釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

釣り好き女性アングラーの仙台湾カレイ船釣り大会参戦記!

編集部 2022年8月4日 更新

東北地方の釣り大好きな女性アングラーが各地より集結。カレイ釣りがシーズンを迎えた大型魚礁沖を舞台に、6月中旬に開催されたスポーツ報知主催カレイ釣り大会の模様をお届けします。
※2022年6月実釣。


女性アングラーが集まった華麗船に同船

今大会には、当メディアイメージキャラクターの千葉めぐみさんを含む女性陣8名が参戦。女性だけの仕立て船といっても過言ではない「華麗船」に同乗してきた。一昔前のイメージだった、おんつぁん=カレイ釣り。その概念を一新する華ある釣行会となった。

受付風景。出船前の5時、続々と参加者が集結
当日は、えびす屋所有の2隻(女性アングラー船、一般参加者船)に分かれて午前6時に塩釜まがき港を出船。ポイントとなる仙台湾大型魚礁沖の漁場を目指した


ポイントへ移動中のキャビン内。早朝から熱気むんむん、女子トークで大盛り上がり

カレイ釣り経験者の女性アングラーが初心者をけん引

当日はカレイ釣りに初めて挑戦する女性アングラーも数名いたものの、そこはベテラン陣がサポート。

塩釜まがき港を出船したえびす屋丸は約40分ほどの航程でポイントに到着。合図とともに競技開始となった。海上は鏡一面の様なベタナギ、潮もマズマズ動いておりベストな状況だった。

開始早々アタリがありヒット。難なく良型のマガレイが上がってきた。今季のカレイ釣りは低調気味。の前評判を覆す幸先の良いスタート。続々とヒットが続き、カレイの活性は上々のようだ。「カレイのコンディションはとてもいいね。アタリが連発するなんて久しぶりだよ。今日は期待出来るんじゃないかな」と船長。

漁場へ到着すると海上はベタナギ。鏡のように穏やかで美しい海面が広がる。準備OKスタートフィッシングとなった


開始早々、アタリは頻繁にありアチコチで竿の曲がる光景が見られた。当メディアイメージキャラクターのめぐみさんにも大きなアタリがあり即アワセ。慎重に巻き上げてくる竿が大きくしなる。上がってきたのはマガレイのダブル。「カレイ+私の顔+カレイ、このポーズでトリプルに見えないかな」と笑顔いっぱいのめぐみさん


今大会の女子アングラーのまとめ役的存在。女性フィッシング協会東北担当、FUNC公式インフルエンサーみくみくさん。マガレイをキャッチ


深場から何でもこなすガチンコアングラーのイシチさんにもマガレイがヒット


釣果記録アプリFishRankerの広報を務めているゆかりさんもマガレイをゲット


移動距離なんか苦にならず。秋田から参戦のゆうこさんもマガレイが見参。みくちゃんも同時にヒット


ハード船にも乗り込む初参戦、フレッシュなかえでさんもマガレイの引き味を堪能


シーバス、フラットなど陸っぱりで活躍中のカンリンさんも陸脱初参戦で念願のカレイがヒット


前半はサポート、レクチャーと大忙しで竿が出せなかったベテランカレイ釣り師のゆうこさん。中盤戦から怒涛の攻めを見せカレイが乱舞。ダブルも良型揃い


カレイのコンディションは好調をキープ。次から次へと竿が大きくしなる。ほぼ同時にヒットした皆さんが集まり記念撮影


カレイの他に外道でアイナメ、サバにハナダイの姿
カレイシーズン突入。周囲は多くの釣り船が集結していた

中盤以降サイズアップに女性たちの歓声が上がる

以前は数狙いだった大型魚礁沖のカレイ釣りも、昨今は型狙いにスイッチの傾向。良型を20匹も釣れば、「もう満足、クーラーにもギッシリでお腹いっぱいだよ」と釣り人もホクホク。

そんな状況下、当日も30cm台後半のマガレイを中心に40cm超のマコガレイやイシガレイ、ソウハチガレイにムシガレイと多彩な良型カレイ類が連発する結果となった。

初心者のメンバーを含む女性専用船だったが、蓋を開けてみれば二桁安打。初めてのカレイ釣りとは思えないほどの好釣果に、当の本人も満面の笑み。終始笑顔が絶えない和やかムードの船上となった。


カレイの食い気は上昇傾向。釣り上げたカレイを手に皆さん「ナイス~」と歓声を上げ盛り上がった。「見て見てこのカレイ、手のひらサイズでカワイイ」。と終始大盛り上がり


めぐみさん使用の「がま船 華鰈幻」(がまかつ)。チタン合金穂先の響くような手感度と目感度に優れながら、近年大型化するカレイ釣りを楽しむ釣り味も併せ持った最高峰カレイ竿だ。
[関連釣行記]がま船 華鰈幻で伊藤育男さん実釣!初夏の大型魚礁沖マガレイ釣り


