釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!
  • 岩洞湖ワカサギ2021好調キープ中!

    浅沼 貴博 2021年2月9日 更新

    岩手のVARIVASフィールドスタッフ浅沼貴博さんより岩洞湖のワカサギ釣りレポートが届きました。今季の岩洞湖は解禁日が1月28日と少し遅めだったものの、2月上旬現在例年以上の好調を維持しています。

    2021年は1月28日解禁 2月も好調維持

    こんにちは。バリバスフィールドテスターの浅沼です。

    今季の岩洞湖の氷上わかさぎ釣りは1月28日に解禁となりました。

    地元のフィールドということで解禁から週末の度に釣行していますが、今季の岩洞湖はワカサギのサイズは多少小さいものの例年以上に魚影は濃く、今後のシーズン中盤から終盤にかけても期待でき楽しめそうです。

    直近の2月6日(土)に釣行した模様をレポートします。
    皆様の釣行の参考になれば幸いです。

    岩洞湖レストハウス裏のポイントへ

    レストハウス

    レストハウス裏 水深22mの深場の釣り方

    当日は「レストハウス裏」と呼ばれるエリアの水深22m程の深場のポイントへエントリー。岩洞湖では深場のポイントはワカサギの食い気が立つのは日中になってからが多く、ワカサギの泳層がバラけている夜明け前からポイントを探すよりもライトが不要となる程度に明るくなってワカサギの泳層が纏まってから探索するのがポイントです。

    探索のちテントを設営し、準備を整え実釣開始。魚探に良い反応は有るものの、予想通り釣れ具合はポツリ…ポツリ…とスローペース。

    スローペースのなかにも反応の良い穂先(弾くアタリや暴れる様なアタリを出す穂先ではなく吸い込む様に綺麗にハッキリとアタリを表現する穂先)や仕掛け(鈎の間隔やハリスの長さにチモト玉の色や有無など)、エサ(紅白)、錘(カラーや重さ)、があるので当日のパターンを探り食い気の立つ前に探りを入れラッシュに備えます。
    【関連】ワカサギ釣りの仕掛け選び

    スタート時点は棚バラけして食い気もなく、時速20匹前後で小型サイズがメインに推移していましたが、10時30分を過ぎると中層の仕掛け1本程に棚が纏まり食い気が立ち、セッティングパターンもハマって大型や中型サイズをメインに時速60匹程にアップし、釣行終了予定時刻まで継続しました。

    [実釣開始]8時30分~終了14時 [釣果]222匹

    [タックルデータ]
    リール:ダイワ.クリスティアCRT
    穂先:VARIVASワークスリミテッドMAX299
    ライン:VARIVASワカサギ専用PEイエロー02
    仕掛け:VARIVAS桧原Vスペック.桧原Lスペック
    エサ:紅サシ、白サシ
    その他の使用アイテム:VARIVAS延長アダプター5センチ、VARIVAS可変ソケット、VARIVAS氷穴アダプター



    モーリス
    細号数での強度と耐久性にこだわったイエローカラーのワカサギPEライン。


    モーリス
    棚バラケやワカサギの群れが大きいときの連掛けをアシスト!


    モーリス
    ワカサギ穂先を延長し、穂先の性能を引き出す補助アイテム。


    モーリス
    リールの前倒れを防ぐ高調ウイングに、極細PEに対応したリコイルガイドも装備。


    モーリス
    氷穴周りの色々なトラブルを防ぐアダプター。黒色で仕掛けやラインも見やすくなる。

    ◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

    ※取材・テキスト/浅沼貴博

    関連カテゴリ

    関連記事

    ワカサギ釣りのラインについて[ワカサギ釣りの基本]

    ラインの性能が劇的に向上し、あらゆる釣種で細糸化が進んでいる。ワカサギ釣りも例外ではなく、電動化とともに、高感度なワカサギPEラインを使う人が多くなった。ここでは岩手の浅沼貴博さん...

