HOWTO

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

[シーバス入門ガイド 2]シーバスウェーディングの基本スタイルをご紹介

2016年2月26日配信 【HOWTO】 【編集部】

シーバスの初歩を東北の巨匠こと村岡博之さんが解説。ここではウェーディング時の標準的な装備について紹介します。

タックル1本を除いて持ち物はすべてベストに収納

ウェーダーを着用して川や海に立ち込む場合、片手にロッドを持つほかはできる限り手を空けて、身軽なスタイルでウェーディングする。ルアーケースやカメラなどはすべてベストに収納しておこう。

■キャップ:頭を保護し、日中の日差しも防げる。
■ウェーディングベスト:浮力材が入っており、万一、流された場合に救命胴衣になる。また、ゲーム用ベストはポケットが多く、小物をすべて収納できる。
■ウェーディングジャケット:防寒、防水といった効果を持つアウターウェア。ウェーディング用はウェーダーと組み合わせてちょうど良い着丈を計算されている。
■グローブ:手の保護と防寒のために使用するのがベター。
■ウェーダー:ネオプレン、透湿素材とあるが、初夏から秋のシーバスシーズンにはムレにくい透湿素材が人気。
■ランディングネット:ウェーディング時のランディングに必要。ウェーディングの釣りでは浮力を持たせたものが人気。狙うシーバスのサイズに合ったものを。

ウェーディングベストには必要なルアーをまとめたルアーケースやメジャー、プライヤー、フィッシュグリップ、カメラ、スマホなどを満載している。
ウェーディングベスト編(Part.3)に続く】

正面
背面
ランディングネットはマグネット式のネットホルダー(ネットキーパー等)で装備し、必要な時はすぐに取り外せるようにしておく(落下防止のコードの装着もお忘れなく)
安全のためわずらわしくても股ヒモは必ず締める。股ヒモをしていないとベストがズレて救命具として十分な効果を発揮できない場合がある(最近は胸元でバックルを占めることでしっかり装着できる商品もある)

※解説/村岡博之



アブ・ガルシア
マグネット式で簡単にネットを着脱

関連記事

[シーバス入門ガイド番外編]石巻シーバスの歩みを振り返る

ここでは石巻地域のシーバスゲームの今昔を、東北の巨匠こと村岡博之さんに語っていただいた。まずは、村岡さんがスズキを釣り始めた頃まで時代を遡ります。 ルアーの種類も少なく手探り状態か...

秋から冬のサーフシーバス[村岡博之さんのシーバス入門ガイド]

村岡博之さんがシーバスの基本を解説していくシリーズ。10月末になると、宮城のリバーシーバスは最終盤。かわりに面白くなってくるのがサーフシーバス。晩秋以降のシーバスは一発大物期待。コ...

[シーバス入門ガイド 4]日中やディープ攻略に欠かせない シーバス用バイブレーションプラグを解説

シーバスの初歩を東北の巨匠こと村岡博之さんが解説していくシリーズ。ここでは日中の河口域や水深のある堤防周りなどで有用なバイブレーションプラグについて教えてもらった。 遠投性に優れ、...

[シーバス入門ガイド 5] 港湾で使えるシーバス用ミノー選び

シーバスの初歩を東北の巨匠こと村岡博之さんが解説していくシリーズ。今回は港湾や河口、汽水などで使えるミノー編です。 アクション性に優れた10cm前後のシンキングミノーを使用 サーフ...

[シーバス入門ガイド 6] 12cmサイズが標準 サーフシーバスでおすすめのミノー

シーバスの初歩を東北の巨匠こと村岡博之さんが解説していくシリーズ。ここではサーフ、砂浜で多用するミノーについて紹介する。 12cm前後の重心移動システム搭載フローティングミノーが適...

[シーバス入門ガイド 7]おすすめシーバスルアー リバー用シンキングペンシル

シーバスの初歩を東北の巨匠こと村岡博之さんが解説していくシリーズ。リバーシーバスで威力を発揮するシンキングペンシル(シンペン)のご紹介。 河川や潮流など 流れの中を漂うベイトをリア...