEL

YouTubeチャンネル登録もお願いします!

?

関連カテゴリ

関連記事

マダイルアーゲームおすすめのメタルジグ 7選[ジグ真鯛]

    山形庄内沖や竜飛沖周辺など春マダイが好季。最新&定番のマダイ用メタルジグ(タイ用ジグ)の人気商品を紹介します。 [関連] 鯛ラバ、鯛ジグおすすめタックル [adinsert...

日本海庄内沖のルアーマダイ!鯛ラバ&ジグで狙う春真鯛

ここ数年、人気上昇中の山形沖大瀬周辺エリアのマダイ釣り。産卵を控えたマダイは大瀬周辺海域でアミ類などの小さなベイトをお腹一杯に食べていて、高い確率で大型マダイを狙うことができる。こ...

例年よりちょっとテクニカルな庄内沖 春マダイゲーム[大瀬沖周辺のタイラバ・タイジギング]

東北各地で例年より早めの春が訪れているが、庄内沖のルアーマダイはいつもの年とちょっと雰囲気が異なっている。例年なら3月頃から盛期に入り、連日爆釣となるはずが、マダイのヒット率がなか...

レッツチャレンジ!酒田沖ルアーマダイ[タイラバ、真鯛ジギング]

山形の庄内沖で春の真鯛がよく釣れている。ジギング、鯛ラバで、のっこみを控えた良型のマダイを狙えるチャンス!ハイシーズンということで、山形の内陸部や宮城から酒田、鶴岡方面に足を延ばす...

夏秋シーズンの鯛ラバを解説 山形温海沖

庄内沖といえば春マダイが圧倒的に有名だが、夏~秋シーズンも好調に鯛ラバを楽しめる。中層のベイトフィッシュパターンが主体の春シーズンとは異なり、ボトムのナマコや甲殻類などのベイトが中...

夏のフラッシング鯛ラバ!ゲスト豊富な夏~秋マダイの釣り方

フラッシュJを使ったフラッシング鯛ラバが夏のルアーマダイで絶大な威力を発揮している。今季はフラッシュJシリーズにグロー系の「ルミノーバ」が続々登場。ピーカン晴れならフラッシュJのフ...