釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!
  • 今季も堅調な亘理沖ヒラメ船!秋は一発大物狙いの好機

    菅野 順也 2021年8月26日 更新

    がまかつフィールドテスター菅野順也さんより、夏~秋の盛期を迎えている宮城県鳥の海沖の船ヒラメのレポートが届きました!
    (2021年8月25日掲載)


    「前アタリからのドキドキ感」
    「活き餌使用でゲーム性が高い」
    「一発大物への夢」
    「食べて美味い高級魚」
    様々な理由で釣り人を惹き付けるヒラメ。天然の粒根が広がる一級ポイント、宮城県亘理沖に繰り出した。

    降り続いた雨の心配は御無用、沖の潮はクリア

    今年も例年通りに6月より解禁となった宮城県亘理地区のヒラメ釣り。水温の上昇と共に魚の活性も上がり、連日好調で釣れている。ヒラメフリークには待望の季節が到来だ。私も息子と一緒に亘理港より出船のきくしん丸に乗船した。

    「日によっては、小振りも目立ちますが数は十分釣れています。さらに105センチを頭に、メーターアップも浮上していますのでコンディションは良い状態です」と舵を握る菊地慎吾船長が話す。数日間雨が降り続いていたので港を出ても濁りがきつい状態だ。しかし、15分も走ると突然クリアな潮に変化。それを見て、心配は吹き飛んで期待に変わった。

    航程50分で水深35メートルのポイントに到着。船の生け簀から各自の桶に餌が配られて釣りを開始。サイズは13センチ程で揃っていて、活きが良いマイワシの上顎に親針、腹ビレの付け根に孫針を装着して投入。

    エサは七つ星の目立つマイワシ


    親バリは上アゴ、孫バリはイワシを弱らせないよう腹ビレの付け根付近に付ける
    ヒラメ3本チラシ仕掛」(がまかつ)
    掛かり率が高く、エサが大き目の時にも適するチラシバリ仕掛け。替えバリの準備もお忘れなく

    がまかつ
    孫バリを掛かりのよいチラシバリ仕様にしたヒラメ釣り仕掛け
    販売価格¥572
    (2021年8月時点の価格)
    がまかつ
    仕掛けが傷んだ時用に替えバリ仕掛けもあり
    販売価格¥378
    (2021年8月時点の価格)

    オモリが着底したら素早く棚を切って、オモリが底をたたかない位置でキープ。直後に「ガツガツ」と鋭い感触が伝わり、さらに食い込んでくるのを待ったが、魚信は途切れた。回収すると餌はなくなっていた。急いで仕切り直したが、また同じことが…。「私か下手なのか?魚か上手いのか?」と戸惑っていたが、船上では他の釣り人が次々に竿を曲げていた。

    開始からしばらくアタリがなかった息子も最初のアタリで針かがりに成功、62センチをキャッチ。出遅れてしまっていた私にも58センチの一匹目がヒット。それからはアワセのタイミングが合って連続で針掛りに成功することができた。当日はヒラメの活性が非常に高く、仕掛けを下ろせば食うの入れ食い時間も長かった。

    本命ヒラメを手にする息子の真海くん。毎度のカメラマンも担当
    菅野さんも調子をつかんでからは順調に枚数を重ねた
    数が釣れても小型はリリースするなどして、これからも楽しめるよう資源確保に努めたい

    アワセないアワセとは?

    アワセのタイミングが一番重要とされるヒラメ釣り。一昔前までは頃合いを見はからって、一気に竿をしゃっくり上げる強いアワセを入れる人が目立っていた。最近のアワセの入れ方は、前アタリから少し待った後に、聞きアワセのようなゆっくりと竿を立てるのが主流となっている。

    これは、ヒラメが餌のマイワシに噛み付いているが飲み込んではいない状態を想定してのことだ。徐々にテンションを掛けて、飲み込みを促しながら針を口元に持っていく二段階の動作が有効のようだ。強い竿の操作はしなくても自重が重く水の抵抗もあるので針掛りは容易だ。しかし、前アタリの出方は様々で、突然一発で食い込む時もあるのでファーストコンタクトに対しては、常に集中して対応をしたい。


