HOWTO

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!
  • カレイやアイナメの特効エサ「エラコ」を解説

    2021年6月20日配信 【HOWTO】 【編集部】

    三陸周辺の船釣りや投げ釣りなどでカレイ、アイナメなどの特効エサと知られる「エラコ」。イソメ、ゴカイ類などと同じ環形動物の虫エサだ。こちらのページではエラコについて基本的な知識をまとめました。


    エラコの生態

    エラコは密集して束になった管の中に生息する環中で、房状になった部分(鰓冠・さいかん)を管から出して海中のプランクトン類を捕食している。

    主な生息場所は磯で、岩の表面に付着して群生しているが、カキなどの養殖棚にも付着してゴミ掃除で採取される。

    殻付きエラコ、生エラコの流通

    釣りエサとしては、殻付きの束のままか剥いてパックされた状態のどちらかで販売されることが多い。

    青森太平洋側から岩手沿岸にかけての北三陸では、ウニ、アワビと同様に磯場でエラコ漁が行われている。宮城の南三陸周辺などでも養殖棚に着いたエラコをエサとして売っていたが、こちらは以前に比べて流通が少なくなった。

    主に冬場のエサとして使われている(夏場の高水温ではエサの管理が難しいため)


    青森県階上町のさかした釣具店では地元産特上エラコを取り扱っている

    エラコの餌としての使い方

    房状の殻に入っている場合、殻を剥いてから使用する。大きさは様々だが、長いもので10cmくらい。殻の元から丁寧にこき出すようにするときれいに取れるが、途中で切れてしまうことも。慣れれば殻の先から裂くようにしても、きれいに取ることができる。
    ※エラコの殻を剥くと指がかゆくなることがあるので注意。

    [エラコの剥き方]


    殻付きエラコの束から1本取り出す
    殻の元の方からこき出すようにする
    生エラコを取り出したところ

    マツヨシ
    かゆくなりやすい体質の人は使い捨て手袋などを使用するのも一手
     
     

    エサ付け時は毛(フサ)の付け根の部硬い部分にハリを刺すようにする。そのまま房掛けが普通で、通し刺しや縫い刺しにすると切れやすくなる。投げ釣りで遠投しようとすると千切れやすいのが難点だが、船の掛かり釣りなどではアイナメ、ナメタガレイがこのエサだけに食ってくることがある。

    房の付け根の黒っぽい所が硬い部分
    [関連釣行記]アブラメ乱舞!いちご煮祭り[階上沖のアイナメ船釣り]
    階上はエラコの産地。さかした釣具店(階上町)や八戸市の釣具店では現在も生エラコを普通に取り扱っている

    釣りエサとして塩漬けにしたエラコも流通

    保存用に塩漬けにした塩エラコは、冷蔵で長期保存できるほか、生エラコに比べてエサ保ちが良いとされ、投げ釣りなどで使用されることが多い。生エラコより食いは若干落ちるという説と、熟成されて食いが良いという説の両方あり。

    生のまま冷凍した冷凍エラコ(加藤えびや製)
    [関連記事]エサは餌屋! 第5回「どれだけ知ってる?レア系虫エサ大集合!その2」

    東北の一部ではエラコを食べていた地域も!

    かなり昔のことだが、岩手県北部から青森太平洋岸にかけての一部地域ではエラコを食べる習慣があったそうだ。食卓の真ん中に皿に盛られたエラコがドンと置かれていたという話も。味はホヤと似たような感じだとか…。

    HAYABUSA
    アオイソメを特効エサのエラコに見せるため、ハリのチモトにバケが付いた仕掛けもある。
     
     

    関連記事

    エサ保ち抜群!塩イソメの作り方[アオイソメの塩締め]

    ※画像注意!この記事中には青イソメの画像が出てきます。 投げ釣りのエキスパート東海林誠さんに塩蔵イソメの作り方を教えていただいた。活きのいい青イソメを軽く締めることで、遠投してもエ...

    天然の岩ゴカイ(マムシ、マエバ)の採り方【動画】

    岩イソメ★採り方★ 仙台ではマエバと呼ばれることが多い天然の岩ゴカイ(イワイソメ、マムシ、アカムシ)。今は岩ゴカイは輸入ものがほとんどですが、アオイソメが流通する前はこのようにして...

    釣りエサのユムシっていったい何者?【※画像注意】

    マダイやクロダイなど大物釣りの特効エサ。 韓国などでは食用にするところも。 マダイやクロダイの特効エサで、宮城では投げ釣りの大型イシガレイやアイナメ用の定番エサにもなっている。肌色...

    石巻雄勝湾 東北つれつれ団新団長とカレイ五目

    釣りTiki東北イメージキャラクター千葉めぐみさんが釣りビジョン「東北つれつれ団」新団長に就任したばかりの青木悠奈(ゆな)さんと釣行!石巻周辺の海でめぐみさんが最も得意とする船カレ...

    「計測マルチハサミ」で上手に締めて美味しくキープ!雄勝沖オフショア五目

    ジギングなどオフショアの釣りは釣った魚の食も楽しみの一つ。釣った魚を美味しく持ち帰るための「締め具」としての機能を備えた「計測マルチハサミ」(ハピソン)が今夏発売される。今回はこの...

    アブラメ乱舞!いちご煮祭り[階上沖のアイナメ船釣り]

    青森県階上町で名物・いちご煮祭りが開催!その中のイベントとして「スポニチ・アサヒビール アブラメ釣り大会」が行われた。一帯を包み込む濃霧の中、熱戦が繰り広げられ、大型のアブラメが続...

    こちらの記事もおすすめ

    • howto-image

      冬の鍋料理で食べたい魚種をピックアップ![お魚の鍋ねた]

      寒い季節の定番料理筆頭に挙げられる鍋料理。冬はタラや根魚など鍋にして美味しい魚種がよく釣れる季節でもあります。こちらでは鍋ダネとしてオススメの釣魚をピックアップして紹介します。 [...
    • howto-image

      船釣りの釣り座選びの基本

      船釣りで乗船する位置のことを「釣り座」といいます。ルアー船などは入れ替わりに先端からキャストしたり、釣り座が流動的なことも多いですが、多くの遊漁船はそれぞれの釣り座を決めて釣りをし...
    • howto-image

      カレイやアイナメの特効エサ「エラコ」を解説

      三陸周辺の船釣りや投げ釣りなどでカレイ、アイナメなどの特効エサと知られる「エラコ」。イソメ、ゴカイ類などと同じ環形動物の虫エサだ。こちらのページではエラコについて基本的な知識をまと...
    • howto-image

      ハタハタ

      【東北の魚種別攻略】 ハタハタ(鰰) ハタハタ 毎年、冬の入りと同時に接岸、大漁をもたらし、東北日本海側で古くから冬のタンパク源として利用されてきたハタハタ(鰰、鱩)。秋田県の季節...
    • howto-image

      活きエサ銀兵(ぎんぺい)の特徴と使い方を解説

      近年、全国の釣具店に広まっている活き餌「銀兵」。活きイワシが手に入らない時のヒラメ釣り(泳がせ釣り)のエサに使われるほか、堤防・岸壁からの泳がせ釣りのエサとしても人気上昇中。こちら...
    • howto-image

      タラジギング

      【東北の魚種別攻略】 マダラ(タラジギング) マダラ これまで深場のマダラ釣りというと道具も高価なためなかなか手を出せない釣り物だったが、タラジギングが広まったことにより東北の冬場...
    • howto-image

      宮城の防波堤・堤防釣り場まとめ【港湾岸壁・漁港・オカッパリ】

      ここでは宮城県の防波堤釣り場の記事をまとめてご紹介します!宮城県周辺の陸っぱりの釣りはゴールデンウィーク頃から投げ釣り、サビキ釣りともに盛期になります。 ※2018年掲載、2022...
    • howto-image

      釣り人が守りたい8つの基本マナー・釣り場のルール

      初心者~上級者、老若男女、どんな釣り人も守るべきマナーがあります。立入禁止や釣り禁止、釣り人駐車禁止といった制限のかかる釣り場が増える中、釣り人の良心が問われるケースが目立つように...
  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー