釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

宮城のランドロックサクラマス好季!花山湖&漆沢ダムに釣行

武山重之 2022年5月6日 更新

ランドロックサクラマス=山上のダム湖などにより降海できず、陸封型となったサクラマス(銀化ヤマメ)。宮城では白石川の七ヶ宿ダムが釣り場としてよく知られている。また、白石に比べ釣り人は少ないものの仙台以北のダム湖にも同様の個体が生息している。

2022年のゴールデンウィークに石巻の武山重之さんが花山ダム湖と漆沢ダム湖に釣行。宮城のランドロックサクラマスについてレポートしていただいた。


5月1日 花山ダムのランドロックサクラマスキャッチ

宮城県のリザーバーのサクラマスは例年5月の連休頃、雪シロが落ち着き始め、水温が10℃前後の頃からが狙い目となる。

5月1日、武山重之さんは栗原市の花山湖(花山ダム湖)へ釣行。ダムへ流入する一迫川からの雪どけ水が大分落ち着いてきたのか濁りは少なくなったものの、コンディションはタップリ満水状態。


水温は約10.5℃。ハイシーズンに入る適水温
満水で立ち込める場所も限られた。あと1~2週間ほどで水位が落ちればもう少し狙いやすくなるはずだ
花山漁協の日釣り券は1,000円。近くのヤマザキショップなどで購入できる

武山さんはリザーバーでは「フロントレイク12g」や「リアライズ14g」(ともにフォレスト)を中心に使用している。フックは「TR-21」、「TR-22」(がまかつ)の#4か#6

スプーンのカラーはゴールドベースの赤金やグリーンオレンジベリーなどから入り、シルバー系のパールワカサギなど、水の濁り具合から太陽光の照度などに合わせ良いカラーを探っていく。「スプーンで狙う時は少しくらい濁りがあった方が、魚をだますことができてチャンスが増えます」


花山ダムのランドロックサクラマスをキャッチ!
FRONT LAKE 12g
FRONT LAKEあわび12g
Realizeあわび14g



フォレスト
定番カラーといえるレッドゴールド


フォレスト
今釣行でも好反応だったグリーンオレンジベリー


フォレスト
あわびカラーは陽が射してきたときなどフラッシング効果に期待
「TR-21」(がまかつ)
「TR-22」(がまかつ)
PE仕様のスモールループアイを採用した、トラウトゲームに最適なフック。定番のレッドカラー仕立て。チヌ型の「TR-21」と丸せいご型の「TR-22」の4番、6番あたりが山上湖には適している


がまかつ
シングルの4番か6番を使用している。
[関連]

GW連日釣行!5月2日は酒田沖マハタ&ソイ

山形から戻り、5月3日は再び花山ダムへ。この日もサクラマスの気配は十分でバイト多数。ちょっと小ぶりな銀化ヤマメというような個体をキャッチ!

湖に入って時間が浅いのかヤマメの特徴を少し残した、銀化ヤマメのようなサクラマス。オレ金カラーで
まだ水の多い夕方の花山湖


5月4日は鳴瀬川水系の漆沢ダムでシルバーサーモン

5月4日は場所を変えて鳴瀬川水系の漆沢ダム(加美町)へ釣行。こちらは雪シロがまだ出ているためか花山ダムより水温が1℃ほど冷たく、コンディションが若干異なった。それでも、釣りを始めるとバイトが多くこちらも好季の雰囲気。

40cmくらいのサクラマスらしい魚をバラしてしまったが、27~28cmのシルバーサーモン(ギンザケ)が釣れてきた。


まだ雪シロが入りちょっと冷たい漆沢ダム湖
パールカラーのグリーンオレンジベリーで
銀鮭は頭部の斑点が目立つ

この連休中は北上川水系のサクラマスも釣れてきていて、午後からは石巻へ戻って旧北上川のサクラマスを狙ったそうだ。

マスの反応多く今後も期待大

「いつもだと連休の頃にはワカサギが産卵のためにバックウォーター(流れ込み)付近に入ってくるのですが、今年は少し遅れ気味かもしれません」。さらに満水状態でポイントを選べない状態下でもバイトはかなりあったので、今年の宮城リザーバーはマスの調子自体はなかなか良さそうだ。

「1~2週で水位が落ち着くはずで、チャネルがみえるようになってくると、ボトムをトレースしやすくなり大型と出会えるチャンスも増えてきます」。これからはベイトになるワカサギの動きや水温に合わせて釣りを組み立てる必要がある。武山さんはさらなる大物を狙って北上川水系のサクラマスに通いつつ、今月一杯は山上湖にも足を運んでみるつもりだ。

[関連]

仙台市大倉ダムのランドロック桜鱒(2017年)

[タックル1]
■ロッド:ジェイドミラー86MH(パームス)
■リール:イグジスト3000S-C(ダイワ)
■ライン:エックスブレイド スーパージグマンX8(YGKよつあみ)0.6号+リーダーフロロ10Lb
[タックル2]
■ロッド:ストリームインフィニティ74M(フォレスト)
■リール:ステラ2500HGS(シマノ)
■ライン:エックスブレイド スーパージグマンX8(YGKよつあみ)0.6号+リーダーフロロ10Lb


YGKよつあみ
細くても安定した強度、性能を誇る8ブレイドPE

◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※解説・写真/武山重之


関連カテゴリ

関連記事

旧北上川サクラマス2022年シーズン初期の状況を解説

石巻市のフォレストフィールドスタッフ武山重之さんが今季1本目の旧北上川サクラマスをキャッチ!本格的なシーズンに入ったばかりの今季の状況や初期の釣り方などについて解説してもらった。 ...

追波川サクラマス ミノー&スプーン講習会

  2019年4月21日に開催した、「釣りTiki東北杯サクラマスin追波川」より、サクラマス講習会の模様をお届けします。スプーンを武山重之さん、ミノーは村岡博之さんが担当。動画を...

大倉ダムのランドロックサクラマス[仙台近郊の桜鱒]

仙台広瀬川水系の大倉ダムで陸封型のサクラマスがキャッチされた。有名な七ヶ宿ダムに注目が集まるが、その他のダム湖もヤマメが生息する河川であればサクラマスに期待できる。 ※2017年3...

2017年3月1日七ヶ宿ダム解禁釣行[ランドロック櫻鱒、雨鱒]

3月1日、宮城県内河川、湖沼でトラウト類の釣りが解禁した。ランドロック(陸封型)のサクラマスで有名な白石川の七ヶ宿ダムには昨シーズンの好調もあり多くのアングラーが集結。しかし今年は...

村岡博之の釣れないから面白い?辛いから楽しい?(プレミアム版)☆第三回 絶対面白いぞ、ランドロックゲーム!

執筆者:村岡博之さん ※この記事は2015年4月に釣り河北プレミアムサービスの連載記事として配信したものです 第3回 絶対面白いぞ、ランドロックゲーム! 北上川水系のサクラマスゲー...

サクラマスとギンザケなど東北で釣れるマス類の見分け方

震災のあった2011年、三陸の養殖イケスで出荷を控えていたギンザケが大量に逃げ出し、東北太平洋側の各地で釣れ盛ることがあった。2015年現在、そのようなことは無くなったものの、復興...