    がま船 シーファング ヒラメ」(がまかつ)
    海底の状態や活きエサの動きをしっかり把握し、的確にアワせることができる操作性に優れたヒラメロッド
    適度な柔軟性があり、大型のヒラメともしっかりとやり取りできる

    がまかつ
    優れた感度と食い込み性を両立させたがま船シリーズヒラメ竿
    販売価格¥46,500
    (2021年8月時点の価格)


    時に連続ヒットもありで、船中ヒラメの釣果でにぎわった


    亘理鳥の海沖はメーター級の大判ヒラメも出る盛期

    大判ヒットはなかった当日は別船にて釣れた74センチが最大。でも数は伸びて竿頭で19匹、私が18匹・息子も13匹釣ることができた。

    菊地船長によれば「いつメーターオーバーが来てもおかしくない状況です。仕掛けの傷はもちろん、道糸などもしっかりチェックしてください」とのこと。

    今シーズンも絶好調な亘理沖のヒラメ釣り。晩秋までロングランで楽しめそうだが、今が狙い目だ。

    終わってみればトータル18枚の釣果
    息子の真海くんも13枚とこちらも上々


    アイナメ、マトウダイにこれからの季節はイナダ、ワラサの青物も多くなる
    大型船の揃う遊漁船きくしん丸は連日ヒラメ船で出船中(釣果速報にも釣果掲載中)。鳥の海・荒浜漁港の釣り用品きくしん前から出船
    ■予約TEL:080-1667-1181

    PROFILE:菅野順也

    カレイ、ヒラメ、メバル、マダイ、深海などの船釣り中心にワカサギや渓流など多様な釣りをこなすオールラウンダー。がまかつフィールドテスター、山豊テグスフィールドテスター、マルキューフィールドスタッフ、スポニチAPC、日本魚検定(とと検定)2級取得。福島市在住

     

    ◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

    ※取材・テキスト/菅野 順也
    ※取材協力/きくしん丸

    YouTubeチャンネル登録もお願いします!

    ?

    関連カテゴリ

    関連記事

    仙台湾カレイ釣り大会の攻略法[大型魚礁マガレイ数釣り]

    宮城県・大型魚礁沖のカレイ釣りシーズン。塩釜沖でもカレイ釣り大会が多く開催されているが、ここでは仙台湾のカレイ釣り大会で有効なテクニックを菅野順也さんに紹介してもらった。 [adi...

    亘理沖のヒラメ釣り解禁!大判平目に狙って食わせる方法

    亘理荒浜沖のヒラメ釣りが6月1日に解禁。まだまだシーズン序盤ながら、良型が多く絶好調!初期の亘理沖で大型ヒラメに狙って食わせるための攻略法を菅野順也さんが解説します。 シーズン中は...

    茨城波崎沖の赤い宝石!アカムツ絶好調

    水深270メートルの深場から赤いダイヤを発掘!福島市の菅野順也さんが超高級魚として名が知られるアカムツを求めて茨城県波崎沖へ釣行した。 目次 波崎沖航程1時間半の沖にアカムツ船団が...

    亘理沖ヒラメ船 夏の爆釣シーズンは目前!

    亘理鳥の海沖のヒラメ釣りの調子が上向いてきた。かつては8月1日解禁だった時代もあるように、夏から秋にかけてが型、数ともに狙える盛期となる。菅野順也さん父子のレポートです。 目次 天...

    仙台湾カレイ船 良型入れ食い中!

    5月中旬、池田正義さん、菅野順也さんを含む、がまかつの開発スタッフは仙台湾にカレイ狙いで釣行した。この日は今まで経験したことが無いと言うほどに大型魚礁のカレイの食いは良く、上がって...

    東北船ヒラメ釣り最盛期!鳥の海沖も大型有望

    今年もやってきた東北の船ヒラメシーズン。各地で大型が続々浮上しているが、魚影の濃さで定評のある宮城県亘理沖(鳥の海沖)でも好調が続いている。菅野順也さん親子の釣行記です。※2016...

    こちらの記事もおすすめ

  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー