HOWTO

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!
  • 海釣り最強エサのアオイソメ(青イソメ)とは!?【※画像注意】

    2015年4月16日配信 【HOWTO】 【編集部】

    うねうね動き回るキモいヤツ
    動きとニオイで魚を魅了!

    日本各地の釣具店、釣り船で手に入る海釣りの定番エサが「青いそめ」。投げ釣り、防波堤探り釣りからカレイやハゼなどの船釣りまで、虫餌のスタンダードを解説!

    アオイソメ

    アオイソメって?

    ミミズなどと同じ環形動物類(管虫類)。日本在来種のゴカイ類や岩虫類とは違い、中国や朝鮮半島からの輸入が全て。以前は全て自然採取していたが、近年は急激な需要の増加に対応するため中国を中心に養殖も行われている。

    保管方法

    アオイソメは海水中で6~10℃に冷蔵して保管されている。お店ではバーミキュライトなどの砂に入れて売っているので、冷えすぎないよう冷蔵庫の野菜室などに入れておけば1、2日は活きを保てる。

    釣り場に運ぶ際は、特に夏場は常温だと温度が上がりすぎてイソメが死んでしまう。保冷材や氷で冷えすぎないよう、タオル等で包んでからクーラー内に保管しよう。

    イソメを入れるケースはフタが閉まりにくく、イソメの活きがいいと逃げ出して困る(カモメなどに荒らされることも)。木製エサ箱も使いやすく人気がある。

    エサ
    エサ箱に砂(バーミキュライトなど)と一緒に保管
    青磯目
    夏場の高温は厳禁。ただし冷えすぎにも注意!
    ナカジマ
    木製の餌箱でイソメ長持ち!
     
     
    明邦
    ヌメリを抑えてエサ付け時の滑り止めになるイソメ用の粉末。
     
     
    [PR]

    基本のエサ付け

    ■1匹掛け

    青いそめ
    中太のイソメ1匹を半分に切って1本のハリに付ける。軟らかい先に尾の方をチモトにこき上げてから、頭の硬い部分で押さえるとエサ落ちしにくい。最もコンパクトなエサ付けで、口の小さいカレイなどにも吸い込みやすい。船釣りに適する。

    ■縫い刺し

    青イソメ
    1匹そのままのイソメを使い、頭の側から1~2cm間隔で縫うようにハリを通してダンゴ状に付ける。コンパクトに丸くおさまるので、仕掛け絡みを防ぎたい船釣りに向く。

    ■房掛け

    青イソメ
    ハリの大きさに合わせ、2~5匹くらいのイソメをチョン掛けに刺す方法。エサのボリュームがあり、うねうねとしたイソメの動きも活きるため、投げ釣り、探り釣りなどでアピール大。仕掛け絡みを防ぎたい時はエサ付けした後に尾の方を切り取ってトリミングすると良い。
    ナカジマ
    活きのいいイソメをがっちりつかむ餌付け補助アイテム。
     
     
    プロックス
    生きたエサを潰さずにつかめるクリッパー。
     
     

    関連記事

    エサ保ち抜群!塩イソメの作り方[アオイソメの塩締め]

    ※画像注意!この記事中には青イソメの画像が出てきます。 投げ釣りのエキスパート東海林誠さんに塩蔵イソメの作り方を教えていただいた。活きのいい青イソメを軽く締めることで、遠投してもエ...

    天然の岩ゴカイ(マムシ、マエバ)の採り方【動画】

    岩イソメ★採り方★ 仙台ではマエバと呼ばれることが多い天然の岩ゴカイ(イワイソメ、マムシ、アカムシ)。今は岩ゴカイは輸入ものがほとんどですが、アオイソメが流通する前はこのようにして...

    エサは餌屋! 第9回「アオイソメなど虫エサや活きエサのエサ付けバリエ!」

    プレミアム連載:エサは餌屋! 第9回「活きエサのエサ付けバリエ!」 普段、何気なく買って使っている釣りエサの基礎知識からちょっとした小ネタまでを紹介する連載企画。今回は活きエサのエ...

    エサは餌屋! 第1回「青イソメへのこだわり」

    プレミアム連載:エサは餌屋! 第1回「青イソメへのこだわり」 普段、何気なく買って使っている釣りエサの基礎知識からちょっとした小ネタまでを紹介する連載企画。初回は活きエサのスタンダ...

    活きエサ銀兵(ぎんぺい)の特徴と使い方を解説

    近年、全国の釣具店に広まっている活き餌「銀兵」。活きイワシが手に入らない時のヒラメ釣り(泳がせ釣り)のエサに使われるほか、堤防・岸壁からの泳がせ釣りのエサとしても人気上昇中。こちら...

    ハゼ数珠釣り

    【東北の魚種別攻略】 マハゼの数珠釣り マハゼ マハゼの数珠釣り(数珠子、じゅずっこ釣り、じゅず釣り)は塩釜・松島湾周辺に伝わる伝統釣法。ハリは一切使わず、数珠状にした虫エサ(イソ...

    こちらの記事もおすすめ

    • howto-image

      カレイ/投

      【東北の魚種別攻略】 カレイ(投) カレイ カレイの投げ釣りは福島から青森にかけての太平洋側で人気の高い釣種。イシガレイやマコガレイ(クロガシラガレイ)、ナメタガレイが主なターゲッ...
    • howto-image

      寒ブリのあら炊き(鰤のかぶと煮)

      完成図 頭や中骨はアラ炊きで頂く。じっくり煮込んだブリ大根もいいものだが、新鮮なブリなら、濃いめのタレでさっと煮れば、短い調理時間で十分おいしくいただける。ブリから濃厚なダシが出る...
    • howto-image

      追波川サクラマス メジャーポイント6選

      東北の巨匠こと村岡博之さんが月1回のペースで東北、石巻周辺のルアーフィッシングを中心にいろいろな話題を取り上げていきます。今回は追波川(北上川)のサクラマスポイントをご紹介! ※こ...
    • howto-image

      クリガニ

      【東北の魚種別攻略】 クリガニ(栗蟹) クリガニ 栗毛ガニ、スクモガニなどとも呼ばれるクリガニ(標準和名トゲクリガニ)は冬から春にかけて接岸し、東北各地で投げ釣りなどの外道に釣れて...
    • howto-image

      タラジギング

      【東北の魚種別攻略】 マダラ(タラジギング) マダラ これまで深場のマダラ釣りというと道具も高価なためなかなか手を出せない釣り物だったが、タラジギングが広まったことにより東北の冬場...
    • howto-image

      岩手の陸っぱり釣りガイド!港湾・漁港釣り場&釣行記まとめ

      ここでは岩手県の防波堤、磯釣り場の記事をまとめてご紹介します!岩手県周辺の陸っぱりの釣りはアイナメ、ソイ、メバルなど根魚やカレイ類が人気。スルメイカ、ヤリイカなどイカ釣りも盛んです...
    • howto-image

      宮城の防波堤・堤防釣り場まとめ【港湾岸壁・漁港・オカッパリ】

      ここでは宮城県の防波堤釣り場の記事をまとめてご紹介します!宮城県周辺の陸っぱりの釣りはゴールデンウィーク頃から投げ釣り、サビキ釣りともに盛期になります。 ※2018年掲載、2022...
    • howto-image

      釣り人が守りたい8つの基本マナー・釣り場のルール

      初心者~上級者、老若男女、どんな釣り人も守るべきマナーがあります。立入禁止や釣り禁止、釣り人駐車禁止といった制限のかかる釣り場が増える中、釣り人の良心が問われるケースが目立つように...
  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー