釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!
  • 酒田沖のマハタとオニカサゴ高級根魚リレー

    武山重之 2024年6月10日 更新

    がまかつLUXXEフィールドスタッフの武山重之さんが山形県の酒田沖に釣行!ディープロックとスロージギングで高級根魚を狙った時の模様をレポートします。
    ※2024年6月掲載。


    朝イチはローライトのおかげか根魚好調

    「今年はサクラマスに通っていたのでなかなか海に行けませんでしたが、6月に入りようやく酒田のオフショアに釣行することができました」という武山さん。釣行日は6月9日、酒田港の遊漁船イザナミで出船。

    朝イチは水深30~40m付近のディープゾーンのワーミングからスタート。午前中は曇りでローライトな条件が良かったのか、マハタ、マゾイの根魚が好調に釣れてきた。

    レンジスイマーロングキャスト35g」(がまかつ)に、水深に合わせてタングステンバレットシンカーを追加してウエイト調整。ワームはベイトブレスの「TTシャッド4インチ」カタクチイワシカラー。

    「釣り方は根周りのスイミングなのですが、あまり角度を付けると根掛かりが多くなるので、セミバーチカル気味に誘うようにします」
    魚探を見ている船長の指示に合わせスイミングさせるのだが、水深に合わせてボトムをトレースしていると、根のキワのショルダー部分からヒットすることが多かったそうだ。

    「レンジスイマーロングキャスト35g」(がまかつ)
    フラットフィッシュゲームで5インチ以上のワームの使用も想定したセミロングシャンクのフックを採用。「TTシャッド4インチ」を付けた場合は真ん中やや後ろの丁度良いポジションからハリが出て、フッキング率が安定している
    がまかつ
    オカッパリからのロングキャストだけでなくオフショアでも活躍!
     


    マゾイ
    マハタ


    大きな口に4インチワームが入ってしっかりフッキング


    [PR]

    後半はスロージギングでオニカサゴ狙い

    続いては水深120m前後の少し深い海域へ移動し、スロージギングで高級魚のオニカサゴ狙い。

    170~200gのジグを使用し、底から3mくらいのボトムの釣り。フォールして着底した瞬間から立ち上がりのアクション時にヒットすることが多いので、根掛かりに注意しつつ集中。オニカサゴも良型を数本キャッチすることができた。

    「アシストフック 鎌斬」
    オニカサゴ狙いで使用したフック。ショートシャンクワイドギャップ形状の「ジギングフック鎌斬」は掛かりがよく、バラしも少ない。
    「アシストフック S.L.J. TUNED329」
    オキメバルなどもう少し小さめのターゲットを狙う時はスーパーライトジギング専用設計のこちらも使用している
    がまかつ
    アピール力に優れたブルーのアシストライン480使用!
     
    とても美味しい高級魚のオニカサゴだが、派手なトゲには毒があるので扱いは要注意だ
    [関連]

    背びれだけじゃなかった!オニカサゴの毒棘除去のコツ


    ミドルレンジで鯛ラバなども楽しい季節

    この日釣りをしたエリアのほぼ中間、水深50~80mではマダイも狙うことができる。中深海ではアカムツ(ノドグロ)やアラも釣れている。初夏の釣り好季、気持ちのよい陽気で釣りを楽しめるチャンスだ。

    こちらは昨年11月の秋マダイ釣果
    ワームとスロージギングの中間の水深帯ではタイラバを楽しめる。
    「桜幻 シリコンネクタイ スリットカーリー」
    太細2分割したカーリーがデッドスローから高速巻きまで幅広く対応

    [関連]

    がまかつ2024新商品「桜幻 マルチゲージネクタイ」2商品を解説

    [ワームタックル]
    ラグゼオーシャンアルメーア67ML
    カルカッタコンクエスト301HG
    ラインPE1.5号
    [ジギングタックル]
    ラグゼジグドライブR B60L
    オシアジガー1500XG
    PE1.2号
    [タイラバタックル]
    ラグゼジグドライブR B61L-solid
    カルカッタコンクエスト201HG
    PE0.8号
    今年は鳥海山の残雪も例年より少ないようだ
    遊漁船イザナミ(酒田港)
    中野佑希船長インスタグラム(@yuuklnakano)

    ◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

    ※写真、解説/武山重之

    [PR]
    Amazon堤防Amazon堤防釣り初心者

    関連記事

    山形県の釣り~釣り場や対象魚種をガイド~

    こちらのページでは山形県の釣り場、釣り物の概要を紹介します。山形の海は海岸線は広くはないが、砂地と河口、港湾が複合した吹浦~酒田エリアと岩礁帯が広がる鶴岡エリア(庄内磯)があり、釣...

    2023フラットシーズン開幕!東松島~石巻周辺サーフマゴチ

    2023年も宮城沿岸サーフ、河口のフラットフィッシュ(ヒラメ、マゴチゲーム)が盛期を迎えている。5月20日、石巻の武山重之さん(がまかつ・ベイトブレスフィールドスタッフ)は東松島周...

    2022釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会[リザルト更新]

    2022年7月3日(日)、宮城県南・亘理町を本部会場としてフラットフィッシュ(ヒラメ、マゴチ)を対象としたイベントを開催します。今大会は全長45cm以上のヒラメ、マゴチ2匹分の合計...

    2021釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会[結果掲載]

    [8/6更新:釣行記にレポートをアップしました!] 2021年7月22日(木)の海の日に、宮城県南・亘理町を本部会場としてフラットフィッシュ(ヒラメ、マゴチ)を対象としたイベントを...

    「E.T.SHAD4.3(エッグテールシャッド)」にヒラメ、コチ高実績カラー登場

    仙台市で2021年8月に行われたアイビック新製品展示会より、ベイトブレス新製品を動画で紹介します。 「E.T.シャッド4.3(イーティーシャッド4.3インチ)」(ベイトブレス) フ...

    E.T.シャッド新ウマ味登場!ボートフラット好釣 8目達成

    今シーズン新たに発売された「E.T.SHAD(エッグテールシャッド)3.4" ウマ味配合シングルカラー」を手に、ベイトブレススタッフ陣が田代島・網地島周辺海域へボートフラット&ロッ...

    こちらの記事もおすすめ

  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー