釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!
  • 山形県の防波堤、漁港釣り場ガイド(1)酒田港編(酒田北港エリア)

    編集部 2020年5月9日 更新

    山形県酒田市の酒田港は規模が大きく、ターゲットの種類も豊富な釣り場。ここでは酒田北港エリアの主な釣り場を紹介する。国際ターミナル周辺など工事中やソーラス条約の関係で、立ち入り禁止になっている場所も多いので注意して楽しもう。
    ※取材時は台風通過後で、写真は波が高くなっている状況です。

    【2018年10月追記、修正】

    [関連]

    身近な釣り場「酒田北港」

    [関連]

    [2]酒田本港~南防波堤エリア

    [関連]

    [3]加茂港~今泉漁港~油戸~由良漁港

    [関連]

    [4]小波渡漁港~堅苔沢漁港~米子漁港

    [関連]

    [5]大岩川漁港~小岩川漁港~鼠ヶ関港

    [関連]

    [6]吹浦漁港

    酒田北港「水路」

    離岸堤と岸壁に挟まれた風車が並ぶ区間で、通称「水路」と呼ばれるポイント。沖の離岸堤が波を遮るため比較的静かで、夏のアジ釣り、冬のハタハタ釣りなどの釣り場。堤防に階段があり、足場もいいが、離岸堤が波を被るような日は危険。

    酒田離岸堤。水路の南端のあたりで沖側へ折れ曲がり、北西の波風を防いでいる
    堤防には階段が付いている
    駐車スペースと水路の釣り場

    酒田北港「温排水」

    発電所からの温排水が流れ出る場所。クロダイが着いているほか、イナダ、ワラサ、スズキなどの回遊も期待。高水温期は渋い状況になることもあるが、冬場は水温が安定しており有望。取材時は2歳(ニセ)と呼ばれる小型のクロダイなどが釣れていた。

    排水の流れのあるポイント
    2歳と呼ばれる小型のクロダイのほか、シマダイやアジなどが混じる
    エサはハリにオキアミを刺し、周りにダンゴを付けたもの。ダンゴは付けエサが隠れなくても大丈夫。こちらの方は潰したオキアミにパン粉、小麦粉などを混ぜてダンゴを自作していた

    酒田北港「宮海船溜」

    酒田北港エリアの中心部にある船溜まり。車を横付けできる岸壁で、小アジやイワシなどのサビキ釣りや、ハゼ、カレイ狙いのちょい投げなどを楽しめる。

    岸壁のすぐ上にはフィッシュオン北港店があり便利
    向かって右の堤防先端付近は立ち入り禁止
    船溜まりと隣接する砂地
    船溜まりの港内
    河川が流れ込む左側の岸壁はサビキ釣りのポイント。取材時も小アジなどが釣れていた。状況次第で青物やスズキも狙える

    2018年10月追加 宮海船溜の釣果

     
    港内のサビキ釣りやウキ釣りで小型のクロダイやアジ、サバなどが釣れていた
    こちらは小メジナやコノシロ、アジなどの釣果

    酒田北港「国際ターミナル周辺・砂防堤(工事中)」

    国際ターミナルから砂防堤にかけては、アジなどのほかイナダやスズキ、マダイの実績もあるポイントだったが、2016年9月現在は工事のため立ち入り禁止になっていた。

    工事中の国際ターミナル周辺
    「砂防堤」の先端部は良型のアジや青物、マダイの実績もあった(展望台から)
    サビキ釣りで賑わった岸壁も工事中(展望台から)
    砂防堤から国際ターミナル付近(展望台から)

    酒田北港「大浜海岸」

    北防波堤と国際ターミナル側は工事中だが、大浜海岸には入ることができる。車で浜の入り口まで入れるサーフの釣り場で、ルアーでシーバス、ヒラメなどを狙える。夏場はジェットスキーが多いので注意が必要。

    酒田北港緑地展望台

    国際ターミナルにある酒田北港緑地は駐車場、トイレが整備されている。奥にある展望台は地上7階の高さから港湾を一望できる(無料)

    港内全体と鳥海山を望める
    [釣具店紹介]釣具の館 酒田店

    [関連記事](2)酒田本港~南防波堤編

    ◆記事に書けない裏話や質問への回答はweb版 無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

    ※2016年9月取材、2018年10月一部更新

    こちらの記事もおすすめ

  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー