新製品

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

天然木×ラバーコーティングネット「ハンドメイドリリースネット」

2021年1月18日配信 【アメマス】 【編集部】

「ハンドメイドリリースネット」(バレーヒル)
トラウトを傷つけにくく、写真映えも抜群!

クレモナ糸に比べてトラウト類のヒレなどを傷つけにくい、ラバーコーティングネットを採用した天然木ランディングネット。ネットを魚体にやさしい素材にした以外は、従来のハンドメイドランディングネットと同様に木目の美しい天然木を採用。ラバーネットのカラーにもこだわり、渓流映え、写真映えを追求したデザインになっている。

渓流域のイワナ、ヤマメにちょうどいいサイズのS(40cm)、上流から本流域で使いやすいM(55cm)とL(72cm)、湖沼やビッグトラウトに向くLL(92cm)の4サイズをラインナップ。

魚体にやさしいラバーコーティングネット
天然木
木目の美しい天然木を使用
サイズ
ターゲット、フィールドに合ったサイズを選べる

スペック

S:40×20×25(cm)、7,000円
M:55×26×30(cm)、9,000円
L:72×35×50(cm)、11,000円
LL:92×42×65(cm)15,000円
[バレーヒル公式ページ]



バレーヒル
60cm長のリトラクタブルリール

関連記事

バレーヒル初の渓流トラウトロッド「アークストリーム」

[adinserter name="202004WP記事内用"] 「Arcustream(アークストリーム)」(バレーヒル) 2017ルアーフェスタin仙台・バレーヒルブースより、...

東北の渓流解禁!初期のトラウトルアー、エサ釣り記事まとめ

3月から東北の渓流が続々と解禁する。一般的に岩手、宮城は3月1日から、秋田は3月21日か4月1日、青森、山形、福島は4月1日に解禁する河川が多い(※河川ごとに解禁日が設定されている...

2018岩手渓流トラウト解禁釣行 ~いきなりの大捕り物劇~

荒れ模様となった2018年3月1日の渓流解禁日。釣行の予定を諦めるトラウトアングラーが多い中、解禁祭りを強行した森本正善さん達にドラマが! 2018年も3月を迎え、待ちに待った渓流...

越冬後の鮮やかな渓魚に逢いに行こう![渓流トラウト]

東北も本格的な春を迎え、いよいよイワナ、ヤマメの活性が上がってくる季節。春の渓魚は秋の婚姻色の雰囲気がある個体や越冬のサビの残る魚など、美しい魚体のバリエーションも魅力のうち。岩手...

岩手渓流 サマーシーズンを楽しもう!!(前編) ~ウェットウェーディング編~

夏の渓で気持ちのいいウェットウェーディングスタイルのトラウトゲームを森本正善さんが紹介します! 2016年も半分を過ぎ、暑さの厳しい8月に突入した。この時期になれば各地での釣りもの...

ロッドプランナーのひとり言[第7回]ロッド開発のお話

バレーヒルのロッド開発者、藤井伸二さんが月1回のペースでものつくりへのこだわりを語ります。 [ロッドプランナーのひとり言バックナンバー] ロッドデザインにおけるカラー選び 皆様明け...