    ワカサギ釣り仕掛けの選び方[ワカサギ釣りの基本]

    ワカサギ釣りの基本を岩手の浅沼貴博さんが解説。今回はワカサギ仕掛けの種類と使い分けについて。 [関連] ワカサギ釣りのラインについて 目次 ワカサギ仕掛けは種類が多く、どれを使うか...

    岩洞湖ワカサギ釣り2018年シーズンの傾向と対策

    例年に比べ早めに氷上が解禁した今季の岩洞湖だが、メスが卵を持ち始めたことなどにより食い気が落ちてシビアな状況が続いている。そんなシーズン中盤の攻略法を、ほぼ毎週ホームの岩洞湖に通っ...

    岩洞湖のワカサギ+氷上サクラマス釣りの楽しみ方

    氷上のワカサギ釣りが終盤に差し掛かった岩手の岩洞湖。3月1日の渓流解禁日以降は氷上の穴釣りでサクラマスを狙える好機!期間限定のマスの穴釣りを浅沼貴博さんに紹介してもらった。 ※20...

    岩洞湖の氷上ワカサギ釣り 食い渋り時は深場狙いが吉!

    穴釣りシーズン中盤に突入している岩洞湖のワカサギ釣り。例年、食い渋り時季の2月からのスタートとあり渋めの釣況が続いているが、そんな中でも比較的安定感があるのが深場のポイント。盛岡市...

    岩洞湖氷上ワカサギ2019解禁!ミニワカ増殖中

    岩手県岩洞湖のワカサギ氷上釣りが1月24日(木)に解禁となった。今季は小型サイズも多く、場所により釣果にかなりのムラがある状況。岩洞湖をホームとするVARIVASフィールドスタッフ...

    こちらの記事もおすすめ

    • howto-image

      石巻周辺サーフの投げ釣り 日本記録73cmホシガレイ

      緊急事態宣言発令前の2020年4月12日、石巻周辺のサーフで仙台広瀬キャスターズの東海林誠さんが全日本サーフの日本記録となる拓寸73cm(実寸71cm)のホシガレイを釣り上げた。釣...
    • howto-image

      宮城、三陸のフラットフィッシュゲーム1・ヒラメ、マゴチの釣り場とシーズン

      ヒラメ&マゴチのルアーゲームについて、宮城周辺のケースを例に東北の巨匠こと村岡博之さんに解説していただいた。まずは、フラットフィッシュはいつ、どんなところで釣れるのか確認しておこう...
    • howto-image

      岩洞湖のワカサギ+氷上サクラマス釣りの楽しみ方

      氷上のワカサギ釣りが終盤に差し掛かった岩手の岩洞湖。3月1日の渓流解禁日以降は氷上の穴釣りでサクラマスを狙える好機!期間限定のマスの穴釣りを浅沼貴博さんに紹介してもらった。 ※20...
    • howto-image

      タラジギング

      【東北の魚種別攻略】 マダラ(タラジギング) マダラ これまで深場のマダラ釣りというと道具も高価なためなかなか手を出せない釣り物だったが、タラジギングが広まったことにより東北の冬場...
    • howto-image

      マスジギング

      【東北の魚種別攻略】 マスジギング(サクラマス) サクラマス 以前から北海道や青森の下北沖で盛んだったマスジギングが、岩手、宮城の三陸沿岸からも狙えるようになってきた。マスの回遊量...
    • howto-image

      防波堤・堤防釣りシーズン!宮城の港湾岸壁・漁港釣り場まとめ

      ここでは宮城県の防波堤釣り場の記事をまとめてご紹介します!宮城県周辺の陸っぱりの釣りはゴールデンウィーク頃から投げ釣り、サビキ釣りともに盛期になります。 ※過去の記事のため取材時と...
    • howto-image

      防波堤・波止で釣りをする際の最低限のルールとマナー

      防波堤や岸壁で気持ちよく釣りを楽しむためのルールをまとめてみました!防波堤に限らず陸っぱり全般に共通する内容を含みます。一言でまとめれば安全第一、トラブル防止。岸から釣りをできる場...
  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー