釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!
  • 石巻漁港で春のチョイ投げハゼ釣り開幕!

    編集部 2022年5月14日 更新

    東北各地で春の堤防釣りが好季を迎えている。宮城県沿岸も多くの釣り人で賑わう季節、神奈川在住のプロアングラー山口充さんが石巻漁港の岸壁でチョイ投げ釣りを楽しんだ。越冬した良型ハゼの釣果に大満足!

    [関連]

    堤防釣りのルール・マナー

    [関連]

    宮城県のオカッパリ釣り場ガイド



    春の宮城沿岸では年越しの大型ハゼを狙える

    地域によってはほとんどが年魚で、産卵を終えると死んでしまうといわれるマハゼだが、宮城の松島湾や石巻湾、万石浦周辺などは多くが越冬し、中には2回越冬したような大型も釣れることが知られている。今回はこのデカハゼを狙って山口充さんが関東から来訪。岸壁からの投げ釣りに挑んだ。
    ※2022年5月上旬釣行。

    上州屋新石巻店で釣況確認し、エサ、仕掛けを購入

    無料配布のポイントマップを見ながら本日の釣り場を石巻漁港に決定

    上州屋新石巻店から車で約20分も走ると現場到着。早速、タックル準備に取り掛かった

    立入禁止、駐車スペースに注意し、石巻漁港内の岸壁で釣り開始

    選んだ釣り場は石巻市街からも近い石巻漁港。市場関係の施設や作業場所などを避け、迷惑にならないようなスペースに駐車し、投げ釣りの準備を始めた。
    [関連]魚種別攻略法:チョイ投げ

    他の釣り人とも距離を取って準備開始

    仕掛けは市販されているちょい投げ仕掛けでOK
    [関連]投げ釣り仕掛けオススメ
    マイクロプラスチック問題、釣り場のゴミを減らす目的で、山口さんはエサ箱を持参しアオイソメを購入
    ロッドに糸、オモリ、仕掛けをセットし、餌付けすれば準備は万端
    [関連]アオイソメのエサ付け方法
    平日にもかかわらず多くの釣り人が訪れていた
    2本置き竿、1本を探り釣りにしてスタートフィッシング

    少し仕掛けを垂らした状態から上手投げでふんわり投げ込む

    底に着いたら少し巻いて探り、カケアガリなど底に変化のある所で置き竿にして待つ

    置き竿にして時合いを待つと・・最初のハゼがヒット!

    エサを付けたらポイントに投げ込み、置き竿でアタリを待つだけ。カケアガリなど底に変化のある所に広く投げ分けて、魚のいる所をみつけたら集中的に探るようにする。アタリがほとんど無くてもカニなどにエサだけ盗られていることがあるので、こまめにエサをチェックするのをお忘れなく。

    複数の竿を出す場合はアタリが分かりやすいよう竿立てなどに並べておく。竿立てが無い場合も竿が傷つきにくいよう、タックルボックスやクーラーボックスにクッション、タオルなどを敷いて並べると良いだろう。

    下げ止まり1時間ほど前に最初の1匹目をキャッチ

    ファーストヒットのハゼを撮影する山口さん。18cmとマズマズのサイズ

    ロープ付きの水くみバケツも堤防釣りの必需品

    下げ止まりまで30分。プチ時合に突入し数を重ねる。サイズもなかなか。16~21cmのマハゼ、アカハゼラッシュ
    左)アカハゼ、右)マハゼ。アカハゼはなまえの通り赤っぽいハゼで、アゴの下に複数のヒゲが生えているので簡単に見分けられる(マハゼと同様に天ぷらなどで食べられる)

    プチ時合が30分ほど続いた
    この日一番のサイズに山口さんの笑顔がこぼれる
    メジャーを当ててみると、約22.5cmのビッグワン

    越冬直後で魚体はかなり細いがこれから活性UP

    潮の動く時間帯になるとマハゼにアカハゼ混じりでコンスタントに釣れてきた。この季節に釣れるマハゼは冬を越したものばかりなのでサイズは良型揃い。18~20cm平均に最大は22.5cm。越冬明けなのでまだ魚体はかなり細かったが、これからエサ食いも活発になり、魚体の張りも戻ってくるはずだ。

    石巻、牡鹿半島周辺ではシャコなども釣れ出していて、ハゼやアイナメ、カレイなどチョイ投げで狙える魚種が豊富になってきた。釣行の際はルール、マナーに気を付けて、釣り盛期をお楽しみください!

    時合いの後はポツポツ。日が沈みかけた18時半に納竿

    本日の釣果はマハゼ、アカハゼ合計12匹
    持ち帰ったマハゼ、アカハゼは天婦羅にして頂いた。塩竈の藻塩とベストマッチ!

    ◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

    YouTubeチャンネル登録もお願いします!

     



    関連記事

    防波堤・堤防釣りシーズン!宮城の港湾岸壁・漁港釣り場まとめ

    ここでは宮城県の防波堤釣り場の記事をまとめてご紹介します!宮城県周辺の陸っぱりの釣りはゴールデンウィーク頃から投げ釣り、サビキ釣りともに盛期になります。 ※2018年掲載、2022...

    仙台周辺~宮城県南の釣り場:鳥の海・荒浜漁港公園/亘理町

    阿武隈川河口の南側に隣接する鳥の海港(亘理荒浜漁港)。震災前にあった釣り公園が津波で流され、震災後はずっと工事中の状況だったが、2017年夏に荒浜漁港公園としてニューオープン!この...

    名取閖上港・名取川河口・閖上海岸の釣り場状況[2021年5月]

    新広浦橋が掛かり、サイクルスポーツセンターやゆりあげ温泉もオープンしてますます整備が進む閖上エリア。工事のため立入禁止になっている所もあるが、サーフへの歩行者用通路が設けられるなど...

    釣り河北フラットフィッシュin亘理[リザルト速報]

      2017年6月18日(日)、宮城県亘理町鳥の海を本部会場に、弊社主催のフラットフィッシュ大会を開催致しました。 フラットフィッシュ最盛期!天候にも恵まれ、楽しい雰囲気...

    仙台近郊~仙南 秋のハゼ&サビキ釣り場選(貞山公園、閖上港、鳥の海)

    漁港や防波堤は秋のハゼ釣りやサビキ釣りが楽しい季節。仙南エリアや仙台近郊の漁港や岸壁も復旧工事が進み、ファミリーアングラーや初心者にも安心しておすすめできる釣り場が増えてきました。...

    閖上サーフ 良型イシに注ぐ投魂!

    仙台港~仙台空港周辺のサーフで40、50オーバーのイシガレイを狙える好季が到来した。いわば周辺の砂浜全域がポイント。渡波港と比べれば知名度的にはB級ながら、実績は高く、ほぼ毎日のよ...

    こちらの記事もおすすめ

  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー