釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

冬の日本海 寒ブリゲーム

丹野 正文 2022年1月14日 更新

晩秋から冬にかけて、青森、青森、秋田、新潟にかけての日本海側はジギングで10kg超の大型の寒ブリを狙えるチャンス!これまで東北各地に通い、多くのブリを釣り上げてきたTOP RANGE丹野正文代表に今シーズンの釣果をまじえながら、ブリジギングについて解説していただいた。


TAIMETAL&BURI STYLEシリーズを紹介

丹野さんがブリジギングでメインで使用するのが、自身で開発した「BURI STYLE」と「TAIMETAL」の各シリーズだ。

「TAIMETAL(タイメタル)」はその名の通り、真鯛ジギングのために開発されたジグで、スローリトリーブで巻いてくるだけでマダイに食わせられるのが最大の特長。このジグが青物、根魚やサクラマス、ショアのフラットフィッシュなどまで万能性を発揮し、現在では170gまでの幅広いラインナップで多くのアングラーに受け入れられている。

TAIMETAL」(トップレンジ)
タダ巻きだけでもマダイが釣れる、誰にでも扱いやすい非対称ボディのメタルジグ。スローフォールなどのアクションも秀逸で青物、根魚、マスなどあらゆるターゲットに有効
裏面アワビシートなど多様なカラーをラインナップ

「タイメタル」のコンセプトである非対称ボディをブリ用にアレンジし、やや長さのあるフォルムにしたのが「BURI STYLE(ブリスタイル)」だ。「タイメタル」に比べストローク長めのアクションで、ボトム付近に着いた大型に食わせの間を作るような使い方が可能となっている。

Buri Style」(トップレンジ)
タイメタルをブリに最適化。ボトム付近に着いたブリ狙いなど、狭いレンジでしっかり食わせられる

「ブリスタイルスピード」はハイピッチショートジャークで細かく刻むような使い方が可能。比較的細身のボディは引き重りも少なく、動きの多い釣りも快適にこなせる。

Buri Style SPEED」(トップレンジ)
高速フォールからのテンポの良いアクション性で、状況を把握するためのパイロットルアーとしても最適!
ブリスタイルスピード250gのオールシルバーで釣り上げられた15kgの超大物
シルバーのグローストライプはこれまで多くのブリをキャッチしている実績のあるカラー

「ブリスタイルスピード」を少し短くした「ブリスタイルスピードショート(SS)」はサクラマスジギングの要望をもとに開発された追加モデルで、こちらもブリジギングでも実績十分だ。

「Buri Style SS」(トップレンジ)
「ブリスタイルスピードショート」はブリスタイルスピードを少し短くコンパクトにしたサクラマススペシャルモデル。三陸マスジギングで多用される105gと135gのラインナップに加え、今季は少し深場や速潮に対応できる150gが新登場

ブリスタイルスピードをパイロットルアーとした基本の使い分け

丹野さんがブリを狙うときの使い分けの例として、まずはパイロットルアー的に「ブリスタイルスピード」で探ってみる。これをベースとして、より細かく刻みたいときは、「ブリスタイルSS」でテンポを変えて探ると効果があることも。

速めのアクションがちょっと合わないように感じたら、「ブリスタイル」や「タイメタル」でしっかりジグをみせながら、丹念に探っていくという釣り方が基本になる。

ブリスタイルスピードで釣り上げた青森津軽エリアの9.5kg

2020年11月、象潟沖の12.7kg、こちらはブリスタイル250gのブルーシルバーで!
同日に出た15.3kg!ブリスタイルスピード250gシルバー使用
これまでの釣行で数多くのブリをみてきた丹野さんだが、これほどまで太い個体には滅多に出会えないそうだ

21年12月の釣行ではシビアな条件を「タイメタル」で攻略

2021年12月、山形沖に2日間釣行。1日目は乗り合い船だったが、非常に渋い条件の中「タイメタル」で船中唯一のブリをキャッチした。

最初は「ブリスタイルスピード」からスタートし、マダイやマハタを釣り上げたが、ボトム付近にブリが着いているという船長の情報をもとに170gの「タイメタル」でボトム付近をねちねち攻めて釣り上げた。

「船中の皆さんセミロング系のショートジャーク中心に狙っているような状況のなか、速めの釣りからスローな釣りに切り替えてみました。合わせて、タックルもPE3号のスピニングから、スロー用にPE2号のベイトタックルにチェンジしました」

この狙いが的中。ジグを変えて1流し目で9kg弱のブリを釣り上げることができた。

この日、船中1尾だけの貴重なブリを「タイメタル」でキャッチ


庄内沖釣行1日目の実釣動画

うれしいゲストのマハタ。岩礁帯のポイントではこいつも期待できる

2日目は貸し切りでの釣行。船長よりボトム付近から少し浮き気味の反応とのアナウンス。パイロットルアーとして投入した「ブリスタイルスピードショート」に約8kgのブリがヒット!

パイロットルアーとして投入した「ブリスタイルスピードショート」150gのピンクシルバーグローベリーで

このまま続くかとも思われたが、同行の平間さんが「ブリスタイルスピード」200gで5kgちょいのワラサを釣り上げたものの、前日同様に渋い状況に・・。やはり前日と同じパターン「タイメタル」で粘り強く探り、7kg台のブリを釣り上げることができた。

平間さんは「ブリスタイルスピード」の200gで5kgクラスを釣り上げた
「タイメタル」170gのオールシルバー、初日と同様のタイメタルのパターンだった。ライトなタックルでブリを狙うときは、ラインチェックは面倒がらずこまめに行うことも大切だ


庄内沖釣行2日目の動画

タイプやカラーの使い分けで様々な状況に対応する

今季の庄内沖では「タイメタル」のスローなアクションがはまったが、「ブリスタイル」、「ブリスタイルスピード」をメインに数々のブリを釣り上げてきている。

「ブリは群れで泳いでいるイメージがありますが、中型のワラサクラスとは違って絶対数が少ないし、反応があるのに釣れないということがよくあります。今回の釣行でもブリの反応がピンポイントで、船長の入れ直しの指示も細かかったし、いい反応の場所はすぐに抜けてしまうという状況でした。こういったシビアな条件では準備をしっかり整えて、ムダなくワンチャンスを逃さないことも重要になりますね」

2020年11月象潟沖、この日はブリスタイルスピードの250g、300gでブリが爆釣した

大型のサワラやマダイも一緒に狙うことができる

タイメタルやブリスタイルは仙台市のTOP RANGE店舗や通販はもちろん、東北各地の釣具店で取り扱い中!在庫が無い場合もお取り寄せ可能なので、ブリや色々なターゲットにぜひ一度お試しいただきたい。

トップレンジ」(仙台市若林区)
東北のオフショアシーンの先頭を走ってきた丹野さんのお店。トップレンジオリジナル商品をはじめとしたオフショア用品から船カレイ、ヒラメなど東北の釣りを網羅。丹野さんの貴重なお話を聞けることも!
■TEL:022-353-5501
■所在地:宮城県仙台市若林区なないろの里2丁目26-10

◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材、解説/丹野正文(トップレンジ)

関連カテゴリ

関連記事

松島湾内ファミリー釣り教室でイシモチ、ハゼなど好釣!

2020年8月30日(日)、仙台市のTOP RANGE(丹野正文代表)によるファミリー釣り教室が松島湾内で開催された。総勢40名が4艘の船に分かれ、イシモチを中心にハゼやアナゴなど...

TOP RANGE OPEN!

  2015年9月19日(土)TOP RANGEがグランドオープンした。 場所は仙台市若林区荒井地区。オープンに伴い、19日~23日までオープン記念セールが実施され多くの...

青森マダイ今季も期待!TAIMETALジギングで良型キャッチ

青森・竜飛沖のマダイが本格シーズンイン!TOP Rangeの丹野代表はメタルジグ「TAIMETAL」のみを使用したTAIMETALゲームで春マダイを狙った。 [2021年4月実釣、...

仙台湾ソルトアングラーミーティングVol.14

  2019年10月20日(日)、トップレンジ主催による標記のジギング大会が開催された。東北のゲームフィッシングの復興、発展を願うアングラーが集結し仙台湾のワラサを狙った。 今回で...

相馬沖タイメタルで五目釣りを満喫!

YouTubeチャンネル登録もお願いします! ? 9月1日、トップレンジの相馬沖釣行会を取材してきた。相馬沖はマダイやヒラメ、カレイなど豊富な魚種と抜群の魚影が魅力。トップレンジ丹...

秋の仙台湾オフショア祭り!

2014年10月5日(日)、TOP RANGE(丹野正文代表)主催による「仙台湾ソルトアングラーミーティングVOL.5」が開催された。3.11震災後、2011年6月から出船を再開し...