HOWTO

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

投げ専用リールの基礎と使い分けを解説!

2015年7月14日配信 【HOWTO】 【編集部】

他の釣種とはちょっと異なる進化をとげてきた投げ釣り専用タックルの世界。ちょい投げから本格的な投げ釣りにステップアップするときに困るのが、投げ専用リールの選択だろう。

投げ専リールに共通しているのは、超遠投に向く大口径スプールに対応していること。同じような投げ用リールでも、ドラグの有無でタイプが大きく異なる。キス釣り専用モデルは遠投性を極めるためドラグ無しが主流。汎用モデルは様々な魚種に対応するためノーマルドラグ付き、大物釣り用の上級モデルは咄嗟の判断でドラグを切り替えられる「ハイスピードドラグ」などの機構を搭載している。

初級機「パワーエアロ スピンジョイXT(シマノ)」を解説

キス、カレイ、アイナメ、イシモチなど、投げのターゲット全般に使えるスタンダードモデル。ハイスピード仕様ではないがドラグが付いているので、不意の大物にも対応可能。置き竿時に少しドラグを緩めて食い込ませるようなテクニックも使える。

魚の引きに合わせられるドラグを搭載。ON、OFFの切り替え機能などは無いが、置き竿のカレイやアイナメならこれで十分対応できる

クイックドラグ、ハイスピードドラグは何に使う?

マダイなどのような大物狙いでドラグを瞬時に切り替えたい時に使用する機能。ハイスピードドラグの場合、通常のドラグだと半回転~1回転必要なところを、ドラグノブの1クリック、2クリックで調整することが可能。ドラグを緩めて置き竿にして、アタリがあったら一気にドラグを締めてアワせたり、大物が走りだした時にとっさにドラグを緩めたりという使い方ができる。
[参考]日本海 投げマダイの狙い方

ドラグの無いキス釣り用リールにもドラグを付けられる場合がある?

スーパーエアロ キススペシャルMg(シマノ)

キススペシャルなどのキス釣り専用リールは剛性を維持しながらギリギリまで軽量化、細糸での遠投性と感度にこだわって設計されている。キス釣り専用モデルに余計なドラグ性能は不要!ということでドラグ機能を搭載しないのが普通。だが、スプールを固定するシャフトの受け軸にはドラグ用のギザギザが‥。つまり、純正orサードパーティのドラグ付きスプールにチェンジするだけでドラグ付きリールにすることができ、一つのリールでキス釣り用、置き竿用と使い分けることができる!

左が「キススペシャル」の純正スプールで、右は大物用の「ブルズアイ」のスプール。キススペシャルボディにこのブルズアイスプールを装着すると、ドラグ性能を持たせることができる
キススペシャル本体のドラグ部分
リールをドラグ付きにする場合は当然、ドラグつまみもドラグ付きに対応させる必要がある。左がドラグ無しのキススペシャル(超シンプル!)で、右がドラグ付きのブルズアイ

スプールのテーパーについて

スピニングリールはスプールのテーパー(角度)により糸の出かたが全く異なる。通常のスプールは糸巻き部分に角度が少なくほぼ並行に糸を巻くようになっているが、遠投モデルはラインが出やすいように竿先側に向けて傾斜のあるスプールを採用している。替えスプールにも多様性があり、上級者は好み、状況に合わせてスプールも使いこなしている。

[解説:和地一彦]
つりえさ倶楽部マリン仙台新港店店長。全日本サーフ連盟・仙台広瀬キャスターズに所属し、投げ釣り情報に詳しい