魚種別攻略法

東北の人気釣種をやさしくガイド!ビギナーさんにもわかりやすく解説
魚種別攻略法トップへ
【東北の魚種別攻略】

ヒラメ(船)

ヒラメ

hirame.jpg

東北のヒラメ釣りは冬季の寒ビラメが中心の関東地方と異なり、夏から秋にかけてがシーズン。関東では活きエサにマイワシを使う地域が多いのに対し、東北太平洋側はカタクチイワシをエサにするのが普通(東北日本海側はアジやサバ、シロギスなども使用)。釣り方は地域によって異なり、外洋で型が狙える福島~仙台湾、内湾の数釣りが楽しい三陸周辺、ボート釣りの盛んな陸奥湾、ヒラメサビキや夜の電気釣りで賑わう日本海、と地域毎に特色がある。

分類、生態

◆分類
カレイ目ヒラメ科。エラが下になるように置いたとき顔が左側を向き、大きな口を持つ。

◆通称
ソゲ(小型)

◆生息分布
沖縄を除く日本各地に分布。海岸から水深100mくらいまでの砂地、岩礁帯に生息する。

◆備考
魚食性が強く、底にへばりついて、上を通り過ぎる魚に飛びつくので、よく動く活きエサを使った釣りやルアーが有効。関東以南では冬の寒ビラメ釣りが盛んだが、東北では夏から秋にかけてがシーズンになる。岸釣りのアベレージは30~40cm。船では40~60cmを中心に、メーター級も夢ではない。

タックル

太平洋側~陸奥湾の活きエサを使用するヒラメ釣りでは2~3mのヒラメ竿に、十分な巻き上げ力がありドラグ性能のしっかりした小中型両軸リールを組み合わせる。竿の調子は6:4調子が主流で、仕掛けをしっかり操作しつつ、食いこみもよいものが使いやすい。タックルは釣り場によって異なり、日本海ではワラサなども同時に狙えるため、比較的ヘビーな仕様が定番。三陸では軽量なタックルに細い糸を組み合わせるライトタックルのヒラメ釣りも人気が出ている。

【東北のヒラメ釣りにベストマッチなタックル例】

アブガルシア(Abu Garcia) 黒船 ライトヒラメ KLHC-245M 7:3先調子.
アブガルシア(Abu Garcia)
売り上げランキング: 75,803
アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール REDMAX船3-L 左ハンドル
アブガルシア(Abu Garcia)
売り上げランキング: 51,679

仕掛け

カタクチイワシやマイワシの泳がせ釣りの場合、胴突き式の1本バリ仕掛けを使うのが普通だが、三陸など根魚五目で狙う場合は2本バリ、3本バリも使用する。一般的な1本バリ仕掛けは、フロロ5号前後のハリスを70cm~1m取り、ローリング式のスイベルやエダスビーズなどでエダスが360度回転するようにする。ハリはチヌバリの5号、6号。エサがカタクチイワシなら孫バリは不要だが、マイワシをエサにするときはエサが大きいので孫バリを使用した方がハリ掛かりはよい。根掛かりしたときに捨てオモリにできるよう、捨て糸は幹糸より3段くらい号数を落とす。また、日本海のヒラメサビキではアジ狙いのサビキ仕掛けの下に1本バリを出して活きエサを付ける。

 

                     1本バリ                     2本バリ 

hirame_shikake1.jpg     hirame_shikake2.jpg
仕掛けの画像はクリックすると大きくなります。 
がまかつ(Gamakatsu) ヒラメ3本チラシ仕掛 替え鈎 HS-030 5-4.
がまかつ(Gamakatsu)
売り上げランキング: 161,494

エサ

釣り船側であらかじめ用意してくれる場合、ポイントに着く前にサビキを落としてエサを釣る場合、ヒラメサビキのようにエサを釣りながら本命も同時に狙う場合に分けられる。エサの種類は地域、状況により異なり、カタクチイワシ、マイワシのほかアジやサバ。地域によってはチカやシロギス、ウグイなどの淡水魚をエサにする場合もある。エサ付けは活きエサを弱らせないよう、バケツの中で手を濡らした状態で手早く行う。目から遠いアゴの先端付近にアゴ掛けにするとエサが比較的弱りにくい。エサの絶対数によっては使えるエサの尾数に制限があることも多いので、その場合は納竿までの時間を計算して大切にエサを使う必要がある。

テクニック

着底したらまず底を切って1.5m前後のタナに合わせて活きエサを泳がせる。底を取ってすぐのタイミングでアタリがくることも多いので着底前後からアタリに集中。アタリがあってもすぐにアワせるのは×。即アワセだとハリ掛かりしにくく、ヒラメ40とも言われるようにしっかり食い込ませる必要がある。ヒラメはエサの横っ腹に噛みついたあと、エサをくわえ直して飲み込むので、竿をしぼり込むような本アタリが出てからゆっくりとアワせる。アワセは鋭くなく、竿をまっすぐ立てる感じ。ヒラメは水面付近まで巻き上げてきて、タモが見えるころに最期のひと暴れをすることがあるので、取り込み終わるまで油断は禁物だ。

その他

ヒラメ釣りでは地域毎のローカルルールが釣果に直結するので、釣り場に合った釣り方をするのが大切。そのときに釣れているヒラメのサイズや活性、エサのサイズなども考慮して、最も有効な戦略を持って臨みたい。

YouTubeチャンネル登録もお願いします!

?


アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール 黒船 KUROFUNE PH パワーハンドル

関連記事

ヒラメは横っ腹からエサに食いつく?【水槽映像】

ヒラメの捕食シーン ヒラメの捕食シーンを水槽で観察!いろんな捕食形態が見られて参考になります。 横から腹を咥えるパターンが多いようですが、見た目からは考えられないくらい瞬発力があっ...

ヒラメ刺の納豆和え

完成図 マグロ納豆などがあるように、魚の刺身と納豆は相性バツグン!ささっと簡単に作れて、ごはんに乗せても酒の肴にしても最高のおいしさなのだ。 児玉料理人のワンポイントアドバイス 納...

亘理沖ヒラメ船 夏の爆釣シーズンは目前!

亘理鳥の海沖のヒラメ釣りの調子が上向いてきた。かつては8月1日解禁だった時代もあるように、夏から秋にかけてが型、数ともに狙える盛期となる。菅野順也さん父子のレポートです。 目次 天...

仙台湾ヒラメ爆釣劇のチャンス到来!

東北各地で絶好の食いが続いているヒラメ釣り。宮城県塩釜沖にも大判の群れが居着くポイントが広がっている。 船は今年6月に「活きイワシの五目釣り」を、釣行記内で紹介させていただいた晋漁...

志津川湾のヒラメとカレイ

南三陸の志津川湾で、ヒラメ船が開幕から好調を維持している。そのかたわらで春からずっと釣れているカレイ船。志津川のカレイ船といえばマコガレイだが、今季は夏のナメタガレイも好釣中!ヒラ...

三陸越喜来 船ヒラメ盛期到来!

三陸ヒラメ釣りのメッカ、越喜来湾が好シーズンを迎えている。静かな湾内でヒラメのアタリに集中!今季はマイワシエサで始まったが、カタクチイワシも入ってきて、数、型ともにこれからに期待大...