始めは小さいアタリを取りにくくバラシも多かったが、後半に差し掛かるにつれ上手くアワセることが出来るようになり数を重ねた。時折、40cm超の良型も混じり船上はお祭りモードへ突入
同じく大会に参戦している別船も同エリアでコンスタントに数を重ねていた


マガレイダブル連発で良型揃い。レクチャー、フォローとお手伝いいただいた男性スタッフも記念にパチリ


めぐみさんも着実に数を重ね、終了間際にはマコガレイをゲット。隣のカエデさんも同時にカナガシラを釣り上げ「なんか可愛いよね。チューしよ」とチューカット。おんつぁん同士では発想もつかないカットかも
正午に納竿。皆さん自慢のカレイ数枚を持参いただき最高の笑顔で記念撮影。この日の気温は陸地で30℃になる夏日。船上もかなりの暑さではあったが、女性アングラーの熱さはそれ以上だった
帰港途中のキャビン内。ベテラン女性アングラーゆうさんからのスイカの差し入れを食べながら女子トーク

帰港後、大物賞や大漁賞の表彰が行われた


検量と表彰式の模様(動画)

帰港後の検量風景。良型のカレイが持ち込まれる度に賑わいを見せた
上位入賞者の皆さん。
前半サポート、レクチャーからの怒涛の追い上げで27匹を釣り上げたゆうこさんが大漁賞2位、レディース賞のダブル受賞
めぐみさんは26匹を検量所に持ち込み大漁賞3位と思われたが・・。同数の参加者がおり重量判定に持ち込まれた結果、残念ながら500gの重量差で4位にスライド。しかしながら大物を釣り上げ見事大物賞3位をゲット
今大会参加者の皆さん

安定の釣果に期待できる仙台湾カレイにぜひ挑戦を!

気になるカレイの釣況は安定傾向。えびす屋直近の7月17日の釣果は、マガレイ16~40cmが多い人で28匹。中には唐揚げサイズも混じるも、大半がズッシリ級の良型揃い。日ムラはあるものの今後も大いに期待できそうだ。

船宿ではタックルのレンタル体制は万全。これからカレイ釣りを始めたい方、タックルがないけどカレイ釣りを楽しんでみたい。そういった初心者の方も手ぶらで気軽に足を運ぶことが可能だ。今季のカレイ釣りもまだ序盤。仙台湾大型魚礁沖のカレイ釣りはまだまだ続く。

取材にご協力いただいた塩釜のえびす屋は仙台湾マガレイ船ブームやワラサジギング等、長年にわたり塩釜の釣り船をけん引してきた船宿。大型遊漁船第71、51えびす屋丸をはじめハイテク船を多数所有。今の季節は連日好調なアジ五目船、湾内五目船、マガレイ船で好評出船中。その他ジギング船やキャスティング船、リレー船等も希望があれば対応している。
【遊漁船紹介】えびす屋(塩釜まがき港)
■TEL:022-362-2220

◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!


YouTubeチャンネル登録もお願いします!

?

※取材協力/えびす屋、スポーツ報知

関連記事

マガレイ

【東北の魚種別攻略】 マガレイ マガレイ 仙台湾とむつ湾に多く、季節と場所によっては三陸沿岸でも釣れてくる、東北の船釣りの代表釣種。ポイントはマコガレイよりは若干深い海域が中心とな...

宮城のカレイ船釣り(船カレイ)の釣行記、料理記事まとめ

宮城県の船カレイ釣行記をまとめました。厳選料理レシピもズラリ勢ぞろい!   目次 宮城県歌津湾のカレイ釣行 宮城県志津川湾のカレイ、アナゴリレー釣行記 宮城県渡波沖のカレ...

東北船カレイ仕掛け9選【三陸~仙台湾】

  三陸海岸から仙台湾を中心とした東北太平洋側はカレイの人気が高く、カレイの船釣り専用のタックル、仕掛け類も数多くリリースされている。こちらでは2018年春の時点で発売中の船カレイ...

東北船カレイで人気のカレイ竿一挙紹介[2022]

仙台湾、三陸、陸奥湾など東北各地で夏場と冬場の一時を除いてほぼ年中狙える船カレイ。ここでは人気のカレイ竿を集めてみました。(2016年初出、2022年3月更新) ※特に記載されてい...

2018カレイ釣り講習会報告4 トーナメント的カレイかかり釣り解説[後編]

2018年1月28日(日)、ペア・パル利府において開催された「育男の仕掛け主催!2018最新カレイ釣り講習会」より、伊藤育男氏の最新カレイ釣り理論の一部を公開します。 テクニック編...

マコガレイ(カレイ)の刺身

完成図 ここでは無眼側の白い方だけ刺身にし、残りは煮付けにした。子持ちのマコガレイを煮付けにしたいけど、少し刺身も食べたいなってときには、こういう使い分けもアリ。卵はきれいに取って...