釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!
  • Hapyson LED発光テンヤで釣る!宮城雄勝湾内のタチウオテンヤ

    編集部 2022年10月31日 更新

    8月のタチウオシーズン初期にプロトタイプをテストしたHapyson「LEDタチウオテンヤ」が9月に発売!さらに11月には「津本式計測マルチハサミ」の新色ブルーとグリーンが追加発売されるということで、これらを持ってハピソンガールのみなせちわちゃんとスタッフおがPコンビがタチウオ狙いで釣行しました!
    ※2022年10月取材記事です。
    【関連】追波湾タチウオ2022シーズンイン!津本式シリーズでドラゴン熟成


    YouTubeチャンネル登録もお願いします!

    ?


    今回は雄勝漁港を出港してすぐの雄勝湾内でタチウオ狙い

    取材を行ったのは釣りTiki東北主催「秋のロックフィッシュバトル雄勝波板」翌日。いつも通り、おがPこと尾形慶紀船長の遊漁船Groovyで出船。

    ただし今回はいつもの追波湾ではなく、雄勝漁港を出てすぐの雄勝湾内。この日は湾外が少し時化模様だったため、とりあえず湾内で始めてみて、厳しいようなら凪をみながら追波湾へ移動しようというプラン。
    「追波湾ほどの魚影は無いけど、雄勝湾内もベイトが一杯入っていて十分にタチウオを狙えますよ」とおがP。

    雄勝漁港が見える湾内のポイントで実釣した

    「LEDタチウオテンヤ」全4色が新発売

    テンヤのヘッド部分にLED発光体を装備し、タチウオに効果的とされる赤色点滅で誘う、ハピソンの「LEDタチウオテンヤ」。水に入ると自動で点灯してくれるのでスイッチを切り忘れるような心配不要。ピン型リチウム電池式で、連続点灯約6時間、電池を交換すれば使い続けられる。

    「LEDタチウオテンヤ」
    太刀魚に有効とされる赤色点滅LED(電池式)装備
    イワシ、フルグロー、ゼブラ、パープルの高実績カラーが揃い、LED発光とともにヘッドカラーも状況に合わせて使い分けられる
    電池はハピソン製のピン型リチウム電池BR311を使用


    タチウオの食い渋く苦戦しながらも1本目をキャッチ!

    出港して10~20分ほどで雄勝湾内水深40mほどのポイントに到着。底から10mくらいはベイトがびっしりで、「最近はこのベイト反応の前後、ベイトの群れの端の方でタチウオが食ってくる可能性が高いです」

    テンヤに冷凍イワシをセットし、テンヤのアクションを色々と試していると、ちわちゃんにタチウオらしい魚がヒット!しかし、1本目はまさかのラインブレイク。

    タチウオがいることは確認したので、テンヤをゼブラからフルグローにチェンジし、気を取り直して続けると再びアタリ。しかしながら、コツコツと小さいアタリが多く、アワせても乗らないか、乗っても掛かりが浅くバレてしまうこと数回。バラシが続くとエサだけ取られたりでリズムも悪くなり悪循環に・・。


    LEDタチウオテンヤのイワシのセット方法

    アタリがあっても掛かりが浅いのか、なかなか釣れない時間が続いた

    バラシが続きちわちゃんもトーンダウン、ベンチに腰掛けて半置き竿状態でステイさせていると、ジジーとドラグを鳴らす引き!この日の当たりパターンは置き竿系のステイモードでした。

    LEDタチウオテンヤのフルグローで釣り上げた1本目の太刀魚

    1本釣った後は順調にタチウオを釣り上げた

    テンヤのステイで食わせるコツをつかんでから、ちわちゃんはタチウオを連続キャッチ。事前におがP船長が言っていた通り、魚探の反応が消えたところでヒットすることが多く、タチウオはベイトの群れの周囲から捕食しているようだった。

    船上でテンヤが外れてしまったが、フルグローで2本目キャッチ
    パープルにチェンジして3本目


    ハピソン
    2022年9月発売の新製品タチウオテンヤ!

    11月発売予定の津本式計測マルチハサミ新色でタチウオ血抜き

    ハピソン×津本式シリーズの第1弾であり、発売から好調に売れ続けている「津本式計測マルチハサミ」に新色登場。現行のレッドのほかに、ブルーとダークグリーンの2色が2022年11月に追加発売される。

    脳締めピックを装備し、分解してナイフとしても使用できるのはこれまで同様。活締め、血抜きにウロコ取りやトゲ、内臓除去などあらゆる捌きを1本でこなすことができる。

    「津本式計測マルチハサミ」
    従来のレッドに加え、新色ブルーとグリーンから選べるように
    万能釣りハサミとしてのほか、ネジを外してばらせばナイフとしても使える
    ピックを出して締め具にもなる


    Hapyson
    魚の脳締めから捌き、内臓処理や料理まで何でもできるマルチハサミ。

    タチウオの血抜き方法は超カンタン。目の後ろあたりを切って、水中で血を抜くだけ
    一家に一本マルチハサミ
    タチウオを釣ってお茶タイム、雄勝波板イベントで差し入れにいただいたマカロン(Oさん大会ご参加ありがとうございました)

    最後にちょっとだけ青物ジギング

    最後にちょっとだけ湾外に出てみたものの断念して再び湾内へ
    青物ジギングはワラサやサワラも期待できる季節だが、この日は残念ながらサバのみで終了
    雄勝湾内はこのように底から10mほどがベイトでびっしりだった
    おがP船長操船お疲れ様でした

    今季の宮城のタチウオはそろそろ終盤ながら、これからは全国各地の釣り場で「LEDタチウオテンヤ」を使用できる。「津本式計測マルチハサミ」は冬場の根魚やカレイ、タラ釣りなどにも活躍すること間違いなしだ。どちらもこれからのシーズンに向け要チェックのアイテムです。

    ◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

    ※取材協力/ハピソン


    [AmazonでHapysonを検索]

    関連カテゴリ

    関連記事

    追波湾タチウオ2022シーズンイン!津本式シリーズでドラゴン熟成

    2022年も本格的にシーズンを迎えた追波湾周辺の太刀魚をジギングとテンヤで実釣!釣ったタチウオはHapyson×津本式シリーズで完璧に処理し、密封パック器で熟成するまでの手順も紹介...

    電動ジギングで女子もラクラク!歌津沖タチウオ

    宮城出身のハピソンガール みなせちわちゃんが昨秋(釣行記)に続き、歌津大隆丸のタチウオジギングに挑戦!今季は2020年9月発売の新製品「電動リール用バッテリーコンパクト(ハピソン)...

    好調の亘理沖ヒラメを釣って、津本式シリーズで血抜き&密封!!

    三陸~仙台湾周辺の各地でヒラメ船が盛期を迎えている。そんな中、ハピソンガールのみなせちわちゃんとハピソンスタッフおがPの2人は亘理沖の大型ヒラメを狙って釣行。今回は美味しいヒラメを...

    Hapyson集魚灯&ライトを駆使して楽しむ!牡鹿半島の堤防夜釣り

    ハピソンのアジングライト(投光型集魚灯)を手にハピソンガールのみなせちわさんとハピソンプロスタッフ尾形慶紀さん(以下おがP)が石巻牡鹿半島の某漁港に釣行!集魚灯を使った堤防夜釣りで...

    ハピソンガールのラグビー泳がせ&ジギング五目FISHING

    宮城出身のハピソンガール・みなせちわちゃんとその相方、橘明奈ちゃんが石巻市の雄勝湾で泳がせ釣りに挑戦!湾内の岸壁でエサになる小魚を釣り、泳がせ釣りで大型魚を狙ってみました。 You...

    ハピソンガールの集魚灯フィッシング!石巻雄勝漁港

    ハピソンガールのみなせちわちゃん、橘明奈ちゃんがハピソン新製品「高輝度LED投光型集魚灯」を持って石巻の雄勝漁港へ釣行。夕方から集魚灯を照らしてサビキ釣りやアジング&メバリングを楽...

    こちらの記事もおすすめ

    • howto-image

      冬の鍋料理で食べたい魚種をピックアップ![お魚の鍋ねた]

      寒い季節の定番料理筆頭に挙げられる鍋料理。冬はタラや根魚など鍋にして美味しい魚種がよく釣れる季節でもあります。こちらでは鍋ダネとしてオススメの釣魚をピックアップして紹介します。 [...
    • howto-image

      船釣りの釣り座選びの基本

      船釣りで乗船する位置のことを「釣り座」といいます。ルアー船などは入れ替わりに先端からキャストしたり、釣り座が流動的なことも多いですが、多くの遊漁船はそれぞれの釣り座を決めて釣りをし...
    • howto-image

      カレイやアイナメの特効エサ「エラコ」を解説

      三陸周辺の船釣りや投げ釣りなどでカレイ、アイナメなどの特効エサと知られる「エラコ」。イソメ、ゴカイ類などと同じ環形動物の虫エサだ。こちらのページではエラコについて基本的な知識をまと...
    • howto-image

      ハタハタ

      【東北の魚種別攻略】 ハタハタ(鰰) ハタハタ 毎年、冬の入りと同時に接岸、大漁をもたらし、東北日本海側で古くから冬のタンパク源として利用されてきたハタハタ(鰰、鱩)。秋田県の季節...
    • howto-image

      活きエサ銀兵(ぎんぺい)の特徴と使い方を解説

      近年、全国の釣具店に広まっている活き餌「銀兵」。活きイワシが手に入らない時のヒラメ釣り(泳がせ釣り)のエサに使われるほか、堤防・岸壁からの泳がせ釣りのエサとしても人気上昇中。こちら...
    • howto-image

      タラジギング

      【東北の魚種別攻略】 マダラ(タラジギング) マダラ これまで深場のマダラ釣りというと道具も高価なためなかなか手を出せない釣り物だったが、タラジギングが広まったことにより東北の冬場...
    • howto-image

      宮城の防波堤・堤防釣り場まとめ【港湾岸壁・漁港・オカッパリ】

      ここでは宮城県の防波堤釣り場の記事をまとめてご紹介します!宮城県周辺の陸っぱりの釣りはゴールデンウィーク頃から投げ釣り、サビキ釣りともに盛期になります。 ※2018年掲載、2022...
    • howto-image

      釣り人が守りたい8つの基本マナー・釣り場のルール

      初心者~上級者、老若男女、どんな釣り人も守るべきマナーがあります。立入禁止や釣り禁止、釣り人駐車禁止といった制限のかかる釣り場が増える中、釣り人の良心が問われるケースが目立つように...
  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー