釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

サクラマスルアーのカラーについて。

村岡 博之 2021年9月5日 更新

東北の巨匠こと村岡博之さんが東北のルアーゲームを解説していく連載企画です。

今回は来る早春のサクラマスシーズンに向けて、ルアーカラーについて解説してもらいました。ハンドメイドルアーのビルダーならではの視点が参考になるはずですよ!※2018年1月掲載

村岡博之さんの過去の連載記事はこちら

コメート90(ジャクソン)を例にカラーを解説!

いよいよ待ちに待ったサクラマスシーズンです。北上川水系はトップを切って1月20日に解禁しますが、実際釣れるのはその1か月ほど後のことです。そこで今回はルアーのカラーについてお話してみましょう。
※カラーサンプルはオライノ×ジャクソン・コメート90

Jackson(ジャクソン) ミノー コメート SUISEI 90mm 11g クロギン
Jackson(ジャクソン)
カラーの例はこちらの「コメート90」
販売価格 ¥1,944
(2018年1月15日時点の価格)

クロキンオレンジベリー

ブラック系は万能に使えるカラーです。特にバック(背)だけがブラックの場合は側面のホロやメッキが効く場合があります。特にゴールド系(金)はシルバー系に反応しないときには強い味方となります。

LBG クロキンオレンジベリー

クロギン

ナチュラル系カラーの代名詞ともいえるクロギンはサクラマスが海にいた時に捕食していたベイトに酷似しているカラーです。基本的に川に遡上したサクラマスは捕食では無くリアクションでルアーにバイトすると言われていますが、ベイトに似せたカラーは川に入ったばかりの個体には威力を発揮することも?

LBS クロギン

ライムチャート

ここ数年爆発的に釣れているカラーです。もちろんこのようなカラーのベイトは存在しませんが、チャートやライムに反応するサクラマスは少なくありません。北陸では最も売れているカラーですが、このカラーをキャストするアングラーが増えれば、おのずとヒット率も比例して上がるわけです。

LCL チャートライム

Jackson(ジャクソン) ミノー コメート SUISEI 90mm 11g チャートライム
Jackson(ジャクソン)
アングラーも大好きなチャートリュース系のカラー
販売価格 ¥1,332
(2018年1月15日時点の価格)

アカキンベリーオレンジ

アカキンも定番中の定番ともいえるカラーです。バックの赤はもちろん、側面の金メッキやホロのフラッシングが効き、ベリーのオレンジがさらにバイトを誘発します。サクラマスルアーのベリーカラーに蛍光オレンジやレッドが多いのは、イクラのその色に似せているからだと言われています。サクラマスを始め鱒族は、卵を見ると本能で銜えて上流に戻す習性があると言われています。

LRG アカキンオレンジベリー

Jackson(ジャクソン) ミノー コメート SUISEI 90mm 11g アカキンオレンジベリー
Jackson(ジャクソン)
定番の赤金系はマス類の本能にうったえる?
販売価格 ¥1,847
(2018年1月15日時点の価格)

スモークブラックオレンジベリー

スモーク系は濁りの入った流れで威力を発揮します。濁りと言ってもユキシロのそれですが、背の黒も濁った水中では目立つ色です。水中の黒は空中のオレンジと同じくらい目立って見えるようです。

LSB スモークブラックオレンジベリー

ヤマメ

サクラマスがヤマメを捕食していることはほとんどないかもしれませんが、サクラマスルアーにはパーマークの入ったルアーは欠かせません。どちらかというと、魚よりもアングラーを釣るファクターのほうが個人的には大きいような気がします。

LYM ヤマメ

ブルピン

ブルーとピンクは人の目には違った色に見えますが、水中で見る魚の目には同じように見えているはずです。ブルーとピンクは色の波長が近く、水中に入った太陽光線は多くの波長の光を吸収したり水面で反射するので、理屈では波長の長い青系が遠くまでよく見えることになります。

SBP ブルピン

ピンクヤマメ

これはピンクにパーマークと、アングラーが思わずリアクションバイトしてしまうファクターが盛り込まれたカラーです。コメートの場合、ベリーがチャートなのでまさに良いとこ取りカラーです。もちろん実績もピカイチです。

SPY ピンクヤマメ

Jackson(ジャクソン) ミノー コメート SUISEI 90mm 11g ピンクヤマメ
Jackson(ジャクソン)
ピンク、パーにチャートまで入ったいいとこ取り!
販売価格 ¥1,847
(2018年1月15日時点の価格)

サクラマスを釣るルアーはスプーン、ミノー、バイブレーションと、いろいろなタイプのルアーがあります。また、三種類の中でもまた細分化され、レンジやリトリーブスピードなども違ってきます。

アングラー側はその日のシチュエーションで、トレースするレンジ、ルアーのタイプ、ルアーのカラーをチョイスするわけです。さらに時間帯や季節、ポイントでも変わってきます。その中で全てのピースがはまった時に結果につながるわけですね。

◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

PROFILE:村岡 博之

石巻を拠点に活動するベテランルアーマン。自称東北の巨匠。シーバスをメインにサクラマスやロック、フラットなど幅広く嗜む。ハンドメイドルアーファクトリーOrynO(オライノ)代表。ピュア・フィッシング・ジャパン、ジャクソン、エクリプスフィールドテスター、リアスアドバイザー、がまかつ他サポートメーカー多数。
ブログはこちら http://oryno.ni-3.net/

 

※取材・テキスト/村岡博之

関連カテゴリ

関連記事

スプーン?それともミノー?サクラマス用ルアーの選び方

サクラマス用のルアーについて、宮城県の追波川、旧北上川をホームとする村岡博之さんに基本的な知識を解説してもらった。 シーズン初期はスプーンがメイン! 北上川水系のサクラマスは3月頃...

サクラマス釣りのコンディション把握のために重要な河川情報の見方[北上川水系の場合]

サクラマスの河川への遡上は水温、水量の影響を大きく受ける。旧北上川、追波川の河川情報を見る時に参考にするサイト、見方について村岡博之さんに教えてもらった。 注目すべきは水温、水量、...

東北の巨匠厳選!旧北上川サクラマス定番ポイント

東北の巨匠こと村岡博之さんに旧北上川のサクラマス釣り場を案内してもらった。 江合川合流点(神取橋付近)から北上川の合流点(北上川河川歴史公園付近)まで数多のポイントがあるが、ここで...

最盛期の追波川&旧北上川サクラマスを実釣調査!

例年、3月半ばから盛期に入り、4月20日前後に最盛期を迎える北上川水系(追波川、旧北上川)。東北の巨匠こと村岡博之さんとともに、ベストシーズン真っ最中の北上川水系サクラマスを狙った...

追波川サクラマス ミノー&スプーン講習会

  2019年4月21日に開催した、「釣りTiki東北杯サクラマスin追波川」より、サクラマス講習会の模様をお届けします。スプーンを武山重之さん、ミノーは村岡博之さんが担当。動画を...