HOWTO

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

ワカサギ釣り人気タックル紹介【電動リール編】

2017年1月20日配信 【HOWTO】 【編集部】

氷上の穴釣りも始まって、東北のワカサギ釣りが盛期を迎えています。こちらでは穴釣りや屋形船、ドーム船で使える電動タックルをご紹介。ここ数年で一気にお手頃感が出てきた電動タックルをピックアップ!

[関連]

魚種別攻略法ワカサギ

「クリスティア ワカサギ CR III」(ダイワ)

ダイワ「クリスティア」シリーズに新型モーター搭載。従来比スピード約120%、トルク約250%、耐久性約400%以上をマーク。水深カウンターや5段階速度調整機能などの便利機能を満載。

なお、上位の「CR PT II」は棚停止、アラーム機能を搭載したモデル。下位の「SR II」は選べる船べり停止、水深カウンターやメモリーバックアップ、エコモードなどの機能を無くした簡易モデルになる。

■カラー:パールホワイト、マットブラック
■本体サイズ:約45、長さ:約135、高さ:約45(mm)
■自重:99g(電池除く)
■穂先径:Φ5mm
■巻糸量:PE0.5-30m
■電源:単4乾電池2本
■使用可能時間:約4~6時間
■メーカー希望本体価格:14,600円
メーカーサイト

「ワカサギマチック DDM-T CI4+」(シマノ)

CI4+をボディに採用し、20g軽量化した「ワカサギマチックDDM」。「自動棚停止機構」や、「船べりアラーム」、「船べりスローストップ」などの機能を搭載し、二刀流のワカサギ釣りを快適に楽しめる。

■カラー:シルバー、ゴールド
■自重:115g(電池含まず)
■ナイロン糸巻き量:1号‐50m
■取り付け穴径:Φ5mm
■本体価格:18,000円
メーカーサイト

「ワカサギ電動リールYH-201B」(ハピソン)

シンプルで使いやすく、コストパフォーマンスに優れたワカサギ用電動リール。電池を含めて105gと軽量。2段階巻き上げスピードコントロール機能付き。

この「201」は液晶などを除いた低価格モデル。同シリーズには水深カウンター付きの「202」、さらにトルクをアップした「203」もあり。

■カラー:ブラック、ホワイト、レッド
■使用電池:アルカリ乾電池単4形2本
■電池寿命:連続約7時間(20℃連続使用、パナソニックアルカリ乾電池使用時)
■糸巻き量:1号50m(PEライン)
■ロッド径:φ5mm
■外形寸法:約幅42×奥行150×高さ36(mm)
■重量:約105g(電池含む、本体のみ)
■付属品:尻手ロープ
■価格:オープン
メーカーサイト

「攻棚ワカサギNCプラス」(プロックス)

安定感ある幅広ボディ形状の電動リール。巻き上げボタンによるシンプル操作が特長で子供や初心者にもおすすめ。NCはカウンター、デジタル表示の無い低価格モデル。

■カラー:フレークブラック、メタリックレッド
■ボディサイズ:幅58×奥行135×高さ48(mm)
■ナイロン・フロロ糸巻き量:1号/50m
■ロッド径:直径5mm
■自重:143g(電池除く)
■使用時間目安:5~7時間
■価格:5,000円
メーカーサイト

[関連]

ワカサギ用タックル穂先編

[関連]

初めてのワカサギ釣り

YouTubeチャンネル登録もお願いします!

?