魚種別攻略法

東北の人気釣種をやさしくガイド!ビギナーさんにもわかりやすく解説
魚種別攻略法トップへ
【東北の魚種別攻略】

マガレイ

マガレイ
仙台湾とむつ湾に多く、季節と場所によっては三陸沿岸でも釣れてくる、東北の船釣りの代表釣種。ポイントはマコガレイよりは若干深い海域が中心となり、仙台湾の大型魚礁だと水深40~50mくらい。釣り方はコヅキ釣りで、高感度なタックルを使った数釣りが主流。ハイシーズンには100枚超の束釣りが狙え、数を競う競技大会も多数開催されている。

分類、生態

◆分類
カレイ目カレイ科。マコガレイと似るが、目と目の間に鱗がない。個体により白い側(無眼側)のヒレの付け根に黄色帯があるものや、黒い斑点を持つものがいる。

◆通称
カレイ、アカジ

◆生息分布
日本海と瀬戸内海以北の太平洋側に分布。水深150m以浅に生息し、水深30~80mの砂~砂利底を好む。

◆備考
東北ではマコガレイのように岸から釣れるほどの浅場には少なく、主に船釣りで狙う。本種を狙った釣りは仙台湾やむつ湾で盛んで、数釣りが楽しい。20~30cmが多いが、最大で40cmくらいになり、大型は刺身で、それ以下は煮つけや焼き物、から揚げでおいしい。

タックル

オモリ負荷30~50号の先調子竿と100~200番手の小型両軸リールの組み合わせが一般的。ラインはPE1.5~2号(乗船する遊漁船にもよるので確認のこと)。竿のタイプは好みによるが、操作性に優れ、カレイのアタリが取りやすい8:2か9:1調子。感度重視の釣りなので短めの竿がよく、1.5~1.8mくらいがウネリに合わせて底を取りやすく、取り込みもラク。ウネリが出ることの多い外洋で釣る茨城沖などでは2m前後の竿を使うことが多いが、東北で人気の竿は先鋭で短め、どちらかというとカワハギ竿に近いものがよく使われている。

【仙台湾マガレイ的ロッド】


アブガルシア(Abu Garcia) 黒船 カレイ KKRC-160H-カレイ9:1 小突調子. 船竿 釣竿 カレイ

がまかつ がま船 カレイ一爽 MH 1.8m


ダイワ(DAIWA) 21 カレイ X 82-160

仕掛け

仕掛けは片テンビン式の2本バリか3本バリで、上バリで誘い、下バリで食わせるイメージ。通常は活性の高低にかかわらず万能な3本バリ。感度、操作性重視で釣りたいときは短めの2本バリ仕掛け、と使い分ける。仕掛けのタイプは多様だが、一般的なのはスネーク天秤などの小型テンビンを使用したもの。感度を悪くするので、仕掛けに大きな飾りはつけず、パーツは小さなビーズやクロスビーズ程度。天秤を使わない直結仕掛けも人気がある。糸はハリスに張りのあるポリエステル系やフロロカーボンを使うことが多く、幹糸までフロロにしたり、感度重視で金属系のラインを使ったりといろいろ。ハリは丸せいごやカレイバリの12号、13号前後。オモリは30~50号(40号中心)。オモリの形状は砂に埋まりにくく、コヅいたときの砂煙でカレイにアピールできるものを。ナス型のほか、球形に近いものも人気がある。オモリのカラーは通常の鉛色以外に、夜光色や目玉付きなども有効だ。

仕掛け
 

エサ

エサはアオイソメ。カレイのアベレ-ジサイズが20~25cmと小中型なので、1匹を通し刺しで小さな球形にエサ付けする。タラシの長さはだいたい2~3cm。上バリはコヅキとともに動いてカレイを誘うのでタラシを若干長めにするとよく、また、下バリはボリュームを小さめにしてしっかり食わせる。

テクニック

道糸を流さないようにしっかり底を取りつつ、竿先の曲がりを利用して小刻みに仕掛けを踊らすコヅキ釣りで狙う。仕掛けが常に底にあるようにしながら、潮の流れに合わせて仕掛けがしっかり泳ぐように。定期的に動きを止めたり、その日の食い気に合わせてコヅキの幅を大小調整する。手練れてくると仕掛けの状況が分かるようになるが、コヅいている最中の下バリのアタリはかなり取りにくく、たまに竿を大きく上げて聞き上げると、カレイが食っていることがある。定期的に聞き上げて反応を確認するのも大切。アタリがあったらすぐにアワせるのが基本。アワセ失敗になってもまた次が食ってくるので、あやしいときはどんどんアワせる。また、しばらくアタリが止まった場合はエサがなくなっていることが多いので、いったん巻き上げて仕掛けとエサをチェックする。

関連記事

2014 がまかつカレイ船釣り大会(予選)宮城県大型魚礁大会

  2014年5月18日(日)宮城県大型魚礁一帯を会場に表記大会が開催された。 体長20cm以上のマガレイ、マコガレイの総匹数(同匹数の場合総重量の重い方が上位)で争われ...

宮城の船釣りガイド[南三陸、女川~塩釜沖、松島湾~仙台湾(大型魚礁)~亘理]

宮城県の船釣りの概要をエリアごとに紹介します! 宮城県内でも全国的にも有名な船釣り基地が塩釜港エリア。塩釜沖のポイントは松島湾や仙台湾、大型魚礁沖、金華山沖、田代・網地島沖などが知...

仙台湾カレイ釣り大会の攻略法[大型魚礁マガレイ数釣り]

宮城県・大型魚礁沖のカレイ釣りシーズン。塩釜沖でもカレイ釣り大会が多く開催されているが、ここでは仙台湾のカレイ釣り大会で有効なテクニックを菅野順也さんに紹介してもらった。 [adi...

女性でもラクラク!仙台湾・大型魚礁沖のカレイ釣り

手軽に数釣りが楽しめて、初心者からベテランさんまで幅広い釣り人に人気の仙台湾・大型魚礁周辺のマガレイ釣り。今シーズンは春からずっと好調をキープ!こちらでは船カレイ入門にも最適なニュ...

大型魚礁沖カレイ 秋冬シーズンが深場から開幕!

夏以降やや低調に推移していた仙台湾、大型魚礁周辺のマガレイ船の調子が上向いてきた。通常水深40m前後の大型魚礁ではやや深めといえる60mラインから釣れ始め、子持ちも狙えるハイシーズ...

大型魚礁のマガレイ復調!メロウド食いの良型狙い 50cm超イシガレイ多数

高水温などのために不調が続いていた仙台湾のマガレイ釣りだが、昨年12月過ぎから調子が上向き始め、冬の好季に突入している。20cm台後半以上の良型マガレイにマコガレイ、イシガレイの型...