釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

石巻周辺の漁港・防波堤(石巻漁港、万石浦周辺)2022年9月取材

編集部 2022年9月29日 更新

2022年9月、石巻、渡波周辺の石巻漁港、渡波港、祝田漁港(万石浦)の様子を取材しました。前回2021年春の取材時に工事中だった石巻漁港・赤灯台防波堤にも入れるようになっていました。
※釣り人の急増によりゴミや駐車などマナー問題が多発しています。漁師さんや工事関係の方の邪魔にならないよう十分に気を付けて釣行するようにして下さい。
※2022年9月取材時の情報です。取材時と釣り場の状況が変わっている場合がありますので、現場の看板などに従い、ルール、マナーを守って釣りをお楽しみください。

[関連]

堤防釣りのルール・マナー



石巻漁港・魚市場正面(南側岸壁)

最も長い魚市場としてギネス記録にも認定されている石巻魚市場がある石巻漁港(石巻新漁港)。魚市場周辺の道路は漁業関係のフォークリフトなどが往来するので注意し、市場脇の環状交差点のところから南側の広い岸壁にアクセスできる。

こちらの岸壁からはハゼ、シャコ、カレイなどの投げ釣りや、小型魚の回遊次第でサビキ釣りも可能。季節によって青物やスズキの回遊もみられる、取材時はショゴ(カンパチ)を狙っている方がいたが、この日はベイトが入っておらず釣れていなかった。
[関連記事]身近な釣り場・石巻港
[関連記事]2022年春石巻漁港でマハゼ釣り

魚市場の対岸、南側の岸壁
広い岸壁になっており、車の近くから竿を出せる

岸壁先端の柵から先、南防波堤は立入禁止となっている
常連さんは切り身をエサに青物などを狙っていた
長浜海岸側の赤灯台防波堤(東防波堤)

石巻漁港・東防波堤(赤灯防波堤)

石巻漁港と長浜海岸(渡波海水浴場)を隔てる東側の防波堤。先端に赤灯台があるので赤灯台防波堤などとも呼ばれている。隣接する長浜サーフはフラットフィッシュやイシガレイなどのポイントになっていて、防波堤周辺も砂地のターゲットが豊富。ヒラメ、コチやイシモチ、カレイ類にスズキ、ハゼなど季節の魚を狙うことができる。防波堤周りの基礎部にはアイナメなど根魚も。
[関連]長浜サーフのフラットフィッシュ

魚市場前から続く岸壁。魚市場側は漁港関係者の邪魔にならぬよう気を付けよう
赤灯堤防港内側の付け根付近の様子
隣接する長浜サーフもフラットフィッシュや投げカレイ、スズキのポイント。駐車場、公園にトイレも整備されている
防波堤の周辺は砂地主体に根が点在する地形

渡波港~万石浦

万石橋から渡波港にかけては、万石浦と外海をつなぐ水路になっている

渡波港周辺は復興工事が続いているものの、釣りをできる部分も増えてきている。お休みの日は釣り人も多いので、漁業者や工事関係の方とトラブル等無いよう注意したい。

渡波港は万石浦と海をつなぐ水路部分に渡波防波堤が連なる漁港で、潮の干満に合わせて潮流が激しく、魚の出入りも多い。カレイやマゴチ、スズキにソイ、アイナメの根魚などいろいろな魚種を狙うことができ、特に秋のカレイは50UP、60UPも出る超実績釣り場として知られている。

潮流が速いため、大潮の時などは潮流対策が必要なことも。また、狭い水路は万石浦からの漁船の出入りも多いので、航路方向に仕掛け投げて船に当たらないよう注意。他、係留されている船の周りでは釣りをしない、駐車スペースに気を付ける、工事関係の誘導、指示に従うなどの当然のマナーを守って釣りを楽しみましょう。
[関連記事]身近な釣り場・渡波魚港

