釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

「がま船 華鰈幻」で実釣!初夏の大型魚礁沖マガレイ釣り

編集部 2021年6月18日 更新

2021年春、がまかつの新しいカレイ竿「がま船 華鰈幻」が発売された。テクノチタントップと鋭いブランクスによる感度に、美しい曲がりで釣り味も楽しめる新感覚のカレイロッド。がまかつフィールドテスター伊藤育男氏が仙台湾で実釣した。


春から初夏の好季ながら序盤は波風のあるコンディション

2021年6月12日、育男さんは塩釜港の船宿えびす屋の第51えびす屋丸で大型魚礁沖へ。仙台湾マガレイ好季ということで、この日はえびす屋だけで6隻のカレイ船が出船していた。「ちょっと南の風が強いかも」との話だったが、ポイントに到着するまでにかなり船が叩かれるウネリ。

序盤は波と風があってかなり釣りづらい条件。実は船に弱いという育男さん自身のコンディションも心配だが、「こういう釣りづらい条件だからこそロッドの感度が活きる場面でもあります。華鰈幻の特長を活かしてがんばって釣りますよ」

がまかつフィールドテスター伊藤育男さん。ポイントに着くとかなりの風とウネリ
ウネリのある条件下では長めの仕掛けを使うのがセオリー。ということで、3本バリ仕掛けの「育男の仕掛けIK-01」を選択
この日はえびす屋だけで6隻が出船。僚船の情報を聞きながらポイント移動
ポイント移動後に最初の1枚。上の方のハリに食ってきた
うねりのある時は船の上下で仕掛けが浮いてしまわないよう注意
朝方のマヅメ時や曇天時など、水中ライトが効果的なことがある。この日も朝方にライトを使っている人が多くみられた。色は状況やターゲットなどにもよるがブルーを選択

「がま船 華鰈幻」(がまかつ)を紹介

がま船カレイシリーズ新製品の「華鰈幻」は感度の良いチタン合金穂先「テクノチタントップソリッドⅡ」を採用。金属ならではの響くような「手感度」だけでなく、穂先の動きでアタリを取る「目感度」にも優れる。

この竿は非常に感度に優れ、攻撃的な釣りが可能な竿でありながら、魚が乗るときれいに曲がる設計。大型カレイの釣り味を1枚1枚楽しめる竿をコンセプトとしていて、パワーのあるブランクスで大型カレイを楽しく釣り上げることができる。

がま船 華鰈幻」(がまかつ)
1.6mと1.8mのラインナップ。短めの竿が好みの育男さんは1.6mを使用。1.8mは長めの竿で誘いたいスタイルの人や、波がある時に竿の長さでかわしたい時、かかり釣りで手前にロープが入っているのをかわしたい時などにも◎。かかりの2本竿で1.6mと1.8mを使い分けるのも
チタン合金のテクノチタントップがブランクスを通して響くような手感度と繊細な目感度を実現
トラブルを減らし。ブランクスの性能を最大限に引き出せる「スパイラルガイドセッティング」

リールシート部分は軽量で感度性能に優れた中空構造の「リザウンドグリップ」
そして魚が掛かった時のこの曲がりが特長。バット側にはしっかりパワーがあり、大型のカレイやアイナメ、ナメタガレイなどがきた時も余裕あり

がまかつ
短いロッドが好みの育男さんは1.6mを主に使用

がまかつ
長めの竿が好みの人や、うねりや棚のロープを長さでかわしたい時などに1.8mもラインナップ!

やる気のあるカレイにリアクションで食わせる作戦が的中

この日のようにウネリがある状況では、底から仕掛けが浮かないようにすることが大切になる。「せっかくカレイを寄せても、仕掛けが浮いてしまうと散ってしまいます」とのことで、こういう日には長めの仕掛けを使うのがセオリー。3本バリの「育男の仕掛けIK-01」で活性の低いカレイにじっくり食わせる作戦からスタートした。

しかしながら、食いが浅いためか1枚目を釣ったあとバラシが連発し、思うように食わせられない。ここで「オモリにいちばん近いハリに反応があるようなので、IK-04でアピールして誘ってみます」と育男さん。

すると、たちまちオモリの上のハリにカレイが連発!やる気のあるカレイに反応させ、リアクションバイトのように食わせる狙いが的中した。

仕掛けを交換してすぐにオモリの上のハリにヒット

次のカレイもオモリの上に食いついてきた。狙いが的中!

じつは育男さん、ミヨシ側の釣り座の人がこのIK-04で釣っているのも見ていたそうで、それも参考に判断したとのこと。このように周りの釣り人を観察して参考にすることもカレイの船釣りでは効果的なことがある。
「自分の思った通りにアタリが出て、バシっとアワせるのが面白い!」これこそが船カレイ釣りの醍醐味だ。

波があって船の上下が大きいときは、丁寧な底取りはマスト。竿を上向きにして波に合わせるほうが底を保ちやすく、アタリも取りやすいことが多いそうだ。短めの仕掛けを使うなら、特に注意したい
今度はオモリ下の上バリにヒット!このように活性の高い魚を狙って掛けていった

潮があまりよくなく食いは渋めの中、カレイのアタリに集中
後半にかけては波と風も徐々に弱まってきた

後半は波風おさまり初夏のカレイ釣りを満喫!

風は吹いたり弱まったりだが、波は徐々におさまり終盤は釣りをしやすい状況に。暑すぎず寒すぎずのいい陽気の中、カレイのアタリに集中することができた。

大型魚礁沖のポイントではマガレイ中心に良型のマコガレイ、イシガレイも期待。最近はムシガレイ、ソウハチ(宗八鰈)なども混じることがあり、カレイのバリエーションも楽しめる。

これは仙台湾ではアカジと呼ばれるマガレイ

ちょっと厚みがあるかなと思ったらマコガレイ(真子鰈)。仙台ではアオメと呼ぶ人もいる
細かくて分かりづらいが、両目の間にウロコがあるのがマコガレイ
[関連]マガレイとマコガレイの見分け方

虫食い斑があり、少し透けるようなのがムシガレイ
[関連]魚種別攻略法ムシガレイ
「育男の仕掛」この日はIK-01からIK-04にチェンジ

朝方の波風に早上がりも心配されたが、海況も徐々によくなり12時半までしっかりカレイ釣りを楽しむことができた。多い人で47枚と、この条件にしてはマズマズの釣果。

この日はゲストに50cm級の良型サバなども釣れるなど、水温が上がってくるとヒラメや青物などもにぎやかになってくる。初夏の釣り好季に仙台湾に足を運んでみていただきたい。

がま船 鰈幻粋」を使用していたこちらの方は良型イシガレイを釣り上げていた

この日はえびす屋3代目の伊藤光栄船長が操船。親切、丁寧に釣り場を流してくれるので安心して釣りを楽しめる
[遊漁船紹介]えびす屋(宮城・塩釜まがき港)
様々なメディアを通して仙台湾のマガレイ釣りを全国区に広めた船宿。第71、51の大型高速船2隻を含む多数の所属船があり、多様な釣種、貸し切り、乗り合い船に対応可能。エサ釣りのほかルアー船・ジギング船等も力を入れている。夏場はサバジギング、サバエサ釣り、ヒラメ釣りなども好季
■予約、問い合わせTEL:022-362-2220


YouTubeチャンネル登録もお願いします!

?

◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材協力/がまかつ、えびす屋


関連記事

がまかつ超高感度カレイ竿「がま船 華鰈幻」

「がま船 華鰈幻」(がまかつ) 超高感度でありながら適度な軟らかさで誘いやすい 高強度βチタン合金穂先「テクノチタントップソリッドⅡ」を採用するなどして、天鰈幻からさらに感度をアッ...

仙台湾の春マコ&マガレイ絶好調!

大型魚礁沖のカレイ船がずっと好調を維持している!伊藤育男さんは自身が開発に携わったがまかつのNEWカレイ竿「天鰈幻」と、こちらも新発売のオリジナル仕掛け「育男の仕掛け」(キャスティ...

釣趣あふれる歌津湾内のかかりマコ

歌津沖はマコガレイのかかり釣りが今まさに盛期を迎えている。この日はGFG宮城支部のカレイ釣り大会。がま船のニューロッド「天鰈幻」と「育男の仕掛け」を携えて、GFGのレジェンド池田正...

がま船カレイ竿2017新製品「がま船 鰈幻粋(ちょうげんすい)」

「がま船 鰈幻粋」(がまかつ) 誘ってアワせる攻めの調子と きれいな曲がりが生む引き味を両立 がま船カレイシリーズ2017年新製品「がま船 鰈幻粋(ちょうげんすい)」。自重100g...

2018カレイ釣り講習会報告1 カレイ仕掛け編

2018年1月28日(日)、ペア・パル利府において開催された「育男の仕掛け主催!2018最新カレイ釣り講習会」より、伊藤育男氏の最新カレイ釣り理論の一部を公開します。 第1回はカレ...

2018カレイ釣り講習会報告2 カレイ釣りの道具紹介編

2018年1月28日(日)、ペア・パル利府において開催された「育男の仕掛け主催!2018最新カレイ釣り講習会」より、伊藤育男氏の最新カレイ釣り理論の一部を公開します。 第2回は育男...