防潮堤はほぼ完成し、現在は岸壁側の区画の建設が行われている。工事で道が頻繁に変わるので、現場の指示に従うこと
岸壁の空いているようにみえるスペースも、漁船の作業をする時など必要になる場合があるので、関係者に確認して、必要なら迅速に移動すること
万石浦の水路から渡波防波堤へと続いている
取材時は比較的穏やかだったが、潮の満ち引きに合わせて潮流の向きが変わるので、潮の流れにも注意して釣りをする必要がある

万石浦(祝田漁港)※万石橋は釣り禁止

石巻市の渡波地区から牡鹿半島の金華山道に続く万石橋と隣接する祝田漁港。万石橋は釣り禁止だが、漁港周辺はカレイ、ハゼやソイ、メバルなどを狙うことができる。

祝田漁港の岸壁は漁業施設があり、干されている漁具や駐車スペースなどに注意。特にカキのハイシーズンなどは漁業作業が忙しくなるので、平日で漁師さんが忙しい時などは釣りを控える判断も必要。

万石橋は釣り禁止(ここに限らずほとんどの橋上は釣りが禁止されているので気を付けましょう)
投げ釣りでハゼ、カレイ、セイゴやソイ、メバルなど根魚も狙える
万石橋の下は万石浦と海をつなぐ航路になっているので、漁船の往来に注意

秋から冬にシーズンピークを迎えるかき工場。作業時で邪魔になるようであれば釣りは控えたい

外海から遮られた汽水湖の万石浦はアマモなどの海草、海藻が多く、いろいろな魚種の稚魚、幼魚が育つ保育場になっている。釣りのマナーだけでなく、魚を殖やしていく意識も大切にしていきたい
【関連】2022年秋の女川~牡鹿半島~石巻周辺防波堤取材

関連記事

石巻漁港で春のチョイ投げハゼ釣り開幕!

東北各地で春の堤防釣りが好季を迎えている。宮城県沿岸も多くの釣り人で賑わう季節、神奈川在住のプロアングラー山口充さんが石巻漁港の岸壁でチョイ投げ釣りを楽しんだ。越冬した良型ハゼの釣...

2022秋の牡鹿半島堤防釣り取材 狐崎周辺(牧浜~福貴浦間)

仙台、石巻周辺の釣り人に人気の牡鹿半島周辺漁港を2022年9月に取材しました。牡鹿半島南側の真ん中付近から仙台湾に突き出た狐崎浜の半島部は根魚類やクロダイなどの実績もあるエリア。 ...

2022秋の女川港堤防釣り イワシサビキ&カンパチも回遊中

2022年9月上旬、秋の行楽シーズンでにぎわう女川港周辺を取材しました。取材時は港内湾奥部までマイワシの群れが入り、サビキ釣りが盛況。このイワシを追って青物も湾奥まで入っていて、泳...

石巻、牡鹿半島、女川方面への釣行時に!24時間営業の激安氷店「斉吉商店」

釣行時、石巻周辺で氷が欲しい時におすすめなのが、石巻港・石巻魚市場のすぐ裏手にある氷販売の「斉吉商店」。24時間、365日購入可能で、31kg400円と激安。石巻のアングラーの間で...

石巻、渡波、女川、牡鹿半島釣行時の食事処5選[釣り 食堂 ランチ]

東北の巨匠こと村岡博之さんに、石巻港から渡波港周辺、女川周辺のオススメ食事スポットを教えてもらった。渡波は石巻新漁港や旧北上川、大曲浜、牡鹿半島へとつながり、女川は牡鹿半島の北の玄...

防波堤釣り場近くのトイレ・休憩場所ガイド 石巻 牡鹿半島 女川 雄勝

宮城の沿岸部は漁港のかさ上げ、防潮堤の工事とともに新しい公衆トイレや道の駅などが多数整備されています。市街地近くであればコンビニなどもあるので心配ありませんが、街から少し離れた釣り...